小吹 伸一 パーソナルログ

小吹伸一と申します。 ここでは、主に個人としての思惟や行動を基準に書いてゆきます。 どなたかの、何かの役に立てばさいわいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「民自増税連立で新首相は谷垣?」 愛国電波の警鐘

仕事の帰りの夜道、電波が飛んできて、耳にささやく。
切迫した様子のメッセージなので、記して伝える。もしも実際そうなっては大変だから、「警告」にとどめておくために。

//////////////////////////////////////
民主と自民の党首会談がうまくいっていないとか、自民が嫌がって乗ってこないとかの報道があるが、あんなのはポーズでしかない。裏ではとっくに話はついている。「民主・自民の連立」は米国の要求であり、岡田克也が副総理で入閣したことはその基盤づくりだ。野田は、今通常国会(6月まで)に、消費税増税案を成立させたい。そのために、自民の消費税案を丸呑みする。同じ「消費税10%」でも、民主案と自民案はちがう(自民案には、『中間段階の8%』はなく、一気に10%までゆく)のだが、野田は自民の協力を得て増税を通せれば中身などどうでもいい。自民案の実現に、民主党政権が協力し、ただちに民主・自民の連立に進む。この取引のため、野田は首相を降り、新首相を谷垣に譲るという話まで、かなりの現実味を伴って出ている。自民‐民主が連立を組めば、衆参のねじれは解消するから、どんな法案でも通せる。
ただし、これをやると、民主にも自民にも、造反や離脱が少なからず出るから、それが「大連立」となるか、「中または小連立」となるかは政局次第。当分再編が続く。

野田というと、消費税増税がカンバンのようだが、本当はちがう。もちろん、消費税増税もやりたいにはちがいないが、本当の政権の目的は、停止原発の再稼動と、原発維持政策への回帰だ。野田内閣成立以来、増税をめぐる一連の混乱がなければ、世論の関心は、震災復興と原発や汚染問題に注がれていたはずだ。原発再稼動への道筋が着々と敷かれる一方、国民の関心は、消費税政局に目をくらまされそちらに集中した。悪質な陽動作戦でもあったのだ。「3月の震災から一年後には、停止原発を再稼動させること」。これが、野田内閣の本当の役割なのだ。
この話を広めることで、亡国連立の実現の目を潰すことができるかもしれない。

////////////////////////////////////////////////

・・・・以上、電波のメッセージでした。
スポンサーサイト
  1. 2012/04/15(日) 07:51:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<04/15のツイートまとめ | ホーム | 04/14のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kobukishinichi.blog77.fc2.com/tb.php/801-a3e27ac1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。