小吹 伸一 パーソナルログ

小吹伸一と申します。 ここでは、主に個人としての思惟や行動を基準に書いてゆきます。 どなたかの、何かの役に立てばさいわいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一員として、その立場のかぎりにおいて。

いろいろ経緯があって、私は、権力とマスコミの横暴に抵抗する国民の会という場に参加させていただいている。

検察や検察審査会の問題、小沢一郎氏への不当議決などをめぐり、ネット世論の沸騰を背景に、有志が参集した団体なので、できたてでもあれば、まだ互いを本当によく知っているというほどでもない。

が、10月24日の、初めてのデモを行うにあたり、私が協働できた人々は、心からの善意の人々だった。
またぜひ一緒に何かやらせてほしいと思えるような、謙虚で楽しい人達だった。

人間なので、考え方のちがいもあれば、来歴もそれぞれ異なる。
また、会という形式を作ったからには、まだ知らない方々が入ってくることもあれば、活動への関わり方が分明とはいえない人もいる。多くのことをまだ共にやったわけではない方も、会議には参加する。

昨日3日、私は、現在の会メンバーの各位に、メールにて以下を送信し、自分の考え方を表明させていただいた。

通常、会内部でのやりとりはけっして公開しないが、私の書いた部分だけ、一部の討議中の内容にかかわる部分のみ割愛して、ここに転載して公示しておきたい。

ここに記した範囲において、会の内外をとわず誰にでも、私は同じことを言うだけだから。

////////////////////////////////////////////

わたくしごとですが。
私の、この会に参加させていただくにあたっての基本的な考え方を述べさせてください。

私は、この会を、街頭活動を通じて、「検察・検審・マスコミの謀略的性質を世論に普及すること」、また、「その被害者となった人々、ことに良心的政治家の名誉回復をはかること」と、とらえています。

私はそれをやりに来てるので、この私自身の動機に即したことには賛成し、相容れないことには反対します。また、どうなるのかわからないことや、リスクが大きいと思えることには、皆さんの審議を求めます。

(一部略)

こうした善意と熱意にもとづいて開始された、改革運動や真相普及活動の多くが挫折し、または体制の脅威にならない程度に骨抜きにされてきたことなどを、強く念頭に置いています。

その多くは、自滅的な要因です。
性急さ、結果をやみくもに求めすぎること、合意形成のプロセスを軽んじることによる不協和、目的や志向の異なるメンバーによる行動の不統一、情報管理の不適切、などが挙げられます。

また、こうした体制変革的運動には、敵対者による妨害や、懐柔工作がつきものです。それについてはすでに述べました。
やるからには覚悟を定める必要がある、そして絶対に甘く見てはいけない、ということを体験から学んだ、と申し上げます。

どうやっても自力では稼ぎ出せないだけの金を提示されて、即座に退けられる人ばかりではありませんし、家族や愛する人を巻き込まれれば、ほとんどの人が屈します。
敵対者は、心やさしい人に対しては、情誼に訴えつけこむということもやります。

われわれが挑もうとしている体制は、当然、われわれに成功してもらっては困るわけです。

その攻撃に対抗することも、状況に応じて必要でしょうが、つけこむ余地を与えないよう、あらかじめ体勢を整えておくほうが、結局、労力は少なくてすみます。
嵐が来る前に、建物の弱い部分を補強し、浸水部に堰を築くことは、誰でもやるでしょう。

この活動も団体も、まだはじまったばかりで、未決定事項や不備な部分は、まだいくらもあることは、皆様ご存知の通りです。
基盤が強固でなくては、本当には発展しないであろうと考えます。

私は、意思決定の基準を、「信用」に置きます。

その方法、方針、あるいは対策は、われわれ自身がそれを標榜する国民一般の「信用」を得られるものかどうか。
「合理性」でも「効率」でもなく、「信用」をかちとること、を私はまっ先に念頭に置くよう、こころがけるつもりでいます。

この点で不安が残ることには、私は妥協できない、と、早期のうちに言明しておきたいのです。
あとでまずいことになるかもしれないと思えることがらについては、強く異議を唱えることも、ままあるかと思います。

うるさいこともいろいろ言いますが、なにとぞ皆様の御寛恕を願いたく存じます。

小吹 伸一

//////////////////////////////////
スポンサーサイト
  1. 2010/11/04(木) 10:56:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<11/04のツイートまとめ | ホーム | 11/01のツイートまとめ>>

コメント

テスト。
  1. 2010/11/09(火) 18:37:46 |
  2. URL |
  3. 小吹 伸一 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kobukishinichi.blog77.fc2.com/tb.php/9-499abd90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。