小吹 伸一 パーソナルログ

小吹伸一と申します。 ここでは、主に個人としての思惟や行動を基準に書いてゆきます。 どなたかの、何かの役に立てばさいわいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

09/07のツイートまとめ

kobukishinichi

じゃ僕も、家内もですよ。そこに在籍当時、応援運動に関わり始めたわけだから。RT @anboina2 リチャード・コシミズとも関りを持つ小林は信用ならんw
09-07 01:39

@anboina2 三年前。http://t.co/hL1sDNrE 今、全然、「あちら」とは関係ありません。
09-07 01:43

「●●と関わってきたという、それだけで信用ならない」という見方に、私も家内も、どれだけ苦しめられてきたか。
09-07 02:55

再稼働不要裏付け 今夏消費5~ 11%減http://t.co/j7uzxiIP
09-07 08:18

スポンサーサイト
  1. 2012/09/08(土) 03:15:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<09/08のツイートまとめ | ホーム | 09/06のツイートまとめ>>

コメント

モンゴルのことはRKも話していたが、まず軍事板より参照

【質問】
 何故戦場とレイプはつきものなのですか?
 戦場だとレイプしてる暇はないと思うのですが…
 其れに非戦闘員の余計な怒りを買って,ゲリラ戦に悩まされるだけじゃないですか?

 【回答】
 戦闘中に強姦はほとんど起きない.
 戦闘が一段落したか,戦域後方の占領地で起きやすい.
 平時の国内でも強姦を働く奴はいるから,そういうのは別にしても,何らかの理由によって「占領地で犯罪を起こしても咎められない」という状況になると,そうでない人もそういうことをするようになることがある.

 歩兵の戦争体験記とか読むとわかるけど,基本的に戦場はヒマなんだ.
 そりゃ敵が迫ってくれば3~4日ぶっ続けでドンパチするけど,戦場ってのは大きく見れば点と点の戦いであり,面と面とのぶつかり合いが出来るほど,双方に兵力もそれを支える兵站も無い.
 だからどうしても,暇な部署が出来,その暇さ加減は最前線ですら,数カ月は遠くに聞こえる砲声に耳を傾けてるだけ,なんて事もある.

 で,レイプが敵国民の意思を挫くため,戦略的に行われる事もある.
 拷問に関する本に載っていたが,意思の強い男を屈服させるのに最もやってはいけない事は,そいつの恋人をレイプすることなんだ.
 男ってのは勝手なもので,恋人がレイプされたら,怒りよりも先にその女に対する失望が勝ってしまう.
 そうすると男は「屈服」ではなく,「諦念」に支配され,役立たずになる.
 屈服させるには「ほっとくとレイプしちゃうよ」と思いこませ,決してレイプしない事が有効なんだ.

 なので戦争では,非戦闘員は出来るだけ迅速に大量にレイプした方がいい.
 そうすれば占領地の人間は,すぐ腑抜けになる.
 中途半端なレイプは一番ダメで,まだ恋人をレイプされていない男たちが,一致団結する危険性がある.

 昔モンゴル帝国は,支配した村は小娘だろうが婆だろうが,美人だろうがブスだろうが,見境なくレイプしまくった.
 だからこそ支配地の人間を腑抜けにし,短期間に大帝国を築くにいたった.
 当時としては,戦略的に非常に理にかなってたわけだ.
  1. 2012/09/08(土) 14:48:23 |
  2. URL |
  3. 矛盾の味方・李栄進 #wLMIWoss
  4. [ 編集 ]

そして本題に入るのだが

>>昔モンゴル帝国は,支配した村は小娘だろうが婆だろうが,美人だろうがブスだろうが,見境なくレイプしまくった.

穢れたリアルな歴史の一ページを見た

日本では潔癖症のお母さんが多そうだけど、お父さんが仕事熱心なのはそういう事かもね

なんで私がこんな話をするかというと、非処女嫌いな男の非処女に対する、まるで人間ではない物をみるような態度はイルミナティに完全に洗脳された人みたいだからね

穢れという単語で検索すると女と出てくるのはそのままの意味だったり

破壊衝動というのを持つのは男性が殆どであり、戦争をしてきたのが男性であるのはそのままの意味ではあるが

まとめるなら自分の幸福を考えないのはいかに無意味であるかといいたいのだ
  1. 2012/09/08(土) 15:14:36 |
  2. URL |
  3. 矛盾の味方・李栄進 #wLMIWoss
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kobukishinichi.blog77.fc2.com/tb.php/940-51b5a84c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。