小吹 伸一 パーソナルログ

小吹伸一と申します。 ここでは、主に個人としての思惟や行動を基準に書いてゆきます。 どなたかの、何かの役に立てばさいわいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

11/05のツイートまとめ

kobukishinichi

@x0rg1m0q1 すいません。行けませんでした。本業で一日の休みもなくて。
11-05 00:27

何で俺らに無断で毛唐に公約すんだよ。
11-05 01:25

本日の反TPP演説会&デモ http://t.co/NQ1S6PL4 、ちょうど業務時間に重なってて、終わったらすぐ駆けつけるけど、デモ終着点近くで追いつけるかどうか。おじさんはくやしいっ。 無(;△;)念 皆様わしの分まで、世と人に訴えて下され。TPP断固拒否!
11-05 01:36

そちらも頑張ってください。RT@necomican 【拡散希望!】明日はtwitter発の脱原発デモに参加します。名も無き一般市民による、参加しやすいデモです。渋谷・宮下公園北側に13時半集合、14時出発です。
11-05 01:44

どこまで下劣な物の見方しかできない屑なんだ、お前は。 RT@ikedanob ツイッターの反応をみていると、反原発派が反TPP派に食われて鳴りをひそめたようだ。中身を知らないで「空気」に同調しているだけだから、飽きるといなくなるのが情報弱者のいいところ。
11-05 22:03

スポンサーサイト
  1. 2011/11/06(日) 05:07:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:126
<<11/08のツイートまとめ | ホーム | 11/04のツイートまとめ>>

コメント

おらね、お勉強秀才嫌いなんだけど、ちょっとだけ、宮台を見直した。
正直だったと思うよ。
たまたま、日の丸はためくエリアの方から、彼の演説聴いたけど、ほとんどヤジが飛ばなかったよ。
(民主党議員と外務省出身の孫崎氏は、漏れなく帰れコール、売国奴コール、お前が言うなコール、くらってるからね 笑)

そうか、当時の少ない選択肢の中で、いや最近まで。
外圧を利用してしか、国内の強固な利権構造を破壊出来ないと考えていたんだね。(利用されてはいたけど)
我々の世代であれば、(ハッキリ言っちゃうけど失礼だったらゴメン、すんだ事だから)
’農協、世界を行く’の逸話を知ってるよ。
70年代の、このパワー、そりゃースゴイもんだった。
旗振りのガイド嬢にぞろぞろ続く、首にカメラぶら下げ、メガネかけた猫背の一団。
これがジャパニーズというイメージは、この頃出来上がった。
ヨーロッパ、アメリカ、アジア諸国でモノを買いあさった集団ね。
殊にアジアン・ツアーでの、女の子漁りは、ジャル・パックを文字ってヤル・パックなんて自虐的に言ってたのを覚えてる人も多いでしょう。
そのマナーの悪さに、顰蹙は買うんだけど、銭は落としてくれるから下へは置けないという、現地は現地の事情ね。
現在、秋葉原でモノを買いあさる中国人を見て、どうのこうの言う四十年も前には、そんな事があった。
どの国でも成金はそれを一度やらかすんだけど、問題はそんな事より、組合の勧めるがままに、その気にさせられては、大型機械を購入し、農場や牧場を広げてみたものの、プラン通りには行かず、夜逃げ、首吊り、結果、土地の召し上げなんかがどれほどあったなんて、今は語られないって事なんだ。
そう、自己責任。 
口車に乗ったアンタが悪いの世界。
結果、肥大化したのが組合じゃない。
この経験をした人達からすれば、外資?知ったこっちゃないんだよ。
国内で、とっくのとうに似た目に遭ってる。
更に地方の人が言うんだよね、我々は「東京」に搾取されてきたよ、何を今更と・・・。
これも問題提議のひとつ、今の組合員に責任は無いにしても、先人達の事も総括しろよ、という事は言いたい。
罪無き組合員方達の集会を、ニュースで拝見してさ、
その一点の曇りの無さに、おら、恐怖を覚えた。(デリなしーでしょうよ?)
(勿論、その背後にあるのは官庁指導。だから、潔白という神経の事を指して言ってる)
キレイ事じゃないの、被害者として声あげる前に、加害者としての総括をしなければ、
今度の国難は凌駕出来きるほど甘かない。
逆に言えば、それをやった国民は世界に皆無なんだ。 
日本人にしか、それは出来ない。
すんだ事はすんだ事して、バシーッと総括出来る器量。
国内の話です。
外交においては、一段も、二段も低い論理で成り立ってるのが現実です。
世界で、初めてやってもいいんじゃない?

【2011.11.05】TPP交渉参加に反対する街頭演説会 3/6
http://www.youtube.com/watch?v=6qwUWXyE67E&feature=watch_response
  1. 2011/11/06(日) 08:17:36 |
  2. URL |
  3. 陣中見舞い #-
  4. [ 編集 ]

バブル華やかりし頃、桐の箱に入ったメロンが平気で1万5千円!
メロン農家の方々は、4年ごとに国産高級車の新型に乗り換えた。
バブル崩壊後、高い車から売っていった。今は見る影もない、なんて話しも聞いたことあります。
もちろん堅実な方もおったでしょうが、時代の波に翻弄されてしまった方もいたようですね。

アッシが懇意にさせて頂いてるお茶農家の家族には、いろいろ教えて頂くんですが、
結局、農協が大規模化を勧めて、その口車に乗って規模を広げたがゆえに、いったん景気が冷え込むとアッという間に
負債がかさみ、凋落してしまう農家もたしかにいるそうです。
で、そんな経緯をつぶさに見てるその農家の方は、「うちのお婆さんがよく戒めを込めて言ったんだけど、
『ヤドカリは自分の身体にあった殻にしか入らない』って。身の程を知らないで、分を忘れてしまって、
大きくしようとしてもやっぱりうまくいかない。ウチは自分たちの手の内でせいいっぱい。
それで、お客さんが満足できるおいしいお茶ができればほかに望むものはない。」と。

『知足安分』 足るを知り分に安んずる。

これ王道ですよね。
バブル、勝ち組、ステータス、経済発展、こんなんいらんわいね。
あるだけでいい。やってければいい。なんでそういう発想にならんのかね。

さて、タブーに挑戦!

フクイチ怪談
1,急性放射線障害で亡くなった人数(フクイチ作業員、警察官、自衛隊、消防士、双葉町の人など)
2,フクイチ難民の行方(30キロ圏内で避難させられた人はどこに避難したのか、今どうしているのか。健康状態は)

医療怪談
1,ミトコンドリアについて(なぜかあんまりメジャーにならない、恐らく意図的にそうなってる)
2,千島学説(すぐにトンデモ視するヤカラが出現する。それだけ真実に迫ってる証拠。
       血液が口から入ったモノで造られるのなら、口から入るあらゆるモノが非常に重要になる。
       一般の薬は果たしていいのか?消化酵素もないのに、あんなモノを飲んで大丈夫か?
       そういう疑問がもし起こったら・・・)

まあ、怪談ですから、あんまり気にしなくていいです(笑)
  1. 2011/11/07(月) 16:34:52 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

【 そちらも頑張ってください。RT@necomican 【拡散希望!】明日はtwitter発の脱原発デモに参加します。名も無き一般市民による、参加しやすいデモです。渋谷・宮下公園北側に13時半集合、14時出発です。  】



→ このデモを尾行・盗聴・盗撮しても、「デモを大暴動に導くのが使命の極左CIA工作員」が必ずしも見つかる保証はありません。

「怒・区立塔」のみなさま、「自称ネットジャーナリスト勘違い教祖」さま、何とぞ御了承ください。(笑)
  1. 2011/11/07(月) 21:10:13 |
  2. URL |
  3. 五人金魚別動隊(笑) #-
  4. [ 編集 ]

【 そちらも頑張ってください。RT@necomican 【拡散希望!】明日はtwitter発の脱原発デモに参加します。名も無き一般市民による、参加しやすいデモです。渋谷・宮下公園北側に13時半集合、14時出発です。  】



→ このデモを尾行・盗聴・盗撮しても、「デモを大暴動に導くのが使命の極左CIA工作員」が必ずしも見つかる保証はありません。

「怒・区立塔」のみなさま、「自称ネットジャーナリスト勘違い教祖」さま、何とぞ御了承ください。(笑)
  1. 2011/11/07(月) 21:51:22 |
  2. URL |
  3. 五人金魚別動隊(笑) #-
  4. [ 編集 ]

RKのオッサン、ついに東北まで行ってマヌケヅラさらして来たんだって!

あの妄想オヤジの「オバカぶり」も、ここまで来ると芸術?
  1. 2011/11/07(月) 21:54:53 |
  2. URL |
  3. 五人金魚別動隊(笑) #-
  4. [ 編集 ]

今日、たまたま郊外を散策してたら、その付近の住民たちが、「○○町付近での葬儀場建設に反対します!」と、プラカード掲げてデモしてた。(人数は少なかったけど)
RK理論に基づくと、彼らも、「デモを極東大暴動に導くのが使命の極左CIA工作員」という事に成るのか!?(笑)

それにしても、何時になったら小吹氏たちが関与されてる一連のデモ活動が大暴動に発展するのかしら?今は、その片鱗すらうかがえない・・・・・・
RKおじさま、説明して~!!(笑)
  1. 2011/11/07(月) 22:04:01 |
  2. URL |
  3. 五人金魚別動隊(笑) #-
  4. [ 編集 ]

「われわれの知識の最大の特徴は生命についての完全な無知である」
                    アンリ・ベルグソン

そういうわけで、まあ、医療怪談というか生命については、まだわかっていないことばっか。
だから、わかった風なこと言うヤツは信用ならんと思っていい、オレも含めて(笑)
「マイナスイオンを浴びて健康に」「放射能を浴びて健康に」、どっちもバツだから。
マイナスイオンは自然界においては一瞬だけ成立するもの。浴びる間なんてない。
放射能を浴びて健康になるのならチェルノブイリ・ハート(心臓奇形)になんてなるわけねぇ。
いや、低線量なら逆に健康になる???冗談もほどほどに!原発の風下へ移住して永住して下さい。

これ重要な文言。
「各周期の2年目に、歯の周期が変わる。その年の内に体内にカルシウムを供給しなさい。
 そうすれば歯だけでなく、甲状腺の働き全てが助けられるだろう。」エドガー・ケイシー

副甲状腺のパラトルモン、カルシトニンは体内のカルシウム代謝を調節するホルモン。
各周期ってのは、人体は大きく7年のサイクルで変換されていくということ。

エドガー・ケイシーについては、賛否あるけど、今はよしとして、
とりあえずカルシウムの摂取に努めましょう!
取り急ぎでした!
  1. 2011/11/08(火) 13:48:18 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

フクイチ怪談の真相の一端か?

情報源不明、だがあり得る話として、、、
http://blogs.yahoo.co.jp/chikako_5155/7006995.html

週刊朝日が入手したフクイチ作業員用サーベイマップ(フクイチプラント内線量マップ)を見れば、あながちおかしな話しでもない。
毎時900ミリシーバルトのガレキがある現場。16分で250ミリシーバルト突破!
どう考えても健康ではいられない数値を浴びてるはず。特に初期の作業にかかわった人は。

話しかわって急性白血病が時期的に311が原因と断定できないとかってのも、それは常識的な医学の話し。
今回のようなケースでは起こり得るとアッシは思う。

赤血球には鉄と間違えてウランやプルトが付着する。
白血球内のミトコンドリアにはすべての核種が一時貯蔵される。
ストロンチウムは骨に沈着し骨髄造血幹細胞を侵襲し白血球造成機能を損傷する。

このようなことを考慮すれば「動く臓器」である血液は壊滅的損傷を受ける。
そして白血球の減弱化は通常のウイルスや細菌の増殖を促し、白血球の増大を身体に要求する。
幼弱白血球の増大→白血球増多症→白血病と診断される可能性もある。

いずれにしても、「動く臓器」の変異が広範囲の人間に起こる可能性がある。

まあ、だから必死こいて防御食についてアナウンスしてきたんですが、なんとかなったかどうかは定かではない。

「甲状腺の働き全てが助けられる」カルシウムって言うと、ごま塩、高野豆腐、こんにゃく、切り干し大根、ゴマ豆腐、
アーモンド、クルミ、ナッツ類、干しぶどう、きな粉、大豆製品、青菜類なんか。

このへんはもうだいぶ前に挙げてるかと思う。

あとは白血病にならないためには、十全大補湯に含まれるニンジンの成分である多糖体の仲間。
つまりネバネバ系の食べ物。
納豆、ヤマイモ、里芋、長芋、なめこ、など。
ペクチン含有ならキウイをはじめ果物類もかなりイイはず。

はっきり言って、すげえ過酷な運命が待ってるかもだから用心に越したことはない。

人類未経験の汚染だから。

つうことで、そろそろ311後8ヵ月経過地点。
赤血球も2サイクル目。しっかり養生してきた人には結果がでてくる。
反対の人にも。

気長に取り組みましょう!


  1. 2011/11/08(火) 23:50:58 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

シーバルト(誤)→シーベルト(正)

ちょっとおもろいミス(笑)
  1. 2011/11/08(火) 23:57:03 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

赤血球が2サイクル目を終えると3サイクル目に突入!(当たりめぇじゃん 笑)

いやそうじゃなくて、もし汚染されたもんばっか食べてたら身体中がその汚染食品で造られた赤血球で造り替えられてしまった
ということ。どういうことかっていうと、抗放射能体質ではなくて、ホルミ体質になったってこと。
それで健康になるのか?なるわけねぇじゃん!

天皇家の皆様のご健康に異変が起こってる?じゃあホルミがデタラメってことじゃん。
那須の御用農場から仕入れた食材がもし汚染されてたら、ホルミ信者は喜ぶかもしれないがね、果たしてそれでいいのかね?
よかないに決まってる。もっともどこから仕入れているかはアッシは知るよしもない。
だから、断定はまったくできない。ただのお疲れが溜まった、なのかもしれない。

つうことで近々、抗放射能食材を総ざらいします。
まあ、重複だらけになると思うけど今一度、自分もテキトーに整理してみたく。

では。
  1. 2011/11/09(水) 13:49:31 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]


>1,ミトコンドリアについて(なぜかあんまりメジャーにならない、恐らく意図的にそうなってる)

徹底的解明と模写、そのシステムの占有と産業化に躍起、が実情でしょうね。
光さんが看破してるように、アカデミズムの奥の院はとっくに織り込み済み。
天地自然の精妙なるはからいの解析と応用、それを自家薬籠中に収め、所有権設定の後に大衆に買わせる行為を産業と呼ぶ、ってのは、ちょっと言い過ぎかな。(笑)

(出来るだけ短文に意を込めます)
だって、何も産んじゃいないもの。
コピーしただけ。
剽窃しただけなのに、創造などとのたまわってる。(笑)
業(ごう)は産んでるけどね。(これは言葉遊び)
自然から獲得したを知恵を、独占し販売する事で産業は成り立つのだから。
その末に保証される権利は誰のもの?
買う側? 売る側?
双方あって成り立つ事を勘案すれば、実は買う側ばかりに「隷属]はあるのじゃない事に気が付く。
森羅万象に散りばめられた智慧の種を、知恵どころか知識レベルにダウンして、商品と銘打って流通させるのが商業じゃないかと思うことあるけど。(これまた言い過ぎかな)

智慧と知恵の間、
知恵と知識の間、
知識の流通業者と大衆の間、 
それぞれにいる、膨大な数の介在者を指して「支配者]なんて言ったりするけど、彼らは、誰も、何も創造してませんよ、効率的なシステム構築以外に。
お仕事の大半は、あくなき、真理の矮小化、偏向、独占の追求。
そのレベルダウンのモチベーションを強固に支えるのが、我等に内在するエゴであります。
インボー論で言うところの「チップ」なんて要らない、そっちがインボー論だって。(笑)
5000年か? いや10000年か? もっと前から埋め込まれてるっての、エゴは。

参考資料①:
信じることの生物学(邦訳・思考のすごい力)/ブルース・リプトン
細胞膜は「門扉と経絡を備えた液晶の半導体」であることを発見したが、コンピューターのチップもまた「門扉と経絡を備えた液晶の半導体」と定義される。
参考資料②:
1/6 自然農法60年の歩み「粘土団子世界の旅」 福岡正信
http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=501589
2/6 自然農法60年の歩み「粘土団子世界の旅」 福岡正信
http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=501607
3/6 自然農法60年の歩み「粘土団子世界の旅」 福岡正信
http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=501638
4/6 自然農法60年の歩み「粘土団子世界の旅」 福岡正信
http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=501639
5/6 自然農法60年の歩み「粘土団子世界の旅」 福岡正信
http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=501682

ブログの機能上、5個までしか貼り付けられませんので、6個目は次に。
  1. 2011/11/09(水) 18:59:33 |
  2. URL |
  3. 陣中見舞い #-
  4. [ 編集 ]

6/6 自然農法60年の歩み「粘土団子世界の旅」 福岡正信
http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=501685
  1. 2011/11/09(水) 19:01:28 |
  2. URL |
  3. 陣中見舞い #-
  4. [ 編集 ]

おっ「モノリス」級のコメ到来!!!
さすが陣さん! ならではのキレです、いつもながら。

ほんと学者だの教育者だの真相究明者だのってのは、情報格差を利用した情報売人ですな。
で、受け手は情報乞食(言い過ぎかな 笑)。そこに留まるなら一生奴隷。
こっちに情報おくれ~、まいてくれ~って、餅まきじゃないんだからさ(笑)
で、アッシは馬鹿らしくなって飛び出した。つまんね、自分の言葉で情報を発信しようとしないじゃん。
なんで?って疑念が沸いて。おまけにケチつけやがる。てんで気持ちわりぃわい、ってなっちまって。
でも、良かった。それで。小吹さんブログでは、ほんと好き勝手に書かせて頂いてるし、陣さんはじめ多くの同志と気持ちよく
交流させて頂いてるから。愚痴ではないっす。今になってやっとあの違和感を語れるだけ消化された感じ。

福岡正信翁の語る動画、じっくり後ほど拝見させて頂きます。
タオ・道の世界に生きた人。同じ境地に達したいものです。

おまけ!
「とんぶり」について。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A8%E3%82%93%E3%81%B6%E3%82%8A

地膚子
『膀胱の熱を治し、小便を利し、内臓の機能を補い、精気を益し、久しく服すれば耳目聡明となり、身が軽くなり、老に耐える』
                                                「神農本草経・上品」

上品と書いてジョウボンと読む。毎日食していい最高ランクの食材って意味。
ウチはなじみがないけど、ある方いますかね?けっこう食べるって方おりますか?
食べ方教えて頂きたいっす。金丸宗哲和尚の精進料理の本には以下のレシピがある。

とんぶりの辛子マヨネーズかけ
とんぶりの炒りわかめあえ
とんぶりと山芋のわさび醤油
とんぶりの海苔巻
とんぶりの酢のもの
とんぶりのわさび醤油
とんぶりご飯
とんぶりの蒸しものの椀種

そんなに難しい食べ物でもないのかな(笑)

「膀胱の熱を治し、小便を利し」=おっ、セシウム対策! ってピピッときまして、ちょいと興味が沸いた食材です。
膀胱疾患、老化防止、腰痛などに効あり。
抗菌作用を有し、地膚子の水溶液は皮膚に寄生する真菌類の増殖を抑制する。
陰嚢湿疹、疥癬などの皮膚病には地膚子の適当量を水で煎じて洗うとよい。

尿管結石にも効きそうなんで、小沢一郎さんにも常食して頂きたいですね。

「とんぶり」の親である箒草を燃やして煙でいぶす方法=「もののけ」に憑依された者を救う方法。
これは欽明天皇の頃よりもはるか前に大陸から伝わった医療、和方です。
余談っす。

次回以降の、抗放射能食リストアップに向けたアイドリングです(笑)

では。
  1. 2011/11/09(水) 23:46:33 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

ほいじゃあ、ざらっといっときます。

ま : 豆類、大豆製品、小豆、インゲン豆、黒豆ほか
ご : ゴマ(ごま塩、ゴマ豆腐)など
わ : わかめ、海草全般
や : 野菜類
さ : さかな
し : 椎茸、きのこ
い : 芋(じゃがいも、里芋、さつまいも、山芋、長芋)

黒ブツ系(干しブドウ、浜納豆、黒ゴマ)

カルシウム系(ごま塩、高野豆腐、こんにゃく、切り干し大根、ゴマ豆腐、 アーモンド、クルミ、ナッツ類、干しぶどう、
       きな粉、大豆製品、青のり、海草類、キクラゲ、青菜類)

クエン酸系(梅干し、紫蘇もみじ、キウイ、プルーン、アンズ、柑橘類、すっぱい果物全般)

発酵系(味噌、醤油、漬けもの、キムチ、納豆、チーズ)

酵素系(フレッシュな野菜、果物、アボガド、味噌)

漢方食材系(マイタケ、キクラゲ、ハトムギ、とんぶり、あずき、アンズ、ヤマイモ、インゲン豆、シイタケ、浜納豆、しょうが、
      ネギ)

ネバネバ系(納豆、ヤマイモ、長芋、里芋、なめこ、おくら、じゅんさい、うなぎ、キノコ類全般)
                              ※多糖体・ムチンなどを含むもの

ペクチン系(りんご、キウイ、バナナ、ぶどうほか果物の果皮と果肉の間にはペクチンは含有されてるようです)

ミネラル系(天然塩、高野豆腐、自然な食材全部、土からの恵み、海からの恵み)

フィトンチッド(香りの強い薬味野菜、レモンなど柑橘類)

フィトケミカル(野菜全般)

免疫賦活系(香りの強い野菜類、香辛料、韓国料理、アジアンフード、エスニック料理)

利尿系(キクラゲ、ネギ、あずき、大根、干しシイタケ、干し柿、とんぶり)

気管系(れんこん、昆布)

心臓系(浜納豆、ネギ、味噌汁、)

肝臓系(ごま、シジミ、クエン酸系)

光イチ押し系(キウイ、キクラゲ、マイタケ、ごま塩、干しブドウ、干しプルーン、クルミ、ナッツ類、スルメ   笑)


以上、テキトーに御利用下さい(笑) 
  1. 2011/11/10(木) 06:20:43 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

種子を自然とか地に捧げる、という言い方を福岡翁は用いたと思うんだけど、この発想には所有という概念が一切無い。
翻って、今回のTPP問題を俯瞰した時に、種子だから、モンなんとかって企業が真っ先に想起されるけど、マクロに根深くある思想は、自分たちの危機存亡に当たって、大戦後日本に与えた技術と資本という種子から実った果実の回収なんですね。
日本繁栄の父は、自分たちだろと。
だから、心に一点の曇りも無い。(笑)
金貸しの論理は、これです。
発想が、まるで違う。
因が自分たちにあらば、縁はすっとばして、「良」果もまた自己のモノであるとする論理。
博打打ちで酒乱、ごくつぶしのオヤジが付け馬従えて、いきなり帰って来て、家にあるありったけの金目のモンと預金通帳出せと、細腕一代で支えた大店構えの女房子供に迫るようなものです。
お前らの為だよと。 
イイから急げ急げ!大変な事になると怒鳴る。(笑)
この場合、とまどう女将を尻目に、キンスを差し出そうとする番頭と奉公人たちは、オヤジと通じてる悪い輩と相場が決まってるのですが・・・。
どうもどうも、子供でも判る不具合な協定の取り急ぎ方を見ると、推進派の政治家や官僚、経済人たちの個人的利益ばかりじゃなく、飲まざるを得なかった、承服しかねた密約とか、出たら困る国家規模のスキャンダルとかの存在が戦中戦後にあったんじゃないかと勘ぐってしまうところです。
いずれにしても、内外の大変な闘いになる事必定は覚悟ですね。

ところで、とんぶり!
なっつかしー、この名を聞くの、実に40数年ぶり。
オカンに質問した「何やこれ?」 
「とんぶりや」「お、そうか」「黙って食え」(笑)
そんな感じで、当時、何も判ってなかたんだけど、スゴイモン食わしてもらってたんだね。

それから報告一件。
光さん、逆歩の理、この一部を順歩に取り入れる事に最近成功た!
ひらめきでやってみたら案の定。
長時間の運転後の腰痛、腰曲がりが逆歩に依らずとも、数分で解消出来た。
全く、コロンブスの卵なんだけど、もう少々こなして、詳細を報告します。
ばれてるでしょうが。(笑)
  1. 2011/11/10(木) 06:38:22 |
  2. URL |
  3. 陣中見舞い #-
  4. [ 編集 ]

やっぱ足首っすか? アッシも最近ちょくちょく再開してます。
久保田利伸を聞きながらやったら、バックステップがバックツイストになってバックダンス状態で相変わらず、
どうしようもない野郎っす(笑)スンマセン。

温灸が気持ちいい時期になったので、またこちらも兼ねて実験中です。
今ホットな部位はお尻です。ここを温めると、全部に効く感じ。
股関節が重要なのはよく知られているけど、たとえばイチローが打った瞬間に右足の股関節が外転していてスゲェっとかって話し。
イチローって、ベンチではソファに座らなくて、座面がペッタンコの堅いパイプ椅子にホットパックを敷いてるとの事で。
これって常に坐骨神経をオンの状態にして股関節や大臀部周囲の筋肉をあっためておくという細心の注意を怠らないアスリートの証明。
で、グランドに出るときもスロープは避けて階段の方を選んで登るのは、足首を挫いて痛めたり怪我をしないため。
ほんとまるで宮本武蔵!
イチローって忍者が柔術家か剣豪のイメージに重なる。あの全身がムチのようにしなやかに動くサマは驚くほかない。
おっと余談でした。

とんぶりエピソード、めちゃオモロイっす。黙って食え、爆笑もんです(笑)
いやなら食うな、じゃあお前が作れ、誰のお陰で飯が食えると思ってんだ、いろんなバージョンがあります。
うっかり、この味って・・・、なんて口走った日には、もうね、怖くてこれ以上はコメできません。
でも、うっかり言っちゃうんだよね(笑)
いつも、ああうまいって、言ってればいいんだけど。

ローカル・スロー・フードの「浜納豆」なんですが、これは中国古代の豉(シ)という食材、薬剤に由来してます。
豊臣秀吉や徳川家康など天下人の舌もうならせた逸品です。
試みに漢方の本から香豉(こうし)の効能を読むと、

「心中の懊憹(おうのう)を主治する也。旁ら心中の結痛、及び心中満ちて煩するを治す」
                                    『薬徴』

とあって、ズバリ心の臓に効く食材であると推測できます。
で、豉(シ)というものは味噌の原型と考えられますので、味噌汁を飲んでればセシウム被曝による心筋梗塞なんかには
ならないですむ、と予測できます。
味噌にはビタミンB群や必須アミノ酸、酵素が豊富だから→心筋細胞内のミトコンドリアにそのような栄養素がしっかり届き
ミトコンドリアが正常に働くから、今まで通り十分なATPが産生されて、心筋も元気に動き続けるってこと。
もしくは腸内細菌にとって素晴らしい栄養源になるから、腸内細菌がビタミンやミネラルを活発に産生してくれてそれが
腸管から吸収されると心筋まで血液を介して届く結果、心筋細胞内のミトコンドリアが正常に機能し、ATPが産生されて・・・。
ってことだと思う。
秋月辰一郎博士も味噌汁を重視してましたから。

味噌汁こそ日本の宝!
浜納豆は知る人ぞ知る逸品!ローカル珍味にてメンゴ(笑)

  1. 2011/11/10(木) 23:11:26 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

おらっち県は全部の市や町がガレキ受け入れだってさ。
嬉しいわい。ホルミ効果で一番健康な県になる?!!!
あ~いいことばっか続くなぁ(笑)
  1. 2011/11/11(金) 06:38:57 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

あ~蚊に起こされた。なぜか他の衆は寝てられる。うらやましい(笑)
あごの位置がポイントかな?または仙骨を深層筋で持ち上げる?膝を内転させて閉じる?足の親指側に重心を置く?
いろいろ言ってれば当たる(笑)あっ、ここは陣さん向けのコメっす。

さて、ちょいと手抜き。

『浮世の荒波 大波小波

 うかぶあそびが人生か

 波に乗るのも楽しいね

 波をおこすも楽しいね

 沈まぬ秘密は浄食精進』
       大森英桜

大森先生の歌。
まさにビッグウェイブ到来中の日本ではありますな!

放射能汚染に関してはまったく未知なるレベルとの闘い。
長崎広島ともチェルノブイリとも違う人類未経験の核汚染。
ガレキが各県に搬入され燃やされる、などを通して大気に放射性物質のさらなる拡散という2次災害も未経験。
セシウム137の暫定規制値がキロ500ベクレルという殺人的数値でありながら、すでに大量に流通しているであろうことから
くる広範囲かつ大量の人間に及ぶ内部被曝も未経験。
外部、内部とも被曝環境はさらに厳しくなる。決して油断できない。

だからどう対処していくのか、ってのが味噌(笑)
ここから先は『波をおこすも楽しいね 沈まぬ秘密は浄食精進』なんで精進料理がポイントってのはウソでなくてホント(笑)

いや最近ね、肉があんまりおいしく感じられなくなっちまって、ちっと残念。
仙人になるのはまだ早いんだけどさ(笑)たんに体調の問題かもだけど。ちょいと風邪気味だから。
でも昨夜いただいた「とんじる」はうまかった(笑)
そんで仙人っていうと仙薬で有名なのが「芝・シ」で、これようは、マイタケだと思ってくれればいい。
ということで、マイタケ舞ちゃん、を今後もご愛顧下さい。
抗ガン作用はトップクラスの実力。仙薬ってことは不老不死の薬ってこと。
マイタケ食べて、仙人、仙女になって長生きしちゃいましょう!

今イチのデキかな(笑)
  1. 2011/11/12(土) 01:50:20 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

マスコミやメディアはなんでTPPに反対しないのかね。
これ導入されたら、自分ちは外資メディアに買収されて自治権失うんでしょ。
馬鹿なんすかね、日本のマスコミ人は。
  1. 2011/11/12(土) 06:54:28 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

感覚的に言うと、
順歩は車でいう前輪駆動のFF(フロントエンジン・フロントドライブ)。
では、逆歩は?
後輪駆動のRR(リアエンジン・リアドライブ)か?
さにあらず、後に進んでるから、やっぱりケツと背中を前面にしたFFなんですね。
特に自分の場合、そう意識してリハビリに努めた。(小賢しい計らい 笑)
こんだ、順歩でこの効果を得ようという不逞ですよ。(笑)
この場合、FFが引っ張る力優位のやや前重心、RRが押す力優位のやや後重心、と定義しちゃいます。
FFは山道や雪国走るのに、取り回しがいいですね。
後輪が滑って流れようが、舵取り決めながら車体を引っ張って前進できる。
しかし、山岳でもない、雪が降っていない平地でも、ほとんどの人がFFで歩いてらっしゃる。(笑)
街行く人の歩法を見た時に、10人中8人が、これです。
風土と歴史でしょうね。
或いは、軍事教練や学校体育で刷り込まれた「行進」の賜物か?
前足踏み出した時に、後ろ足が残っている人をほとんど見かけない。
積年のFFの引っ張る力で、たまった疲労を解消しようってんだから、逆のRRで押して・・・なんて考えがちなんだけど、無理。 日常の使用は物理的に無理。
そこで登場願うのが、FR(フロントエンジン・リアドライブ)。
重心は幾分前、骨盤(と背骨)を前後左右にマッサージする行為自体を前進の推進力にするという豪勢なメニューです。
先ず、エクササイズの悪癖、体表の筋肉は使わない事に決めます。
足も使わない。 ありえないんだけど、(笑)気持ちだけでも体の中心、深奥部に向くようにね。
歩行は足でするという概念なら、歩き方教室のネーチャンもデューク更家もやってる。(笑)
それじゃ、あっしの書く意味がない。
腰骨の前後動(エンジン)につられて、ぶらさがった足(駆動輪)が振られるという感覚を重視します。
何言ってんだコイツとなるんで、リフレッシュ。
一旦、上半身、地に触れない頭の話をします。
ハトの歩き方を形態模写して下さいって言われたら、どうしますか。
殆どの人が首を前後動しながら、歩く真似すると思います。
上半身の動作と下半身の運足が分離したまま。
しかし、プロなら胸の開閉を模写する事に重点を置きます。
胸の開閉(エンジン)に伴う重心移動をによって前進し、結果、首が振られる仕様を丹念に模写するはずです。

ビートの利いたリズムに、黒人が体を委ねる姿を、東洋人のオッサン、オバサンも真似するんだけど、見事に胸閉じたまま、首だけ(筋力で)振ってる。(笑)
これ、似て非なるものですよ。
違いのポイントは、胸の動き。
最近の若い子には、できてる子が結構いるな。
この胸の開閉に関しては、
[スーパーボディを読む―ジョーダン、ウッズ、玉三郎の「胴体力」〕に詳しい。
この方も天才、故伊藤昇氏のこの著書を一読した時に、あしっは痛いほど膝を叩いた。

で、地に足が着いた下半身に話を戻します。
エンジンの確認です。こんだ、腰。これが推進力。
意識の要を腸腰筋に置きます。
股関節から骨盤前面、そこから背骨を繋ぐ、最深奥部の筋肉です。
足の付け根から腰骨前面通って背中にけさがけしてる太い紐とイメージしたらイイです。
これの伸縮と重心移動だけで、歩行を心掛ける。(ありえないんだけど、イメージね)
歩く時に、これをぐーっと伸ばす。
いつ? 後ろ足が着地してる時。
前足で歩くという認識の人は、1回頭が倒錯する。
逆歩した事ない人はこの意味が解らないから説明すると、重心を前に倒していった時に着地してる方の後足、それも股関節を意識しろ、という事。(これを「知足」や「遅足」と言う 笑)
心持ちこの時間を長く保つ事によって、片方の腸腰筋は進展し、結果、片方の腰骨の下端は、後に反らされます。
次の瞬間に起きる腸腰筋の収縮でもって、ポンと腰骨の下端が前に反動し、結果、後足が前に振られるという道理です。
後は、この繰り返し。
わずか数秒の動きを、言葉にするのは、こんなにややこしい。
だから、
>やっぱ足首、
>あごの位置がポイントかな?または仙骨を深層筋で持ち上げる?膝を内転させて閉じる?足の親指側に重心を置く?
は、
全部正解なのです。
殊に足首の柔軟性は重要です。
腰の推進力を、より楽に、効果的に、美しく具現する為には、結果そうなるのはずなのです。
オマケにですよ、仙骨のマッサージ感やら、大臀筋の使用感やらで、背部がホッカホッカ。
この体感の歓びに、あっしは感涙しそうになった。
今はそこから、ミッドシップエンジン、エンジンを正中心に置いた四輪駆動の歩行の研究中です。
それに胸の開閉を加味して歩く姿は、ハタからは、かなり愉快なブラザーに映るので、公道では要注意です。(笑)
とにかく、意識のおきどころの変化と、スイッチのオン・オフによって、世界は広がりますよ。

自立した個々人の、和して同せずの蜂起が、これから鳴動するはずです。
それには、己の命、健康を他力本願にしない事から始めるのが王道であると確信します。

>野田総理がISD条項を知らなかった!!!
無知丸出しでしたね。
あの佐藤ゆかりが、頼もしく思えちゃうくらい。
昨日の衆参の国会、お約束通りに、ドジョウは逃げ切った。
野田に対する最後の質疑、福島瑞穂が、TPP参加表明を国会でしないなら、記者会見でするなとの絶叫を、見事に裏切った発言、交渉参加に向けて関係国との協議に入る。
山田正彦は、これを評価すると眠たいこと言った。
茶番の一日。
大衆の上に国会、国会の上に党、党の上に官僚と財界、それは米国議会と、更に上位の多国籍企業の傀儡である事実を、総理自ら暴露した記念日。 ’11 11 11
後に批准するとか、しないとか、首の皮一枚に思いを託すわけにいかないの。
てなわけで、大山鳴動。
  1. 2011/11/12(土) 20:28:07 |
  2. URL |
  3. 陣中見舞い #-
  4. [ 編集 ]

追加

FR(フロントエンジン・リアドライブ)の説明の補強。

腰の推力の補助として、
太腿前部の大腿四頭筋でなく、後部の大腿二頭筋は優位に使用します。
これで、グーンと押される感じが生まれる。

知的所有権設定屋の高岡英夫もハムストリングスとかって、似た事言っとるんだけど、オラ好かん。
  1. 2011/11/12(土) 20:54:20 |
  2. URL |
  3. 陣中見舞い #-
  4. [ 編集 ]

オープン ユア マインド オープン ユア ボディ ふぃ~る! ウァターッ っすねぇ、陣さん(笑)

いやスンゲェっす。うちら業界人なんか、陣さんレベルまでいってるの相当少ないはず。
これも問題大ありでね。鍼灸の学校から、「鍼灸師用の身体作り」がスッポリ抜けてるの。
これ徒弟制度の江戸期なら見習いから始まって、掃除や洗濯やかまどを吹くとかってのも含めての身体作りがあって、
師の術を盗む、身体で覚え込むって日常でその術に見合った身体が獲得できるんだけど、維新後はたしかベル・ランカスター方式だか
っていう、植民地において現地人を改宗させるために教会で一対多で言葉は悪いけど奴隷教育をして洗脳したのが始まりの
今の教育スタイルにも勿論問題もあるんです。で教育一般がこの方式で先生がひとり、生徒が多数っての。
これやっぱり相当おかしいんだよね。でも、まあ。話しが長くなるからこのへんにしてと(笑)

指圧の世界で一派を創始した増永静人という方は、身体の凝る感じと緩む感じを、「ゾルとゲル」と表現しました。
人間を1個の風船に例えて、空気がいっぱい入って膨らんでるのが健康、しぼんだり、ゆがんでいびつになってるのが不健康とも
表現しました。

ちょいと陣さんのコメ読んだら、ふと増永氏の例えがピンッと来ました!
ああ、そうか、風船って言っても、いつも自分が意識しているのは水風船だったって。
で、それに空気入れると、表面に空気の層ができる。これが治療。
でも、それだけじゃあ、空気の世界で浮くまではいかない。
中健次郎は、立禅の境地を「空気の世界で浮く感じ」と言ってる。
とすると、浮くってのは、内部環境を捉える意識が根本的に変革できないとダメってことか。
水を気化するか、気化した気分までいくか。あっ空中浮遊!アサハラ昇降じゃん。上へ参ります、下へ参ります、なんてね(笑)

いや、ほんと逆歩は面白いですよ。やってみないとわからない。

身体を離れた政治も経済も思惟活動も文化もないっす。
だから身体がまず基本。哲学もできますよ、逆歩してると(笑)
  1. 2011/11/12(土) 22:13:01 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

チェルノブイリエイズ―汚染エリアの子供はCs-137で胸腺が破壊されてリンパ球T細胞がない状態(免疫不全)
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/115.html

胸腺は内分泌器官であって、胸腺ホルモンを分泌し、T細胞の分化を誘導する。
で、その胸腺細胞内のミトコンドリアに核種が入りこめば、胸腺の機能が破壊され、免疫系が破綻する。
セシウムに限った問題ではなく、ミトコンドリアはすべてのインチキミネラルである核燃料由来の人工放射性核種を一時的に貯蔵する。
ウランもプルトニウムもストロンチウムもヨウ素も、他の各種もすべてが影響してるとみて間違いない。
さらにカクテル効果で、今までに蓄積していたり、一緒に取りこまれる重金属や石油化学物質とも反応し結合し、
ミトコンドリア内に侵入しパワーアップした破壊力でミトコンドリアを撃滅する。

という個人的な推測でいけば、尋常な事態じゃないことは再三申す通り。
うちらが住んでる地区は、東京よりはいくらかはマシかもだけど、もろに低線量被曝地帯。
このあいだ、文科省がだしたデータだと、水源である山岳地帯が若干濃度が高めだった。これも恐ろしいこと。
でも、もういずれにしろ、被曝してるのは事実だろうし、今後、内部も外部もこれ以上被曝せずに過ごそうなんて甘い考えも
もう通用しないのはわかってる。
北風がこれから吹き付ければ、当然、北関東から東海中部へと拡散してくる。

つうことで、低線量被曝大国で健康で長生きするのは至難のワザ。
でも生きていかねばならんので、知恵を絞るしかない。

最近、ホルミ組の皆さんって静かですな。
服部センセの登場で、役者は出そろったのかね。
ちょいとイイ実験を思いついたんだけど、タール塗ったり、毒物の混入したエサを食べて、どこかに癌を作ったマウスに
ラドンガスを吸わせてみれば、ラドンガスの効能ってのがよくわかると思う。確実に「ラドンガスのマウス腫瘍に対する効果」が
立証できるはず。あとは、セシウム入りのエサを食べさせて腫瘍がどう変化するか?ストロンチウム入りの水を飲ませたら
どう変化するか?プルトを吸入させたらどう変化するか?などいろんなバージョンで実験してみたら、より効果的に
ホルミの本質に近づけると思う。是非、取り組んで頂きたい。ラドン風呂じゃなくてね、クドイけど(笑)

まあ、大風呂敷の後始末はしつこくやったんでもういいんだけど、ひとつ訂正しとくと、前にマウスを含めた動物の血液の
カリウムに対するナトリウムの割合がすごく高くで、動物の血液は塩っ気が強いから抗放射能性を有しているって言ったけど、
人間の場合はナトリウム1に対してカリウム5。動物はナトリウム10に対してカリウム1、が正しいです。
比率がひっくり返って2倍になってる。それほど、動物ってのは塩気の強い血液を持ってるそうです。
つまり基本的に体温も高いし、雑菌なんかにも強いし、放射能にも強いってことでしょう。
その繁殖力も旺盛で非常に頑強そうなウサギに奇形がでたんだから、あとは推して知るべし。

榎茸・えのき茸・エノキダケ。
これも腸内の善玉菌を増やすとても心強い味方です。
シイタケ多糖も有し、抗ガン作用もありましょう。
大いに食しましょう。
  1. 2011/11/14(月) 22:20:14 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

子供は放射性物質にたいする感受性が鋭敏でダイレクトに影響がでる。
大人や年寄りは鈍感で反応がでるのが遅い。

なんて巷間ささやかれているけれど、これも疑ってもいいと思う。
大人でもスグに反応する場合もあるし、子供でも鈍感な場合もある。

いずれにしても「直ちに影響がない」の一言で、このままいけるわけがない。

いまだ病ならざる段階での努力こそがあなたを救うはず。

気楽に真剣にノーテンキに緊迫して対策しましょう!
  1. 2011/11/15(火) 06:41:00 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

文部科学省による、岩手県、静岡県、長野県、山梨県、 岐阜県、及び富山県の航空機モニタリングの測定結果、
並びに天然核種の影響をより考慮した、これまでの 航空機モニタリング結果の改訂について

http://radioactivity.mext.go.jp/ja/1910/2011/11/1910_111112.pdf


放射能デドックス的生活スタイルで維持できた免疫力-(311後に吸ったり飲んだり食ったりした核種+石油化学物質と重金属の総量)
の結果が、今からの健康状態ってことでしょうね。プラスであり続けるための不断の闘いをノンキにやりましょう。

うちら低線量地帯でも、ぼちぼち風邪が流行り出しました。あっオレも(笑)
  1. 2011/11/15(火) 13:52:43 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

TPPの反対する正論に関して判り易い奴があったぞ

中野剛志先生がTPP賛成論者の詭弁を全滅させたようです

http://www.youtube.com/watch?v=9amjatPD_l4&feature=related

中野剛志先生のよくわかるTPP解説―日本はTPPで輸出を拡大できっこない!

http://www.youtube.com/watch?v=nRmNJpUj5sI

サルでもわかるTPPがヤバい7つの理由

http://www.youtube.com/watch?v=CI8l71dSy_A

中野剛志という人が、TPPに参加する理由が一つもない事を証明してくれました

これでTPPをゴリ押しする保守派は凄いな
  1. 2011/11/15(火) 15:41:01 |
  2. URL |
  3. メタルウルフカオス #-
  4. [ 編集 ]

そういえば、思いだしたんで忘れないうちにコメしとく。

あのホルミ組のアヤシイ3ショット講演でエハンが、もっともらしく自信をもって
「お灸の数え方は1っそう、2そうって数えて、ソウは別荘の荘という字をあてる、面白いでしょ」
みたいに言ってたんだけど。
数日たって、あれっ、別荘じゃないやん、壮健の壮じゃん、って気づいた。
すぐにつっこめなかった自分がちょいと恥ずかしいっすね(笑)

日本人の意識からお灸が遠ざかって久しいから、もう数え方もヘチマもあらしまへん。
わずか150年たらずで、世界一洗練された温熱療法の火がまさに消える過程です。
だからといってしゃにむに、灸を啓蒙しようなどとも思わんのです。
もうね、メンタリティティーというか心の風景がすっかり様変わりしてしまったから。
植民地教育のたまもの。

取るに足らん話しでしたかな。では。
  1. 2011/11/15(火) 20:37:42 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

メンタリティティー(誤)→メンタリティー(正)

お灸が普及してれば、相当数の人が放射線障害から救われる。
なぜなら灸療法は血液の質を高めることができるから。
白血球も元気になるし、赤血球も増えるし、血小板も増えて止血作用も高まる。
子供にもやろうと思えばできる。昔は「疳の虫」封じとか寝小便の治療によく灸治療をした。
ただ、痕がつく、ってのがネックでね。これさえ解消できればいいんだけど、まあ、白血病になるよりいいと思うけど。
とはいえ、もう一般的なものじゃなくなって久しいから、これはあくまでたんなる幻想。

オラの実の婆ちゃんは今96歳。けっこうピンシャンとしてる。週2回の鍼灸治療を15年以上継続中。
介護のサービスを利用してるけど、いつからか、介護度が軽い方に変更されて利用できるサービスが減った(笑)
「灸治療による介護度の軽減化によるアンチエイジングの実例」(笑)
惚けてないし、風呂を入れてもらう手伝いに、週2回ヘルパーが来るだけかな。
ひとりで何でもできるけど、火を扱うのはあぶないから、ご飯作ったりとかは、子供が行って作る。
朝は玄関を掃いたり、散歩もする。耳は遠い。補聴器入れてる。

「手はふるう 足はよろける 歯は抜ける 耳は聞こえず 目はうとくなる」 江戸期の狂歌

が普通なんだけど、けっこう鍼灸治療やってると、アンチエイジングになる。

http://www.hosp.go.jp/~miyakon/sanpo/column003.htm
【私の家の近くに百歳を越えても診療をしていたお医者さんがいた。原志免太郎という方で、107歳で亡くなったが、
医師長寿番付の横綱であった。原式灸点法という方法を考え出し、自ら実行されていた。その奥様も96歳頃まで長生きされたが、
その秘訣はお互いの背中にお灸をすえること。おまえ百まで共白髪、やはり元気で長生きが一番である。】

鍼灸よもやま話、でした。

  1. 2011/11/16(水) 06:30:56 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

ウルトラ高線量を浴びれば、ひとたまりもない。当たり前。
毎時10000ミリシーベルト超のデッド・スポットがあるフクイチ。
毎時900ミリシーベルトのガレキがあるフクイチ。

7000ミリシーベルト浴びると致死量といわれる。
累積でどんだけ浴びたか、また、どんだけ内部被曝したか。
合算すれば、レスキューの人達の身は当然、危機的な状態を迎えると予想がつく。

http://enzai.9-11.jp/?p=9063
【【腎臓への影響】
* セシウムは腎臓機能を破壊し、他の器官への毒作用や動脈高血圧をもたらす。
ゴメリにおける突然死の89%が腎臓破壊を伴っている。
* 腎臓もセシウムの影響を強く受けるが、放射線による腎臓の症状は特徴がある。また病気の進行が早く、
悪性の動脈高血圧がしばしば急速に進む。2-3年すると、腎臓の損傷は慢性腎機能不全、脳と心臓との合併症、
ハイパーニトロゲンミアを進展させる。】

若くして失われた命に深い黙祷を捧げます。
そしてこれからも失われていく命にも、青春にも。
  1. 2011/11/16(水) 13:35:59 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

セシウム137などの内部被曝により腎細胞内のレニンやアンギオテンシンというホルモンを作るミトコンドリアが壊滅→
→血圧の調節機能を失う→高血圧→降圧剤の処方→長期連用→認知症

まあ、こんなイヤな流れが始まる危険性も大なのが内部被曝。

ただでさえ、70代以上の2人に1人が降圧剤飲まされてて、それが原因で全身の虚血性滞留を引き起こし、認知機能が低下して、
いわゆる惚け老人を大量生産してるトンデモ医療がはびこる日本なのに。

内部被曝だと認知症など発症する前に、血管のクラッシュで亡くなるかもだけど。

最近、5年後の日本がどうなってるのかと、ふと想像すると軽く寒気がする。それで風邪引いたわけじゃないだろうけど(笑)
正直、非常に恐ろしい。

【科学技術庁の秘密報告書〈大形原子炉の事故の理論的可能性及び公衆損害額に関する試算〉
1000万キュリー程度の放射能漏出事故があった場合、
「物的損害は・・・最高では農業制限地域が長さ1000キロメートル以上に及び・・・」
東海村を中心にして1000キロメートルの円を描けば、日本は九州から北海道まですっぽり入る。】
                        参照 真弓定夫「自然流生活のすすめ」地湧社

先般、公開された最新のフクイチセシウム拡散マップによると四国や中国地方まで余裕で拡散してた。
ギリギリ九州とか大阪あたりがまだらに汚染フリー地帯だった。
かなり上の試算が正しいことが証明された。つうか、最初っから文科省は知ってるってことでしょ。
かなり広範囲まで汚染が広がることを。かつてこうやって試算してるんだから。

つうことで、マダラメとかオオハシとかアリマとかヤマシタとかホアンインとかケイサンショウとかケイダンレンとか
その他おおぜいの御用とか推進の爺さんたちって認知症だと思う。で、テロリスト。
そう自覚してないところが、まさに認知症。
もっとも国民自体がもうとっくに認知症ばっかかもだけど。

あっ、オラの婆ちゃんね、いつだか、母が思いきって降圧剤とかの薬類を全部飲まないように説得して飲むのをやめた。
だから、それまで20年近く降圧剤飲んでて耳は聞こえなくなったけど、ボケはなんとか未然に防げた。

草木(くさき)で楽しんで楽になると書いて、「薬」

草根木皮(そうこんもくひ)とは生薬のこと。

そういうものだけで「薬」を作り、身体と対話していた江戸期までの日本人がいかに健やかだったか。
まあ、もう知る人もいないね。

お灸の原料のヨモギの香りには、認知機能を増す作用がある。
日本から灸の習慣が消えて、かわりに降圧剤を飲む習慣がはびこった結果が、ボケ老人の大量発生とみることも可能。

あっ、大根ってのは利尿作用あるから、これからじゃんじゃん食べるといいでしょうね。
セシウム腎臓クラッシュ対策。

鍋とかウマイ季節になりました。
では(笑)
  1. 2011/11/18(金) 00:29:06 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

高血圧=悪、これ大いに疑問あるね。
癌=悪、とおんなじ。
悪がないと善の出番がない。善ってぇのは、お薬ね。お医者さんね。
まあ、そういう図式で洗脳されてるってこと。熱が出る=悪、も一緒。

すべて、症状を悪と捉えるから成り立つのが近代以降の医学。

じゃあ、東洋医学とか伝統医学は症状をなんと捉えるか?
ひとことでいえば、身体からのメッセージと観る。
それをどう読み取るかが、医をおこなう側の力量ということになる。
また、どう解釈させるか、どう反省させるか、どう患者を勇気づけるかも、医の供給側の使命。

つうことで、トシくって血圧が上がるのは自然現象。身体が硬化すれば、血管壁も硬化する。
血液を全身に供給するためには、柔らかい血管よりも硬い血管の方が圧力が余計いる、圧を上げざるをえない。
そういう状態なのに、降圧剤を使って血圧下げたらどうなるか?
全身に血が回らなくなる。細胞に必須の栄養素が届かない、細胞から老廃物が排出できない。
その結果、老化が加速して、認知機能もイカレテくる。→ボケ老人の増大→介護保険がどうのこうの・・・

白内障、聴覚低下、ボケ、ぜんぶ降圧剤が関係してるとも考えられる。

「手はふるう 足はよろける 歯はぬける 耳はきこえず 目はうとくなる」降圧剤の副作用 
                                   (※本当は江戸期の狂歌)

まあ、こんな医療ばかりでは、国家は破綻する。つうかもうかなりヤバイけど。

血圧下げたければ、野菜と穀類が主体の日本型食生活していればいいはず。
ヘンな塩とかもダメ。あれはもう化学薬品。自然な塩を使う。
あとは身体全体を柔らかくしてればいい。気功的な呼吸法もいい。
太極拳や気功の達人のじいちゃんたちは、メチャクチャ若い。
背筋もピシッっとしてる。あと、手の平とか、ふにゃふにゃだって!赤ちゃんの手みたいに!
こういうの参考になると思うよ。つまり末端の血管が老化してないってこと。

どうすればそうなれるか?
アッシ流の応えは「ミトコンドリアと対話すること」
答えはすべて身体が知ってる。

テンネンノハタラキ=自然治癒力。
  1. 2011/11/18(金) 13:30:35 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

「医学が発達した」

これって、「原発は安全でクリーン」と同様の洗脳用語。

決して医学は発達などしてません。

「近代以降の医学は病人というものを増大させることに成功した」が正しい。

年間医療費が30兆円。これが異常でなくてなんでしょう。
膨大なムダなカネが医療費としてドブではなくてグローバル製薬メジャーに流れてる。

ヤツラにとって必要なのは、自分たちの薬を大量に処方する医療者とそれを望む患者。
どちらもメディアや教育機関を使い徹底的に洗脳しておくと、うまくいく。
うまくいった結果が日本の年間医療費30兆円。

データがそろい病名というラベルが貼られ、病人からカネをとるベルトコンベアに乗せるのが今の医学。
それに乗ることを嬉々として喜ぶ患者サマがいてこそうまくいく。

果たして、機械ではじき出すデータとやらがそんなに重大なものなのか。
いな、機械に頼らなければならない医療とは何なのか。
機械で見つけなければわからない小さな異変は見つける必要があるのか。
検査、検査、検査。検査って医療なの?
多くの疑問を感じる。
今の医療が果たして患者を幸せにしているのか?健康に導いているのか?賢くしているのか?

「近代医療制度は『専門家依存』をもたらし、人間の、苦しみを受けとめ自らを癒す能力を不能化し、医療そのものが健康に
 対する主要な脅威になっている、これは広義の医原病(社会的医原病、文化的医原病)だ」
「最善のものの堕落が最悪のものを生み出す」                     文明思想家 イバン・イリイチ

イリイチは「医療の目標は全医療者の廃業である」とも言っていたと記憶する。
まあ、救急医療くらいは残しとかないと困るけどね。それ以外ははっきり言えばイリイチのいうとおりで、
医療などが発展するというか、医療ビジネスが発展する世界はそれだけ患者が増えるというパラドックスが生じ続ける。

身体自治の方法を啓蒙しない限り、幸せで健康な人間は増えない。
いい機会なんだけどね、それに気づくには。
ただ、フクイチ災害がもたらす災厄の規模は計り知れない恐ろしさがある。
本気で取り組まないとね。

オレもちょいと気をぬいたら風邪ひいた。
やっとこさ、風邪の全過程が終了する。丸2週間かかった。やれやれ。
熱はでなかったけど、咳と鼻水がこたえた。皆様お気をつけて(笑)

  1. 2011/11/19(土) 00:53:12 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

光さん、鬱陶しい風邪が治ってよかったですね。

最近はウイルスと細菌の中間の微生物が原因のマイコプラズマ肺炎が流行っていますので、皆さん気をつけましょう。体の免疫力を低下させない事が大事ですが、米とぎ汁乳酸菌の散布と摂取が良いと、どこかに書いてありましたがどうなんでしょう。

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201109/2011092900050
  1. 2011/11/19(土) 13:29:30 |
  2. URL |
  3. ワンベア #-
  4. [ 編集 ]

ワンペアさん

お気遣い頂きありがとうございます。
まだ少しセキがでますが、ほぼ収束した感じです。

東洋医学では、風邪の原因を内因(ないいん)、外因(がいいん)、不内外因(ふないがいいん)の3つにわけます。
内因とはエモーショナルな部分のアンバランスのことで、例えば激しい怒りを覚えることがあった。
外因は気候の変化が身体の外側から及ぼす影響のことで、例えば、冷たい雨を浴びた。
不内外因は、上記2種以外の要因で、飲食の過不足、労働のし過ぎ、房事過多など。

で「内因なければ外邪(がいじゃ)はいらず」と言いまして、ようは、感情の乱れがなければ、
外因である気候の変化も身体に影響しないと捉えます。

で、内因=怒、喜、憂、思、悲、驚、恐の7つの感情
外因=風邪(ふうじゃ)、熱邪(ねつじゃ)、湿邪(しつじゃ)、燥邪(そうじゃ)、寒邪(かんじゃ)の5種の気候要素

で、たとえば、激しく怒ったあとに、冷たい雨に当たり(風邪、湿邪、寒邪)、食べ過ぎた、だと確実にカゼをひくと観ます。
これだと5個もカゼの要因が重なってます。
だいたい内因があって、それ以外に2つか3つのリスクファクターが重なると発症すると考えます。

まあ、そんなこんなで、思い当たるフシがありまして、自らの節制不足であって面目ないです。

そんで、マイコ・プラズマちゃんね、これ、プルト君のダミーとちゃいまっかね。
どうもそんな気がします。プルトが肺胞にこびりつくと、肺胞マクロファージが壊滅して、肺胞の細胞膜も破壊される。
そうなると、通常のウイルスや細菌が繁殖しだす。緊急事態なんで高熱を出して、白血球の活性を高める自浄作用が働く。
さらに高熱でHSPを分泌し、細胞膜の修復にとりかかる。それと同時に激しいセキでなんとかプルトをはき出そうとする
反射作用が働く。
こういう一連のプルト内部被曝の随伴症状が一見するとマイコ・プラズマに罹患したように見えるってことか、もしくは、
プルト肺胞被曝によって上記の経緯で免疫がガタ落ちした結果、本当にマイコ・プラズマが増殖してる、か。

まさか、イトヤンゴトナキ御方の皆様が、プルト被曝症状とは公式発表できませんからね。

プルト以外にはウランやセシウムも含めてすべての核種と言えますが。

まあ、いろいろヘンな疾患が流行り出すのかもしれません。

トーデンF1エイズの序章でしょう。なんとも恐ろしいですが、けっして杞憂とはいいきれません。

本気で注意していきましょう。アッシの今回のカゼ症状はある部分、一種の排泄現象のような気もします。
そういう意味ではちょいと嬉しい事象ではありました。

あいかわらず未来を想像すると寒気がします。
  1. 2011/11/19(土) 23:18:13 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

チェルノブイリともスリーマイルともビキニ環礁ともセラフィールドとも違う点、それはここが日本であるということ。
はっきり言って史上最悪の核災害のただ中でありながら、あまりにキチガイじみたノンキさが漂ってはいる。
でも、馬鹿みたいになんとかならんかと対策を考えているのもいる(笑)

もうサムケは吹き飛んだ!逆に武者震いがしてきた!やることがゴマンとある。

「日本は宝の宝庫」とのたまわったのは、故・橋本敬三先生。
その通りで、ほんとに宝物ばかり。見つければいいだけ。

マジでもう予防の段階から一歩すすんで治療的な対策も施していったほうがいいのかもしれない。
そのくらい事態は深刻と個人的には認識してる。
東京の平均汚染度はチェルノブイリの第4区。絶対に食べてはイケナイ食品をビッシリと敷き詰めたのと同じレベル。
ノンキでいられると思うかどうかは自己責任かもしれない。
つうことで、まずは、漢方薬については以下などがそれなりに参考になる。

悪性腫瘍に対する化学療法・放射線療法の副作用の為の漢方薬
http://www.halph.gr.jp/gendaibyou/gen09561.html

ドラッグストアに行って漢方薬のある棚の辺りに十全大補湯のエキス入りのアメを売ってる。
他の薬方も数種類ある。これもしかしたら使えるかもしれない。アッシはまだ舐めたことないけど(笑)
あくまで遊び感覚で漢方薬のホメオパシー的効果を狙った利用法ってことだけど。

お次は、「灸治療」について。既出の記事より要点のみ抜粋。
【病気のために白血球が著しく減少したような人間の場合に、灸を施して果して白血球が増加するであろうか。
そうした実験報告がほしかった。ところが、私は子宮癌手術後にレントゲン照射をやって、それが過剰となり、
骨髄における白血球の再生能力が低下して再生不良性貧血症となった患者の治療を引受けてやったことがある。
それは2例だけであったが、2例ともが長期間病院に入院し、輸血をつづけ、どうしても白血球が増加せずに困っていた。
お灸をはじめると白血球が増加しはじめ、根気よく針灸治療を継続することによって、白血球数が正常数に回復し、
遂に治癒したのである。これについては、日本針灸治療学会で発表し、会誌にもその報告がのっている。
ところが、本年(43年)になって、よい1例を得た。これは50才前後の男性で、睾丸に悪性腫瘍が出来、それを手術したが、
転移と再発を予防するために、コバルトとレントゲンの照射を患部と腰臀部とに繰り返し行った。その結果、著しく白血球の
減少を来たし、血液1ミリ立方に対する白血球数が3000以下となってしまった。もう既に生命にとっての危険信号である。
病院側では、これが正常値(5000)にもどるに、少なくとも数カ月以上かかるといって心配していた。
私がこの患者に、9月に全体的な治療を施して灸したところ、約1ヵ月の施灸で、今まで3000以下だったものが5000と
なったのである。病院側でも、この成績を見て非常におどろいているとのことで、私も非常にうれしい。私としては、
この治験によって、人間の病体に施した灸によって白血球数が著明に増加したという実証を得たのが何よりうれしい。】
                               代田分誌「針灸臨床ノート・下巻」医道の日本社より

>骨髄における白血球の再生能力が低下して再生不良性貧血症となった患者
>根気よく針灸治療を継続することによって、白血球数が正常数に回復し、遂に治癒したのである
>約1ヵ月の施灸で、今まで3000以下だったものが5000となったのである。

灸治療がいよいよ大ブレイクか!(笑)
マジですげぇいい医術なんだけどね。火を医療に使うってのがスゴイとこ。
しかもヨモギのフィトンチッドや香油成分のアロマ効果も加味される。
でも今イチ下火なんすね。だいぶ湿ってきてる(笑)
アッシの院では開業以来ホットですが。まあ、でもこれを治療師以外の人に説明してもしょうがないから、お灸と同じ効果のでる
なにかを見つけなければならない。半身浴?悪くはないけど今イチ。
ホッカイロを貼る?これならけっこういいかもね、勘だけど。副腎の辺りがいいと思うよ。肩甲骨の下縁の辺りね。

つうことで、あとは食養はもうだいぶ列記したから上のほうのカキコミを参考に自分なりに組み立てて下さい。
どっちにしろ汚染フリーの食材を求めるのはかなり難しくなってきた。
このあいだも青森産のゴボウと書いてあったのに、使ったあとに茨城産であることが発覚した。
もう食べちゃったあと。外食などしたら、いわずもがな。しょうがないわね。原発を放置してきた責任の一端は自分にもあるはずだから。

では、まとめると、漢方薬の遊び的使い方、灸治療的な温熱効果狙い、今までコメした食養、の3点のプッシュでした。
  1. 2011/11/20(日) 23:37:50 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

真の経済学者とは?

天と地の間にある人の役割の「理」を解する人々を指す。
咀嚼すれば、
人の役割は自らを潤し、それが天地への恩恵の還元であり、結果、天地を潤す事になるという真理を深く理解する人々を指す。
・・・と思われるのです。

ちょっと、漢字遊びに付き合って下さい。
我田引水の極致、少ない棒線だけで、世界を顕したいと思います。 
白い紙に、
天を顕す記号としての横棒を一本引きます、一。
今度はその下に、
地を顕す記号としての横棒を一本引きます、一。
人は、何処にあるのでしょう?
言うまでも無く、この天地の狭間。
ならば天地を顕す二の間に、
人を顕す記号としての横棒を一本引きます、一。
「三」になります。
この「三」が天地人、我等が住む世界の森羅万象の一切であると定義する、したいところですが、まだ不完全。
この森羅万象は可視的には各々分離独立してるようでいて、実は一大生命現象ともいうべき一体不可分の真理に貫かれている。
そこで「三」に、上から下、あるは下から上に森羅万象を貫く真理を顕す記号としての縦棒を一本引きます、Ⅰ。
そして出来上がるのが、森羅万象とそれを結ぶ命という真理に貫かれた「王」という文字です。 
すると、「王」という文字は森羅万象、命、真理、の別名ではなかろか? 
という解釈が生まれるのです。 (勝手に 笑)
王を名乗る特定の人物を指すのでなく。
いや、正しくは、総体としての真理を正しく理解し、それを大衆に伝える事が出来る人物を、そう呼称したのかもしれない。
でも、出過ぎた呼称ですよね。
王を表現する事が出来る存在であっても、王そのものではないのだから。
せいぜいが、「玉」のはず。
点の意味を、意志の顕れと、あっしは勝手に読みます。
王に点、玉とは、王の顕れ、王の住む場所、その個性と読む。
即ち、玉=王の住む里=理 と読むのです。

すると玉とは、「理」を説くモノ全般を指す事になる。
石でも、森でも、滝でも、なんでも。
人であるなら、それが本来の意味における哲学者、科学者、医者、政治家であるかもしれない。

この理は、我々の髪の毛一本にも宿る。
貴方の瞳にも宿る。
あっしのこく屁にも宿る。(笑)
しかし、あくまでも真理の顕れ、真理の顕れではあるが真理そのものではない。
自分の場合、それを真理に対する「真実」と、便宜上表現するのですが、
仏教用語でいう仏性、仏の顕れであるが、仏そのもではないというのと同義です。

翻って、近代の歴史を見渡した時、見えてくるモノは、理と似て非なる「利」の功罪でなかろか?
産業の振興とそれを背後で支えたアカデミズムは、自然の理を読み解く事無く、理をばらばらに解体し、無機物に堕した、人の数だけある「事実」を声高に叫ぶ世界を作り上げる事に成功したという一面。
政治家は、その旗振り役であったという一面。
我々は、その事の大いなる貢献者であるという一面。
でたらめな「事実」の存在を、より強く固定化する最大のファクターこそが、我らに内在するエゴ、己の利であるのだから。

この動画を観る度に、そんな感想を強めるのです。
TPPのからくり、その根本なんざ、瞬時に分かる。

懐かしい未来~ancient futuers:learning from ladakh
http://video.google.com/videoplay?docid=-4214494592228465878&hl=en#
懐かしい未来~ancient futuers:learning from ladakhn no2
http://video.google.com/videoplay?docid=1627395735754728217&hl=en#

こちらは、あくまでも参考。
起点が純粋であっても、組織はいつも、勢力に絡め取られる危惧を含む。

地域から始まる未来~グローバル経済を超えて~1
http://video.google.com/videoplay?docid=-1235368397213442938#
地域から始まる未来~グローバル経済を超えて~2
http://video.google.com/videoplay?docid=7152635640249570093#
  1. 2011/11/21(月) 18:58:20 |
  2. URL |
  3. 陣中見舞い #-
  4. [ 編集 ]

いにしえの者が言う、「大医は国を治す」と。
またいわく、「大医は未だ病まざるに是を治し、中医は病めるを治し、下医は病めるを殺す」と。

「望んで是を知るを神という」: 望診(ぼうしん)とは一目見ただけの診断でその者のすべてを知り正確な診断を下すこと。
               またそれが可能な医者の位を神(シン)とする。


「大医」は本当は「王医」のほうが適切かもしれないですね。
これも医者とか医療に携わる者だけのことではないですな。自分の主治医は自分です。あなたのかわりをできる他人はいません。
歩くのも食べるのも考えるのもすべてあなたの責任であり、あなたしかできないことです。
「専門家依存」を脱し、我が身は我が身で守る、身体自治に目覚めること。そこから未来が始まります。

つうことで、ヨモギにはカルシウムが豊富に含まれています。
だから草ダンゴなんかいいっすね。あんこがのってる寅さんの実家の草ダンゴなんかかなりいいんじゃない!
あんこの原料はアズキでしょ。これは昔っから陣じゃなくて(笑)腎気を養うって言って、腎臓や膀胱に効く食材。
アズキの見た目が腎臓にそっくりでしょ。色もね。
だから、スウィーツ好きな御婦人の皆様も、これからはジャパンの伝統的な甘味のほうが良いでしょうね。

端午の節句とか雛祭りに、かならず草餅を食べる習慣がある。これもおそらく、漢方薬の知恵が伝承された例でしょう。
ヨモギ餅、子供にはとても良い食材です。きな粉をかけて頂けば、さらにカルシウムの補給になります。

さてそんでヨモギって言うと灸の原料なんでアッシの専門領域の灸治療なんすがね。
これをどう広めるかと思案するんですが、まあ、あんまりいい策は浮かばない。
同業者でここ読んでる方おりましたら、共同戦線をはりましょう!いっちょ救国戦線のノロシをあげましょう!
灸屋さん、読んでるかな?アッシはあんたのこと好いとりました(笑)最近、ゲリラさんとこでもあんまり見かけないっすね。
どうでっか、極めて個人的な闘いとなりましょうが(笑)消えかけた灸火を燃え上がらせようじゃありませんか。
お国の一大事です。明治維新うんぬんはもういいでしょう(あっ、オレか 笑)
恩讐を灸火で燃やし、この聖なる火の真の継承者たらんと生きましょう。(大げさ 笑)

「病膏肓に入る」の故事: 身分の高い男の身体に入りこんだ病気の妖精が2人いた。
            ある日、名医が来るとて、この妖精たちは思案した。
            どこへ隠れればいいか。その名医とて自分たちを見つけることができない所へ隠れようと。
            膏の上、肓の下に入れば大丈夫だと気づいた。
            名医であってもこの妖精たちを見つけることができなかったので、やがてこの男は死んだ。
            
さて「膏肓」のツボの位置なんですが正書では、普通に経絡図に出てる位置でいいんですが、アッシ流に解釈すると
まあ、肩甲骨の脊柱よりの辺り全般でなんか凝りとか痛みがぬけにくいとこ。
つまりホッカイロを当てたらって言ったのは、「病膏肓に入る」を意識してとのこと。
副腎からは自前の天然の副腎皮質ホルモンが出る。抗炎症作用をもたらす自家製のホルモン剤(笑)
これをうまく出し続ければ、決して体調不良にはならないかもしれない。

あとは関節部分の保護、保温、加重からの一時休養は忘れずに。
ここは白血球を作る部位です。重要なツボは関節部に集中してます。
ここを冷やさない。それだけでかなり違います。足首、手首、肘、膝、腰、首ね。
マフラー、レッグウォーマー、手袋なども必需品になりますかな。

アッシはどんどこ関節部のツボに灸します。商売道具なんでスンマセン(笑)

つうことで、今後もいろいろ対処法を探ります。
  1. 2011/11/22(火) 00:19:58 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

あっと、陣さん

病膏肓に入る、からちょいと思いついた!
肩甲骨の甲が左右二枚あるから、「甲甲」骨と解く。新訳「病甲甲に入る」(笑)
すると、肩甲骨の裏というか下へ「病邪」が潜り込むとヤバイのかも。
甲の上、甲の下。甲野善紀を連想した(笑)

で、陣さんが以前にコメした「歩き方講座」。
胸を開く歩き方。これが肩甲骨を動かすことができる歩法。
よく手全体をクンタッチ風にガルウィング風に上げると気持ちいいけど、そういうのも含めて肩甲骨を動かせる体術とか、
これから探してみます。つうか、自己流でまた探ります(笑)
  1. 2011/11/22(火) 07:20:14 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

文字はあくまでシンボル。単一な意味にとらわれるより重層的に理解したほうがいいのかも。

「病甲甲に居る」、つまり両肩甲骨のあいだに病邪がひそむ、と解釈。

いやはや独り禅問答。陣さんがいなければこんなのカキコできまへん。

つうことで、パーキンソン症候群の人の特徴的な容貌のひとつに「翼状肩甲・よくじょうけんこう」がある。
半開きガルウィングの姿で歩く姿勢のこと。
これも身心からのメッセージだね。肩甲骨を開くように身体を柔らかくせよ、との。
パーキンソン症候群の人ね、メチャクチャ身体が堅いの。癌の人なみに。

身体も心も柔軟に!
  1. 2011/11/22(火) 13:57:07 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

パーキンソン、シェーグレン、アルツハイマーだのって、西欧人の名前入りの病名ラベルを首からぶら下げたからって
何も解決しないし、それで病気が治るようになどテンデなりゃあしない。
病名なんてハッキリ言って、どうだっていいわけだ。ようは楽にして快適な身体にしてあげられれば。
それが医術の目的だわな。診断もけっこう、分析もけっこう、検査もけっこう、でも一番大事なのは、元通りか今以上に
気持ちいい、カンフォタブルな、風通しのいい、澄み切った青空の、身心にしてやること。
それができなければ偉そうに先端医学などとぬかすんじゃねぇ!つうこと(笑)

手術の回数が多いのはイイ病院なんて特集が平気で組まれてるんだわ、雑誌でね。
オレひっくり返りそうになる。ちゃうで!手術が回避できた回数が多いのがイイ病院だろが!

あっ、どうでもいいこと言っちまった。すんまへん(笑)

パーキンソン症候群も癌も免疫疾患も万病も、早い話しが、身体を柔らかくしてれば防げる。
血管壁を老化させなければ防げる。単にそういう事。じゃないかね!
人の身体触ってるオレに言わせると単にそういう事になる(笑)

ほいで「動く臓器」である血液・体液の質がもっとも重要。
これを損壊させるから放射能はヤッカイなの。
「金魚の水槽」の水に毒を入れたら、金魚は全滅する。
これと同じでしょ。ストロンチウムが入りこんだ血液でどうやって健康を維持しろってんだよ。
セシウムだって、ヨウ素だって、ウランだって、みんな毒物。
こんな単純なことがわからんのよ、ホルミ信者ってのは(また言ってるよ 笑)

そいで世の中はもう忘却ムードかもしれんが、そんなノンキなことはリアルな核災害には通じない。
3号機の建屋内では毎時1600ミリシーベルトが観測された。
60分で割ると毎分26.66ミリシーベルト?ちょいと待てよ。年に1ミリシーベルトが通常の限界値。
で、たった10分で266ミリシーベルト? 作業員の被曝限度250ミリシーベルトをあっさり超えるってこと?!!
で、今後どうやって作業するのかいな? オラわかんねぇ。
「3号機で毎時1600ミリシーベルト」
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/569.html

阿修羅の原発板が今のアッシの精神安定剤(笑)ここのコメはかなりマトモだと思う。
ここ読んで安心するのもどうかと思うけど、致し方ない、世が世だから。

地震一発でイッちまうのが原発なんです。
なんせ特殊合金で作られた配管の厚さ2センチの中を157気圧で320度の熱水が通り抜けると、摩耗して20年もたずに
穴が開いて熱水が噴き出すってんだから、どんだけヤバイブツかわかろうってもんよ。
圧力容器から450本以上の配管が出てきて、溶接箇所は2万5千箇所もある。そんだけ弱い箇所があるってこと。
で、熱膨張を計算に入れて全部が半固定の宙づり状態。縦揺れだろうと横揺れだろうとグラッて来れば一発で配管はオジャンだって。
今回の地震は500ガルクラス。でも、今後つうか今までも2000ガルクラスの破壊力をもった地震なんて普通に来てる。
この2000ガルクラスってのは、直下型で突き上げたら、建物が浮くレベル。
で、初期に作られた原子炉はなんと250ガルくらいしか想定してないの。
わかるっしょ。耐震基準なんてテンデあってないようなもん。
そもそもエネルギー問題だの核物理だのなんて高尚な話しとちゃうねん。
ようは配管とか金属の耐久性の問題。すげぇ幼稚なというか単純な問題。
PL法だか製造物責任法だかを適用すれば絶対に動かすことなんかできない機械じゃないの?
ガスヒーターで責任問われた会社があったけど、何で東電はそういうので問われないの。
こんだけの汚染被害を生み出して。日本の山河をことごとく汚したんだよ。
「福島原発の放射性物質、西日本にも」研究チーム解析」
http://www.asahi.com/national/update/1114/TKY201111140338.html

今後30年は消えないし、山から河へ海へと汚染はすすむ。

豊葦原瑞穂の国。トンボの楽園だった国土。み~んな台無しじゃん。
でも、なんとか生きていかなきゃならん。

あぁ、なんかまとまらん、このへんで(笑)
  1. 2011/11/22(火) 22:21:47 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

病が肩甲骨の下に隠れる、を読んでなるほどなーと思いやした。
東洋医療の世界では古からの教えだったんですね。
近頃やっと、肩甲骨周辺のストレッチなんかも多数紹介されて、ここを柔軟に保つ重要性が機能的にもクローズアップされるようなってきたけど、自力整体の矢上さんなんかは、随分前から、肩甲骨の下を(自分で)マッサージするとう言い方してたもんな。 
鍼灸出身だけありますな。
これやると、爽快なんだ。
ブルース・リーなんか、もっと前から体現してた。
ドラゴンへの道の、対チャック・ノリス戦前の準備体操シーンで、リーが肩甲骨むにゅーって(笑)せり上げるところがそうなんだけど、それにとどまらず、二人の背中の形状を見比べても、リーの背中の柔軟性は特筆モンだってのが判ります。
一枚板と細分化されたジャバラの違いとでも言うか。
あれぐらいしなやかだとイイーですな。
(ガチンコならチャックが数段上なんだけど、それじゃ夢がない 笑)
やはり基本は、低温で硬い、即ち血流の滞るところに病は潜む、となるんすかね。
甲と甲を後ろで引き寄せた時に、背骨を中心にして左右の甲に潜り込む部分がじわーと伸展して、かーっと熱くなる。
光さん見立ての、膏肓より、肩甲骨の脊柱よりの辺り全般とあるのが、至極、体感で納得させられました。
  1. 2011/11/22(火) 22:24:46 |
  2. URL |
  3. 陣中見舞い #-
  4. [ 編集 ]

おー、陣さん、素早いコメ感謝です!

やっぱ、違うっすね。さすがです。よりクリアーになりました。再感謝(笑)

ガチンコだとチャックが上なの?そりゃちょっと何ですな(笑)
でもあの準備体操での肩甲骨ムニューは見応えがありますね。あと広背筋をブワーって拡げるのね、コウモリかいな(笑)

そういえば、子供時代は毎日川へ洗濯じゃなくて魚とりに行ったもんですが、川底にあるデカイ石、とくに平べったい石を
クランッってひっくり返して、カニとかヤゴを見つけるのが楽しかったの思いだした。
平べったい骨も、病の妖精が好んで潜むにはいい場所なんでしょうな。
こういう病邪「びょうじゃ」なんて概念が普通に認識できるようになると貴方も東洋医学の世界にいらっしゃ~いです(笑)
邪とはいわく、冷え、熱、固形感、凝り感、重さ、痛み、突っ張りなど。
それらをもたらすのが、内因、外因、不内外因。
  1. 2011/11/22(火) 22:54:23 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

「万病一邪」と看破したのは江戸期の盲目の名医・鍼医の葦原検校。
彼は我が術に相当自信があったようで著書には「癒えざる者なし」なる文言が多々散見されます。
日に100人は治療していたそうです。

その葦原検校を発掘したのが横田観風氏。氏はさらに発展させ「万病一風」論へと昇華させています。
単純にアッシ流に解釈すると、たとえば冷たいモノばかり好んで飲み食べすると、その冷気が腸管上皮の機能を低下させる。
すると、体内の様々な部位にその冷気が伝播する。その冷気を消すために身体は熱を発生させ運んできて、その冷たくなった部位を
温めようとする。この時に体内に「風」が生じる。これが「冷え」が起点となり体内に発生した異常な動きである「風」。
まず冷えという邪気があり、それを求めて熱邪が生じ、そこに流れができ風が発生する。
因(冷え)を追い果(熱)が発生するがゆえの発熱現象という観方。
熱が勝手に出るのではなくて、熱の発生する原因があって熱は発生すべくして発生するという思考法。
ホントはもう少しニュアンスが異なるかもですが、こんな考え。

あとひとり。西の風である藤本蓮風氏。奈良に住まう第14世鍼医。300年続く鍼医の家系の嫡男・継承者。
この方は北辰会という団体を主催する総帥にして全国200余名の門下生を抱える。弟子には西洋医も在籍する。
その術は中医学の弁証論治を基調としながらも、あらゆる引き出しを使う。初診の問診には2時間もの時間をかける。
その問診にて、患者は「私のことをこれほど誠実に聞いてくれてありがたい」と涙を流すという。
この時点で8割方の治療が済んでるとまで言われる。そして、望聞問切の4つの診断法のみならず、あらゆる可能性を
考慮して最終的に絞られるたった一つか数穴のツボ。この選び抜かれたツボにたった1本の鍼を打つことで、余命がないと
言われた末期の膵臓癌の患者を2年以上も延命させる。
しかるに口も過激であり、極めて挑戦的でもある。が、もっとも鍼灸界の将来を憂える自称「鍼狂人」

西の蓮風、東の観風、真ん中へんの風見鶏キョロキョロどこ吹く風はオレ(笑)
陣さん、こんな感じです、今の鍼灸界のいっちスゴイところは。あっ、オレは関係ないっすよ、もちろん(笑)
もっといろんな流派があるけど、とりあえずちょっくらウチラの業界の内部事情です。
アッシは今はどこにも所属してないので、テンデ情報音痴ですが、それでも日々の診療の参考にさせて頂いてもいるのは上記の2氏
の著書や講演録です。それ以外も間中善雄博士の論はいつも頭の片隅にありますが。

さて、ガルウィング、サモトラケノのニケ、アラレちゃん。
みんな羽根を伸ばしてますな!肩甲骨って元は羽根かいな?するってぇと、手羽元は上腕骨かいな?
ようわからんが、骨盤と肩甲骨がどうも気になるカタチの骨です。
あとは頭蓋骨かな。これはまあ、かなり複雑な感じで組み合わさってるけど、実際は頭蓋骨も全部くっついて閉じた感じではなくて
けっこう動いてるらしいね。まあ、動いてないって考えるほうがオカシイけど。

ツボの膏肓もまだまだ考察の余地ありです。
左の膏肓穴ね、これをめがけて背後から弓矢で射るとしたら、心の臓を貫くんじゃないかな。
そういう意味でもけっこう「病膏肓に入る」はなんか重大なこと言ってるっぽい。
左右の両肩甲骨を挟んだ領域だけでなく、皮膚上の空間や、内部の心臓や肺、脊柱、さらに脇に至るまで、4次元的に
捉えたほうがいいかもしれない。

以上、個人的な思索をもカキコしまして恐縮です。

>低温で硬い、即ち血流の滞るところに病は潜む
ここ、しびれました!
こういう表現ってなかなかできるもんじゃないです。
すげぇっすよ、陣さんはホントに(笑)

  1. 2011/11/24(木) 00:09:58 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

除染については意見が割れるようですな。
なんか汚いモノを移動してるだけのような気もする。

【地域社会を崩壊させる放射性セシウム】
http://www.olivenews.net/news_30/newsdisp.php?n=118329

しかし、トーデンだのセイフだのってぇのは、それ相当の懲罰を受けてしかるべきではなかろうかね。
  1. 2011/11/24(木) 00:23:08 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

東の観風に西の蓮風。
東西リアル鍼灸界の二風!いいっすね!
なんか、日本画界の三山(さんやま)、東山魁夷、杉山寧、高山辰雄みたいで。
ここに、加山又造、平山郁夫を加えて、五山になるわけですが、
鍼灸界は、二風に中庸の風、光さんを加えた三風で行きましょう。(笑)
あっしの好きな藤枝梅安は、江戸にありながら、性格上間違いなく西の風の流派に属したと思われるのだが、その制御不能の強き正義感故にテロルの道を選択してしまった。(笑)
彼は後年、滅しても、滅しても湧き出でる「邪」を滅する事の儚さを悟る事となる。
黄泉への旅支度、彼の半生を突き動かした、邪は滅するべきという過ぎたる正義感を、これまた偏りの顕れ、位置を異にした同根の病であるやなしやの思いが脳裏をよぎるのであった。(想像 笑)
しかし、彼がこの世に残した疑問は途切れる事無く漸次昇華され、
時代は下って、彼の属した流派から、因の因、本当の因は何処にあるや? 
を追求する後進達が続々と輩出される事になるのです!(これまた想像 笑)

本来の医道ですよね。
二時間の問診は当然でありましょう。
状況が許すなら、一日でも二日でも寝起きを共にすべきかもしれない。

これを書くには理由がありまして・・・。
以前、自分を救ってくれた中国鍼医の話を書いたんですが、
書いたその後ですよ。
ホントにホント、全く記憶てのは摩訶不思議、書く事によって、実は四十年も欠落していた記憶が忽然と甦ったんです。
自分で感動しちゃった。 

これが、その部分。
あのドラスチックな施術を施された後に、件の鍼医から一枚のメモを手渡されていたのです。
後は一週間、ここに通いなさいと。
メモに書かれた先は、先生の先生、つまり大先生の所在地。
初老の日本人鍼医でした。
初診では、やさしく「誰の紹介で来たの?」と質問されて、かくかくしかじかと応じたら、
「あ、そう」で終わり。(笑)
それからは、淡淡とした施術の日々。
全くショーモナイんですが、小僧のくせして、こちとらサビの効いたモンが癖になっていて、もの足りないんだ。
「先生、いつ血抜くんですか?」なんて聞く始末。
で、対する先生の一言は「やんないよ~」。(笑)
日々淡淡と鍼を打って貰って、最終日。
今日で終わりって日に、先生がまた聞くんですよね、
「誰の紹介だっけ?」。
(なんや、おっさん! だから~)「かくかくしかじか○○先生、知らないですか?」
「あー、そうかぁ、いたいた」
「生徒さんも一杯いるからさー」
「でもいつのまにか、いなくなちゃったんだよねー。」
「奥さんが中国の人だったね」だって。
「あの先生も中国人でしょ?」
「違うよ~ (笑)」
「?!!」

ある部分、自分は記憶を捻じ曲げていたのに、その記憶を信じていたんですね。
(だから世に出まわる回顧録ほど疑わしいものはない 笑)
四十年以上も経て甦った記憶だからこそ、判る事があります。
その第一は、己の因の因、業に由来するのだけれども、生来、極に走りがちな性分から、サビの効いた事象に価値観を置いてそれを美化するキライがある。
故に、陰から陽へのジェットコースターの様な大転換を図ってくれた中国鍼は記憶に留め、英雄視し、その大振幅を中庸に治めてくれた和鍼を忘却の彼方に追いやったんじゃなかろかと。
静でいて自己主張のない鍼、実はこちらの方にこそ真理に則った中庸の道があったのではなかろかと、今は思うのです。
師弟関係は、今となっては想像ロマンの世界です。
紆余曲折の後、陰陽の好転反応を試みた上で、その限界を識り、後を先生に託す弟子も立派なら、後を託された先生の黙々とした中庸の道を歩む姿もこれまた立派。
いやはや、四十年を経て、自分は、両者に頭を垂れるのです。
  1. 2011/11/24(木) 08:50:25 |
  2. URL |
  3. 陣中見舞い #-
  4. [ 編集 ]

正直言うとアッシは「おもんさん」に惚れたクチです(笑)
焼けぼっくいに火が付いちゃった!また読み直そう。通算15回目くらになるかもね。
なんせ宅浪中になぜか読んだ「殺しの四人」。まさか鍼灸の世界に身を投じるとはその時は思いもせなんだ。
今から23年前の19歳の頃だもの。しかし、偶然は必然であるわけで、オモロイもんです。
梅安たち男がすなる料理、がまたイイんだ。根深汁は冬の定番。今年はちょろっとゴマ油を垂らしましょうかね、うふっ(笑)
池波さん(先生とか氏は似合わない、やっぱ恐れ多くも、池波さんと呼ばせて頂く 笑)は鍼医でありながら殺し屋という
なんともいえない独創的なヒーローを創りだしたわけだけど、くだんの西風さんは、このエンタメに対しては微妙なスタンスの
発言をされておりますな。もっともそれほど否定的ではないですが。
アッシは池波さんは鍼灸界の恩人かと個人的には思っとります。
ネタばれになるからあんまり詳細は触れないけど、ある登場人物に鍼治療の本質を語らせています。
わずか一行ほどで、鍼の素晴らしさを看破されてます。池波さんご自身が毎週1回、必ず決まった鍼医に通っていただけのことは
あります。それで脊柱の両側の肉を随分と減らし、とおりの良い身体になったとエッセイに書いておられました。

>状況が許すなら、一日でも二日でも寝起きを共にすべきかもしれない。
これね、「場の治療」って言って、ホントにある。ようは家族の中でひとりだけが具合が悪いんじゃなくて、みんな具合が悪い
みたいなウチに行ってあげて、一緒に寝泊まりする。そうするだけで、みんな具合が良くなってくる。
中健次郎さんの講演録にでてくるエピソード。中国の達人レベルだとこういう「場の治療」ができる人がいるそうです。
そんだけ、その治療家の気場というか電場が強いんでしょう。

>「先生、いつ血抜くんですか?」
おもろ過ぎ(笑)寛平ちゃんが出てきそう。血吸うたろか~って(笑)

でも感慨深いお話を聞かせて頂きまして感謝しきりです。
ちょいと無理矢理ですが、弟子が治療時に用いた「意念」は「動中の静」であり、師匠が使ったのは「静中の動」。
どちらも高度な術ですな。淡々と鍼を打ちながらも、意念はグルグルと経絡を臓器を皮膚面を大気中を巡っているはずです。
スパスパと打ちながらも、その胸中は静かにあくまでも子供の陣さん(笑)の経絡を気をいたわりながら、邪の動静を凝視して
いたはずです。一見なんの動きもないような鍼術の世界ですが、極めて鋭敏に気は動きまわっています。

アッシが盲目の師匠について手ほどきを受けたときの話しを少し。

アッシが被験者に鍼を打つ。
師「そこじゃない、いや違うねぇ、ぜんぜん外れてる」
私「・・・(なんでよ~、ここがツボじゃないのかよ~、もうどうにかツボに当たってくれよ~)・・・(冷や汗たらたら)・・・」
師「うん、当たってるね、いいよ、気が立ち昇ってきたよ」

この間、師匠は半畳くらい離れた位置に端座してい、自分の脈を診ていたと記憶している。

全部観えてるんです、あの人たちには。
師匠が「気が・・」、って言った瞬間に、自分にはっきりと光の粒が立ち昇るのが見えたんです。
まるで、ロウソクのような、炎のような、光のシャワーのような。
鳥肌が立ちました。カルチャーショックでした(笑)これがいわゆる鍼術における最初の至高体験でした。

つうことで、「箸の医学」、「フォークの医学」、という分類を思いついていたことを思いだしました(笑)
幼少から二本のお箸を用いてご飯をはさんで静かに口に運ぶ民族と、肉を突き刺す民族では、生み出される医学の様相も
違ったものになるのではないか、と考察していました。

微風が起こせるくらいにはなりたいもんです。
下風ならいつでも起こせますが(笑)


  1. 2011/11/24(木) 23:18:49 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

癌患者というかガン化のすすんだ身体ってのは、どう治療しても元に戻せない場合もある。
つうか、もうそういう状態で身体全部が動いてる。その状態で動的恒常性を維持してる。
治療師立ち入るべからず、の領域になってしまってると、もうどうしようもない。
今の民主党も一緒かも、つうか、今の日本という国のすべてか、もしくは世界の機構すべてが、か。
しょうもないことを言ってもしょうもない(笑)んだけど、やっぱ危機的な状況には変わりないと思う。
くれぐれもご用心を。アッシはまた風邪がぶり返りしてまんがな。ったく不養生の祟りだと思いたい。

都内3ヵ所ストロンチウム 経産省前・有楽町などで検出
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/604.html
  1. 2011/11/25(金) 13:47:00 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

「身体と体液の解離(腫大、充血、化膿など)は病気を排除する自然(フシュス)の力である。
 疾病の治癒は、生体に備わっている自然の力が最も大きな役割を果たす」 ヒポクラテス

「すべて病気は、その過程のどの時期をとっても、程度の差こそあれ、その性質は回復過程であって、
 必ずしも苦痛をともなうものではない。病気とは、外因によって侵されたり内因によって衰えたりする過程を癒そうとする
 自然のはたらきである。」
「病気とは何か?病気は健康を妨げている条件を除去しようとする自然の働きである。それは癒そうとする自然の試みである。
 われわれはその自然の試みを援助しなければならない」 ナイチンゲール

「もし害物来たりてこれを侵すものあれば、これに対して反応作用を起こして抵抗せんことを試む。その反応作用はすなわち
 発熱となり、喀痰となり、嘔吐となり、下痢となり、膿潰となり、下血となる。人これを称して疾病という」
「(コーンハイム氏、メチュニコッフ氏、レーベル氏)以上三氏の所説によらばすなわち、いわゆる疾病なるものは病毒に
 対する身体の自然良能たる反応作用にして、病まんがために病むものにあらずして、癒えんがために病まざるべからざるもの
 ならんことを知らん」
「真に『自然良能』を補う医療は漢方である」 漢方医・和田啓十郎


いやはや、諸先生方の御説はごもっともなんすがね、久々に38度超えの発熱はこたえまんがな。
まあ、いつも通り『vis medicatrix naturae ウィス・メディカトリックス・ナチュラーイ』である「病を癒やす自然の力」に
任せましたが。そんでも経過が苦痛だけではないってぇのは、いささかね、けっこう苦痛じゃん(笑)

さてそれはともかく、けっこうニッポンは切迫した事情が多すぎます。
こちらはバズビー博士から
福島の子供たちに心臓病増加の危機!セシウムが影響!バズビー(字幕)
http://www.youtube.com/watch?v=OmTz_VuFovQ&feature=relmfu

そんでまあ、白血球の活性化ってことで
「コバルト60の放射線致死量照射後のマウスに桂皮酸ナトリウムを与え、犬にも桂皮酸ナトリウムを与えるとともに
 放射線障害末期ではスルファニルアミドを併用すると、いずれも動物の生存率をアップさせることができたとともに、
 末梢血液中には白血球および血小板数の増加がみられた」駱和生 訳・丁宗鉄「免疫と漢方」谷口書店より

つうことで、京都に行ったら、駅最寄りの居酒屋でほろ酔い加減のぴょんさんを見かけるもよし、
放射線障害を予防するかもしれない肉桂入りの「八つ橋」を買うもよし。
  1. 2011/11/28(月) 14:22:20 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

名人は切り出し一本!。
これは、パソコンはおろかプリントゴッコもこの世に存在しない時代、年賀状を版画で作成していた頃、版画好きの小学校の恩師の言葉。
自分は、この言葉を目標に木版を彫りまくった記憶がある。
大概の作品は切り出しと二、三の彫刻刀で用が済んで仕舞う。
当時の文房具店で売られてる標準は五本セットじゃなかったかな。
七本、八本セットは豪華版で、庶民には高嶺の花。
それなのに、ヘタッピーほど、デパートで買い求めた豪勢な十二本セットみたいのを学校に持ってくるんだ。
おい、どうやって使いこなすんだよ?って、そっちのが難しい。(笑)
切り出しの使い方に慣れると、紙に書いたペン字の誤りなんかもナイフで薄く削除して、書き直すなんて、おちゃのこサイサイでよくやったもんです。
(墨の場合はそうはいかない。逆に墨で描いた名書、名画の紙を表具師が、紙の厚さを二枚に裂いた、贋作と呼べない贋作なんてのも世にはあるらしい。笑)
リンゴの皮むきなんて、薄く剥いた皮が一本でつながってるなんて、小学生じゃあアタリマエだった。
いまじゃどうだ、小学生? きっと高倉健より不器用だ。(笑)
長じて、中学の美術担当の先生は自ら個展を開くような、これまた本格派。
この御仁には、棟方志功のまさに一刀入魂、そのド近眼を版面にすりつけるような、版上でうずくまる、異様で鬼気迫る姿勢で大きな作品を彫り進む模様をスライドを見せてもらった。
そこには、姿勢といい、彫りだす先にもう片方の手が置いてあったりと、素人ご法度の世界が展開されていたんだけど、先生は言ったね、これでいいんだ、すごいんだ!と。
素人の基本と天才の基本、この見た目の相違を、道具を使う精妙な身体意識の次元の違いとして、初めてこの先生は語ってくれたんじゃないかと、今に思う。
光さん、「箸の医学」、「フォークの医学」の指摘、誠に深い。
おら、この数日、医学を文化や哲学に置き換えてその事考え通し。(笑)
道具が育てる、与える身体意識について。
最小単位の道具を基に、身体意識の精妙化を無限にまで展開する道と、
身体能力を固定し、拡張子としての道具の進化に可能性の拡大を図ろうとする道について。
発見はいろいろ、また書きます。
それよりも風邪の件、釈迦に説法ですが、(笑)養生徹底で!
おら、野口晴哉先生流に言えば、’風邪も引けない鈍感な体’で、それはそれで問題ありと思ってる。(笑)
光さんの例の息を呑む修行シーンは、絶対、オレが作る映画のワンシーンで使わしてね。
今から予約。(笑)
  1. 2011/11/28(月) 17:00:35 |
  2. URL |
  3. 陣中見舞い #-
  4. [ 編集 ]

陣さん

たいへんありがたいコメです!一服の清涼剤を飲み干した気分です。
いやけっこうキツイっすね、熱で呻吟するのって(笑)

私「いやだからさ、風邪なんてのは身体からのメッセージなわけでさ・・・」
家人A「(軽く怒気を含んだ口調で)メッセージをちゃんと聞けよ!ワハハ」
家人B「(静かに諭す口調で)何でアンタはそのメッセージに気づかないの」

獅子は我が子を千尋の谷に突き落とすそうですが、ウチの女衆はみんな優しいっすね(笑)

野口晴哉氏は「風邪の効用」つうか「上手な風邪のひきかた」を講義されてますね。
まあ、メディスンマンのスウェトロッジ体験だと思えればいいんだけど、だいぶ様相は異なりましてミジメなもんです(笑)
今後は多分、養生徹底でいきます。

道具と身体観では、かの甲野氏がノコギリの挽き方ってことで一論ものしてますかね。
もっと根源的に指先に、指の腹に当たる感触ってのが文化全体をはぐくむのかもなんて思いますが、これたしかに大きなトピック
になりそうです。アッシもいろいろ熟考してみます。

あたたかい労いに誠に感謝!
  1. 2011/11/28(月) 17:51:47 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

あのワンシーンね、先にアッシの「何じゃこりゃ~(優作風)」って体感が来て、間髪入れず師匠の一言「うん、当たってる」だった。
だから師匠の言葉での誘導で幻影を見たわけではないっす。
その後も別に見たかないけど、3回ほど普通に見えてしまった。
「また来たぞ、何じゃこれ」。邪気が噴出してるなんて西風氏は仰ってますがね。アッシが見てるのは一体なんなのかは知らない(笑)
何でもええんすよね、ようは患者さんが楽になれば。目的はそれだけだから。

切り出し1本!いい話しですわ。
足でいうと、下駄や草鞋は鼻緒を足の親指と示指ではさむ。
これが恐らくやっぱり何かとんでもない文化的素養をはぐくんでたはず(笑)
しかし「箸」は考えるだに繊細な食器ですな。
どうあっても武器まで発達しない。いいとこ武蔵の二刀流くらいか(笑)
西洋のフォークやナイフは重機や武器に発展する感じありあり。
まあ、だからって日本人礼賛論を展開する気はさらさらありませんが。

いや早とちりで突っ走り気味でスンマセン。養生徹底で寝ます(笑)
  1. 2011/11/28(月) 22:46:25 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

甲の上、甲の下、つまり両肩甲骨のあいだの部分を柔軟にする提案がビンゴでした。

立川談志師匠がお亡くなりになりまして、ご冥福をお祈り致す時分ではありますが、一門の立川志らく氏の祖父にあたる
深谷伊三郎は灸治療の名人でありました。その深谷の著による「お灸で病気を治した話」のバセドー氏病の治験録にある
取穴(しゅけつ・ツボの選択)がまさに両肩甲骨の部分に集中していました。膏肓穴(こうこうけつ)もしかり。
バセドー氏病の時には、肩甲間のツボに反応がでる。そこへ灸治療をすることで完治した例がでていました。
かの原志免太郎博士もバセドー氏病を灸治療で治しきったそうです。

今時、ヨウ素131の被曝により甲状腺の異変を心配するご時世です。
肩甲骨のあいだを柔らかく保つことが一助になるかもしれません。
前部には胸腺もあります。ここにも効くかもしれません。

以上、拙速ながら。

では今夜も早寝シフトです(笑)
  1. 2011/12/02(金) 20:49:13 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

お、光さん

本調子に戻りつつありますな?
おらね、ちょーど三日前、座った姿勢から、左上方に有る物を右手で取ろうとしたら、悪魔の一撃か、天使の警笛か?
まさにまさに、今話題の右膏肓の深奥部にズッキーンと痛が・・・。
やっちまったーと思った。
単なる筋肉痛に思えなかったんですわ。
というのは、このところ嫌なデスク・ワークが多くて、アホの極みなんだけど作業しながら四六時中タバコの煙あげてるしコーシーガブ飲みでしょ、それに飽きたら焼酎いってみよかー、ビールじゃ体冷やすしなんてやってたから。
オマケに時間に追われて根つめてると、麦の水や米の水のガソリンをフル充填してるから、飯はしょーりゃーく!
更に、気合だ気合だ! ガソリン注入!だって。

三日前に、キッチリ信号が送られてきました。 
アホです。
こんな事続けてたら、魔界に直行だよね。
そんで、直ぐ書庫(近くの本屋)に走って、膏肓を調べると、
『心臓と横隔膜の間で「薬の効き目が届かない深いところ」 疲れや病気が長引くと、ここに反応があらわれる』とあるじゃない。
おー、オマエは既に冒されてる、の世界です。(笑)
アカン、健康を語る資格なし。
痛みは48時間でとれたけど、生活そのもの変えなければ。
フルモデル・チェンジにかかります。
生活改善!魔界転生!
  1. 2011/12/04(日) 06:36:34 |
  2. URL |
  3. 陣中見舞い #-
  4. [ 編集 ]

クソ真面目でデカダンな日々にアッシもシフトチェンジしてる最中です(笑)

ここんとこ娘と同じ時間に寝てる。だいぶ戻ってきた!
そんで逆歩術も再開してる。いろいろ発見あり。

イレギュラーな事が起こると身体をより深く理解できるかも。
アッシの兄弟子つうか半師匠なんでね陣さんは(笑)ご自愛下さいませ。

また、ここの健康関連も充実させます。
  1. 2011/12/04(日) 07:04:51 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

明日は仕事がオフなんで今ひと眠りして起きたとこ(笑)軽く無礼講、そう、クソ真面目ばっかでは息が詰まる(笑)

陣さんがこっちにカキコし出した時のHNは「基本」だったっすよね。基本って大事です。
今日、何気なく桜沢如一の「病気を治す術、病人を治す法」をパラッと読み返したらこんな一節が目に飛び込んできた。

「人間は絶対に自分以外のモノを信じてはならない。このコトがわからない限り、君は絶対に自由な健康な幸せなタノシイ人生は
 送れないのだモノ。」

311が浮き彫りにしたコトとは、これではないかと。あまたある情報から何を選択しどう解釈するかはすべて自己責任。
そりゃあ、政府やトーデンは嘘八百しか言わなかったけど、それを信じるも疑うも自己責任。
だから、放射能対策も誰が何を言っても結局は自己責任だと思う。
何をしたっていいわけだ。自分の行動に主体性を維持できてれば。
クソ真面目でもデカダンでもどっちでもいいと思う。所詮、人間は200年なんて生きられないんだから。
せいぜい80年くらいがいいとこでしょう。オールド・パーみたいに150歳までピンピンで長生きする人もいるけど。
もっともアッシは灸治を開始してるからね。長生きのためではなくて若くいるためさ(笑)
原志免太郎博士を見習ってね。

さて叩き台をひとつ。ノーマル車両を用意しました(笑)

「人間の輪郭は骨格で作られる。いま骨格に肉付けをした時の成体の重さを考えてみよう。
 体重50キロの人間の各部の重さと、体重を100%としたときの百分率は次の通りである。
 頭3.5キロ(7%)、胴体23キロ(46%)、片側の上肢3キロ(6%)、片側の下肢8.8キロ(17.5%)。
 体の重心は骨盤内の第2仙椎の付近にある。ただし以上は平均値であるから多少の個人差がある。」
                     三井但夫「新版 人体解剖学入門」創元医学新書より

この正説をアッシら流にカスタマイズしてしまおうかという企画でんがな(笑)
ようは二足歩行をした進化?した猿が手に入れた身体の黄金律がこの%表示でしょ。
これをじっくり吟味してみれば、どんな風に身体を扱えばいいかわかるかもってこと。
一見して下肢の占める割合が多いことに気づく。
これがまずポイントかな。あとは、これからじっくり料理しましょうかね、陣さん。

カウンタック風にするもよし、三菱ジープ風もよし、ですな(笑)
アッシはちょいと前からジープ系が気になってしょうがない。
次ぎに乗るならジープみたいなの、乗りたい。あっ、どうでもいいことなんだけど。

食関連では、まあ、シイタケなんかね、マクロファージを活性化するね。
シナモンもね。ニューサンキンだけではないっすね。他にも可能性はいっぱいあるからね。

じゃあ、まずはこんなとこで(笑)
  1. 2011/12/04(日) 23:41:40 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

逆歩術を1時間、次の日に30分、やったら大八車がジムニー+バッド・モービルになったくらい下肢の機動性が高まった!

なんかすげぇぞ、逆に歩くのって(笑)ジェネシスじゃん(笑)
いやこういうのは実感するしかないわけで勝手に言ってろなんすがね(笑)

そんでツボの「膏肓」はちょいと鍼灸の基本的な文献をあたってみるとこれがなかなか奥が深い命題でして。
いわく「膏の原は鳩尾に出で、肓の原は脖胦(ぼつおう)に出ず」『九鍼十二原篇』
とあり、ツボ・鳩尾は胸骨体の下端一寸、脖胦(ぼつおう)は臍下一寸五分のツボ・気海のこと。
で、ようは前胸部と下腹部へと通じる門でもあるのが「膏肓」というツボの面白さ!
二次元ではなく三次元的に捉えないとツボの真理がみえてこないようです。
グルグル身体中の内外が経絡という流れ、ネットワークでつながっていて、ここの窓・ツボを開くとあそことあそこに通じてしまう。
魔法の窓やな、ツボって!
肺、心臓、肋膜などの病を総括して膏肓の病といったようです。
膏肓に灸する場合は、必ず「気海」と「足の三里」におさえの灸をせよ、
膏肓に灸して性慾亢進せる場合は、謹んで慾をほしいままにせぬように、などの注意もありますな。
アンチエイジングにもつかえるツボでしょうね(笑)
「気海」は一般的には丹田と呼ぶ位置。芸事の重心がここにある。
「足の三里」は、松尾芭蕉が旅に先立ちてすえたことで有名なツボ。すぐに位置が思い浮かばない人は日本人にあらず(笑)

つうことでかなりマニアックなネタになっちまいましたな(笑)
  1. 2011/12/05(月) 10:16:18 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

TPP推進論者はイカレたキチガイしかいませんな

中野剛志TPP問題講演1/8

http://www.youtube.com/watch?v=vMeZ7OsNtrs&feature=relmfu

【TPP】犯罪レベルの偏向報道【全てが嘘】

http://www.youtube.com/watch?v=f5d7SisU490&feature=related

日本人が気がつかないTPPの罠

http://www.youtube.com/watch?v=nV4p9i7cA1g&feature=related

はいはーい爆弾投下、バンカーバスターを野田総理と孫小山と石原慎太郎に打ち込もうぜ
  1. 2011/12/05(月) 11:26:55 |
  2. URL |
  3. 矛盾の味方・李栄進 #-
  4. [ 編集 ]

これは、相当に難儀で、やりがいある面白い企画だ!
全ては「重心」にかかってまんがな。
どれほど多くの不幸が、体重心のズレから生じている事やら。
これは、個人の健康の問題にとどまらず、家庭や社会の領域に至るまでをカバーする大問題だ。(おっと大上段だ、しかしホントだ)
かつて経験した、言語を絶するほどの痛みを伴う腰痛や坐骨神経通は勿論、事業不振や家庭不和に至るまでの原因を深く深くたぐった時に、私は、己が己の体重心を識らない事から全てが始まっていた事に気付いた。(笑)
どうして己の重心を測れぬ者が、他者との重心を測れましょうや、家族や社会という集団との関係性においては尚の事。
個々人のブレてブレまくりの重心が、家族のブレを呼び、国のブレを呼ぶ、ひいては天下を傾かせるのです。
まずは、個々人が姿勢や動きによって移動する重心を体でつかまえる事から始めるのが「基本」だ。
前置きが長かった。(笑)

>体の重心は骨盤内の第2仙椎の付近にある
他者への説明には、
これが、サンプル重量と理想的直立姿勢を基にして、解剖学的見地から割り出された、たまたまの結果なのか、普遍的な真実なのか、から始めにゃならんでしょうね。
光さん、
経験則も踏まえて、一度重心について総ざらいしてみます。
じっくりやっていきましょう。
それぞれが用途に応じて、自在にカスタマイズできる方法論を提示するなんて粋でっせ!
余談ですが、
サンプルを例にとれば、体の重量比は 上体:下肢=65:35になりますな。
はしょりますが、理解の便宜上、
ここに歩行エンジンとしての腰部(骨盤二つ分)の概念を胴体から分離すると、
上体:腰部:下肢=35:30:35になるんじゃないかと。
重量ばかりか、馬力発生源として腰部と連なる筋肉群までを広範に腰部と捉えた感覚、その重要性までも加味したバランスは、自分の中で、
上体:腰部:下肢=30:40:30 くらいまでになります。
  1. 2011/12/05(月) 21:40:52 |
  2. URL |
  3. 陣中見舞い #-
  4. [ 編集 ]

今日は聖ニコラウスの命日ですな。こっちがホンチャンのクリスマスでんがな(笑)
つうか、サンタさんのモデルが亡くなった日が今日っつうわけ。どうでもいいんだけど。
ついでにあのサンタの衣装をデザインしたのはコカコーラって会社で、クリスマスにプレゼントをって企画は
モンゴメリー・ウォードってデパートのビジネス戦略。こういうことばっか言ってるとカミさんに嫌われる(笑)
異国の風習もけっこう歪んでまんがな(笑)

それはともかく、重心を失った国家ってのは危ういですな。
そのフニャフニャになった国家につけ込むのが惨事便乗型資本主義をモットーとするグローバル軍団です。
「ショック・ドクトリン」ちょろっと読んだけど、洗脳のテクニックがすげぇね!
電気ショック与えると、記憶がぶっ飛んでしまう。そんでいろいろヤバイ事して今までの人格を消してしまう。
でも、結局、人格が破壊されるだけで、新たな人格を植えつけるまではいかない。
ここにアッシは人間の尊厳を垣間見ました。どんなにおかしくされても、あくまで自己の記憶をたぐろうとする被験者たちの苦悩に
心打たれました。人間を甘く見るな!てやんでぇ、ベラボーめ!
あっ、話しがちょいと飛びました。
ワンペアさん、よい本をご紹介頂きありがとうございます。
生理学的な部分で大きなヒントを頂きました。
ボケないためには、恒常的な感覚入力が必要だ、ということ。
あっ、もう少し練ってまた開陳します(笑)

>上体:腰部:下肢=30:40:30 くらいまでになります
これって肥田春充っぽいバランスですね。
機能的にはこのバランスがベストでしょうか。
アッシは下肢の機能を100%引き出す方法を思いついたとこ。ようは逆歩だけど(笑)
このネタを含めて健康関連は確かにオモロイのでじっくりいきます(笑)
  1. 2011/12/06(火) 13:38:10 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

>解剖学的見地から割り出された、たまたまの結果なのか

多分、死体解剖の結果から出てきた標準値ってとこかね、このサンプル説は。
だから、意識的な重さみたいな生の身体感覚は考慮されてないし、重心が第2仙椎のあたりってのも
骨格標本をおっ立てたりして、このへんか、って感じでやっちまったんじゃなかろうかね。あくまで当てずっぽうな見解(笑)

現実の身体感覚ってのは、もっといろんな要素が入りこむ。
疲れがあれば、そこが重くなる。
風邪になれば頭が重くなる。
リアルな重さはこっち。

さてこんなとこで、おいおいいきまっせ(笑)
  1. 2011/12/06(火) 21:07:09 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

ワンペアさん

アメリカのある部分は本当に異様なまでにキチガイじみた世界ですね。
驚くべき人権侵害であり生体実験であり人種差別。
でもいまだに自由の国アメリカなんて思ってるのかもしれないのがわが国の皆様。
もっとも米へ留学する学生も減ってきたようで、案外、若い層は気がつき始めてるのかもしれません。
アッシもジーパンはいてジェームス・ディーンを気取ったクチですが(笑)ちっと足の長さがね(笑)
足なんか短いほうがいいんだわ、機動性があって、長けりゃ邪魔になることもある(笑)

そんで重心なんすがね。
古代の中国の仙術なんかでは「踵で呼吸する」なんて言って足首あたりを重視してる。
これだとかなり重心は低くなる。安定性ってことならこっちかなとも思う。
逆歩術を長時間やってどこが痛くなるかって言うと(笑)今回は足首だった、つうかフクロハギが痛んでる。
前回は右の腰にキタ!だからちょいと身体が進化したって思ってる。
腰へ負担かけずに逆歩できるようになった。そのかわりに下肢の下部を主に使ったってこと。
まずは、このへんで(笑)
  1. 2011/12/07(水) 06:44:31 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

近年の脳ブームがね、重心をうんと「うえ」に上げやがった!てやんでぇ(笑)
うつ病も増えるわけよ。こういうのオレらに言わせると「逆気」とか「気がうえに上がる」って言ってね、決していい状態ではないの。
はやい話し、うわついた身心の状態ってこと。あるべき重心にエネルギーが充填されてないと、外邪に侵入されやすくなる。

身体ってのは衛気(えいき)というバリアーみたいな電磁気フィールドでくるまれてる。繭みたいに。
そんでこれが弱くなると、そこの弱くなったところへ冷たい風や湿気があたって、皮膚内にその冷たい気が入りこむ。
これが風邪の最初期のゾクゾク感。どこに入りこむかって言うと「風門・ふうもん」というツボのあたり。
頭を前に倒すとボコッと出る第7頚椎の棘突起の両側付近のやや下。正確には第2、第3胸椎棘突起間、脊柱の傍一寸五分。
だからここを温かくしてると逆に風邪の予防になる。

そんで、体内の気の流れが潤滑ならば、このバリアー役の電磁フィールドの状態もいい。
でも、なにかの要因で、たとえば内因が生じ、すごく怒ったとかいうエモーショナルなアンバランスがあったりすると
体内の気のバランスが崩れる。気がウエにあがる。またはどっかでつまる。つっかえる。滞る。
それで外部まで気が回らなくなって、バリアーが弱まる。
そこに外邪が侵入する。
普段から脳ばっか気にしてると気がウエにあがっちゃうぞと。

で、あるべき充填された状態ってのは、よく言うように丹田に気が満ちている状態。
下っ腹にチカラがこもってること。重心が腰腹部にあること。
こういうときには、外邪は侵入できない。
ここに気を補充するために「気海・きかい」「足の三里」へ灸をすえる。

つうことで、まあ、脳なんかたいした器官じゃないので気にしない、気にしない(笑)
意識すべきは腹ね。「肚」、この字のハラのほうがいいかな。

アッシは足首をちょいと意識してますがね、最近は。
逆歩してると足首がやわらかくなる。

そんで電気ショックを浴びるとなぜ記憶が飛ぶかって言うと、人間は脳内は皮膚での情報伝達をはじめすべての生命現象は
電気現象であるから。コロイド状のイオンを含んだ体液が流動することで生命は維持されてる。
そこへ極端な電気ショックで介入すれば、いっぺんに身体や意識の電磁気的ネットワークがショートする。クラッシュする。
だから記憶も飛んでしまう。と個人的に解釈してる。
微細なエネルギーが行き交っているのが体内、体外の生理現象。
だから放射能がなぜ怖いかってのもすぐに理解できる。電離放射線だから。
そう体内の電気的ネットワークがズタズタになるの、内部被曝によって。

つうことで、話し色々でんがな(笑)

要点は、脳より肚に重心を。内部被曝は怖い。

でした(笑)

  1. 2011/12/07(水) 13:59:20 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

衛気(えいき)誤→(えき)正
人間は脳内は皮膚での情報伝達ををはじめすべての生命現象は 電気現象であるから。(誤)→
人間は脳内や皮膚での情報伝達をはじめとし、すべての生命現象に電気的なネットワークを駆使しているから(正)

↑ちょいと間違いを訂正。

おまけ(笑)
ブルース・リー 対 チャック・ノリス
肩甲骨に注目!あと子猫がかわいいよ。
http://www.youtube.com/watch?v=TYHZEu7Y7DU&feature=related
  1. 2011/12/07(水) 18:07:28 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

久々に見たらやっぱ綺麗だよね、ブルース・リーの身体って!

ほんでこれって「箸 対 フォーク」じゃんって気がついた!
足さばき、が半端ないっす。まるで箸みたい(笑)

つうことで、怒濤の連投ごめんなすって!
  1. 2011/12/07(水) 19:37:03 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

まあ、リーの身体ってのはディスプレイ用に各筋肉を肥大させてはあるんだろうけどね。
リアルにはイチローの動きとかマイケル・ジャクソンの「ブラック オア ホワイト」のイントロのアフリカっぽい人のダンスなんか
に見られる「しなやかさ」がアッシは理想です。
全身が電気的テンセグリティーで統合されていて、どこにもひっかかりがない動き。
重心はどこかも判然としない、つうか、意識してないんじゃないかな、あの土人風のスタイルでのダンスは、
ようは天人合一の境地、身体と外界がひとつながり。そんな感じかと。
よく丹田を、つまり下っ腹にチカラを込めろ、って言うんだけどね、オレいちどもその感覚がつかめてない。
今イチ丹田がどこなのかよくわからん。だからあんまり丹田がどうのってのは性に合わん(笑)
言っててなんや!なんだけどさ。足首を意識するってのは簡単にできた。
そんで、逆歩してると身体の正中線という軸を意識せざるを得ない。まっすぐ後ろに歩こうとすると、おのずと軸もまっすぐに
なる。だから姿勢が良くなる。別に無理して胸を張るわけではなく、自然にピシッとした姿勢になる。あごを動かさない歩きになる。
これも逆歩術の効能のひとつ。

さて、ちょいと食関連。
311後のウチの新しい食習慣のひとつが、ドライフルーツとナッツのお皿。
干しぶどう、アーモンド、カシューナッツ、クルミ、を一皿にざらっと拡げて、みんなでムシャムシャとやる。
横にフレッシュなリンゴなどあればなお良し。これも放射能対策の一環。
細胞膜の材料となるであろう植物性の不飽和脂肪酸がナッツ類には豊富。だからってのも理由。
あとは、旨いから。これが長続きしてる由縁。あと汚染されてないであろうアメリカ産のナッツだから安心できる。
カミさんのお気に入りは、干しプルーン。大きな便りがうまく届くようになるみたい。

そんで、食によって身体が造られるのではなく、消化されたものによって造られる、が正しい。
胃酸はpHが1.5だぜ。強酸もいいとこ。金属も溶かすし、肉にかけるとサッと白くなるレベル。
ここに4時間も食べたものは貯蔵されてひたされる。菌や酵母のたぐいは、多分、死んでしまう。
じゃあ、何が腸内まで届くか、つうと、その分解産物。それが元から棲んでる自前の菌類の身体を造る材料になるか、
もしくは、刺激剤となって活性化させる、つうのが正しい理解では、と個人的に解釈してる。
ニューサンキンを摂取したら、それが即、腸内まで到達ってのにはアッシはちょいと疑問を持ってる。
食べたものは、唾液、胃液、腸液によって消化されたのちに、腸管上皮から吸収される。
消化されてどうなるか、ってのがポイント。

では、陣さん、アクセル全開でぶっ飛ばしてしまってスンマセン(笑)
  1. 2011/12/08(木) 06:53:18 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

そうそう、重心を上げよう上げようとするの。
近年この風潮が加速されてるよ。
ネットの子達の間で火病るって言葉あるけど、気血が上りつめちゃって、アッパッパー・ルンパッパーって事でしょ。
癇癪もち同士が火花ちらして、うるさいったらありゃしない。
前に高倉健より不器用な小学生、と書いたけど、ゲームのコントローラーから、キーボードや電卓を叩く指の動きだけは異常に速いから。(笑)
また、天災があって電気がシャット・ダウンしたら、どーすんだろね。
タッチ、タッチの先はブラック・ボクッスで、皆して「分かりまーしぇん」だ。
交感神経がキンキンに過敏になってるから、
寝る前にでも、副交感神経のスイッチ・オンしてあげるとイイんだよな。
>「風門・ふうもん」、
まさにこの辺りを温める。
ちょっとばかり熱めのシャワーやお風呂で。
そんで夜は照明おとして、目の活動を休まして、家族で語り合うとかさ。
学校にはもう望むべくもないんで、家庭や地域の役割は大きいと思うな。
一日一回でイイから、皆で重心をそっと下げる習慣を身につけるのは何よりもの財産になるでしょ。
家人がこれ読んだら、オメェ、家にいなかったじゃねーかって、どつかれそうだけど。(笑)
いやいや、懺悔の気持ちもあって、逆歩の普及も含めて、そんな場を作ってこうって真剣に思ってる。
今回のインチキ停電で思ったんだけど、月に何日かでも電気の無い暮らしはアリでっせ。
擬似キャンプみたいで、家族の絆が深まる。

>逆歩してると身体の正中線という軸を意識せざるを得ない。
ここに百票!
目は後ろにないから、その身体感覚が鋭敏なるんですな。
実は、一刻も早く下肢のチューン・アップ法を聞きたい。(笑)
こちらも、感動の共有準備してるだけで~す。
  1. 2011/12/08(木) 07:08:13 |
  2. URL |
  3. 陣中見舞い #-
  4. [ 編集 ]

訂正
下肢のチューン・アップ法、じゃあ意味が違っちゃう。
下肢のポテンシャル全開法だな、ウン。
そう言えば、ハタ・ヨガの成瀬さんは、行法に入る前の準備体操で、
足首を入念に回転させる動きを最重要視していた。
例の、空中浮揚しちゃうって人。
(んな事はね、どーでもいいんだけど。うちら、おぶって箱根まで飛んでってくれるわけじゃなし。笑)
  1. 2011/12/08(木) 10:25:24 |
  2. URL |
  3. 陣中見舞い #-
  4. [ 編集 ]

陣さん、サンクス・マックスです(笑)

そうなんだよね、空中を浮遊してるヒマがあったら、フクイチの核燃料を凍結してくれって感じ!
中健次郎さんの師匠のひとりがすげぇ超人的能力の持ち主らしいんだけど、そういう人っちが集まってさ、
どんどん除染とか核燃料を凍らせるとかしてほしいわい(笑)実際に役立たない超能力なんて意味ないやんけ!
スプーンなんか曲げなくていいからさ、もっと建設的なことにチカラを使えよって、くどいか(笑)

下肢のポテンシャル全開法ね、とくに用意してなかったんだけど(笑)
はやい話しがひたすら逆歩する。そんでちょっとトランス状態になるくらいの速度で1回やってみる。
絶対に筋肉痛がどっかに出る(笑)さあ、そこからが身体との対話の始まり、始まり~!
なぜそこが痛んだのか?もう1回やった時に、まだ痛む時にやったら、なるほど、ここを使ったのか、って単純なことに気づく。
そうやって対話することが、「恒常的な感覚入力」の訓練になる。
洗脳拷問システムの逆をやる、そうすれば身心のアイデンティティーが維持できる。ボケない。
ヤツラのシステムの逆を行くから、逆歩ね(笑)
すげぇんだよ、感覚の遮断つう方法で、記憶、時間、空間を把握する能力が奪われる。
逆に言えば、外界からの刺激の入力があって人間は自己を、時間を、空間を把握してるってこと。

下肢から随分と飛躍したな(笑)

アッシも台風の時に仏壇の燭台の灯りで過ごしたあの日の夜が、とってもいい思い出ですわ。
  1. 2011/12/08(木) 13:38:57 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

あらためて↑見たら、68のコメかいな!だいぶ充実したね(笑)

さて、ちょいと気になってる腸内細菌がらみを、今また読んでる。
光岡知足「腸内細菌の話」。古典的名著。
もう1回、しっかり乳酸菌と免疫について復習しようかと思って。

なんかね、そんな単純なことかいな?っいうヒネクレ精神が芽生えてきてさ(笑)
メチニコフの長寿論ってのが、とっくに否定されてる。ようは外部から入った菌は腸内には棲みつかないって。
だから胃酸をくぐり抜けた生きた乳酸菌がたとえ腸内に届いても、それが腸内で爆発的に増殖したりはしないと、
個人的には推測してる。

でも、もう1回、ちゃんと読んで練ってみるか。
青木ノボルさんも、外部から入った菌は棲むことはできないが、刺激にはなると言ってた。

では。
  1. 2011/12/09(金) 07:05:54 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

最近すげぇせっかち(笑)

陣さん、上体65を支える下肢が35。これじゃあ、やっぱ負担が来るわね。
そんで身体使用マニュアルがないんだから、どうやって身体を、健康を保てばいいかテンデわからんと来てる。
だから地道に身心の真理を探る面白さがあるんだけど。

下肢ってのは車で言えば、タイヤでありサスペンション。
サスペンションは3つ。足関節、膝関節、股関節。
これがどうも逆歩すると柔軟になる。とくに今来てるのは膝。
まあ、いろいろ発見があります。
身体観もニューパラダイムに移行中っす!
  1. 2011/12/09(金) 13:38:59 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

サスペンションって言うよりショックアブゾーバーのほうが適切かな。
これが左右の足に6個。つうことは1個の荷重は10.8くらいが理想の配分?
それだと均等に荷重が分散されて上体の重みが負担にならないのかも。
じゃあ、どうやって常にうまくチカラを逃がすかってのが身体操法ってことになると思う。
操体法の故・橋本敬三先生も非常に足首を重視していた。まず足首の調整から始めてた。

足首と膝と股関節と足全体の筋肉と靭帯と骨と上体のすべてを使ってうまく歩く、ってのがミソ(笑)
骨の構造ってのがすげぇのさ。ネット状のスポンジ構造。これもうまく重力の荷重を逃がす人体が獲得した知恵。
バレリーナがポ~ンと飛んで片足でつま先立ちした時に、つま先にかかるGは270キロ!

途中だけど、では。
  1. 2011/12/09(金) 19:29:33 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

だから荷重って言っても、骨じたいがすげぇウマイ構造になって重力の負担をやわらげてる。
つうことで、あんまり重力も気にしない、気にしない、かな(笑)

前に孫小山さんが「オオカミ中年」っていいコピーを作ってくれたんだけど、今の日本って「オオカミ国家」だね。
ウソばっかり! オオカミ枝野、オオカミとうでん、オオカミ文科省、オオカミ経産省、オオカミ政府、オオカミ保安院、
オオカミメディア、オオカミ電力会社、オオカミ学者、あと何かあるかな?(笑)

まあ、そんでもなんでも、終わってるとか何とか言っても、この国で生きていきたいからさ!
何とか後ろ向きに歩いたりしてさ、気をまぎらしてるのさ(笑)
身体もあったまっていいことあるぜ。身体と対話するってのは宇宙の真理と対話してるのと一緒って思うよ。
いろいろ教えてもらえる。

ふんじゃあね(笑)今夜も早寝だい!
  1. 2011/12/09(金) 21:16:00 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

あ~よく寝た(笑)

吉田前所長「食道がん」公表 被曝線量70ミリシーベルト 専門医「被曝がつながった可能性低い」 - MSN産経ニュース
http://www.asyura2.com/11/genpatu19/msg/200.html

これさ、外部被曝だけでしょ。しかも「トリック」使ってさ、線量もごまかして少なくしてるって、多分。
あとは内部被曝が考慮されてないら。プルト吸い込めばね、何があっても不思議じゃないわい。
つうこと(笑)

オオカミとうでん、オオカミメディア、ご苦労さん!

  1. 2011/12/10(土) 06:47:00 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

ゆでガエルが浸かってる、お湯、相当煮詰まってるぞ~。
頭ん中くるくる回すだけじゃ、もう、追いつかない。
意識して体、シャッキリさせとかにゃきゃ、もう飛び出せないくらいに。
自分ひとり救えて、やっと一人力だから。

光さん、今日か明日、トランス状態までの実験を試みます。
  1. 2011/12/10(土) 08:08:08 |
  2. URL |
  3. 陣中見舞い #-
  4. [ 編集 ]

陣さん、新次元の肉体を味わってくらはい(笑)まあ、ほどほどにね、あっ、これ以上は野暮だから言わない!

今日、常連さんと話ししてて、大量破壊兵器なんて日本に54基もあるじゃんねぇ、そんで、政治家と官僚と電力会社なんて
国際テロ組織だよね、あんな恐ろしいテロ装置なんてほかにないじゃんねぇ、って意気投合した(笑)
アイツらには負けられんってその妙齢の御婦人は仰った。
だからアッシは、そうだよね、健康でニコニコしてりゃあこっちの勝ちよ、って応えた。

まあ、そういうこって、皆様、健康こそ最上の宝です!
意地でも健康でいましょう(笑)

「天の川銀河系元素不可侵条約」に違反した罪でシーボーグはじめアインシュタインら原爆製造にかかわった科学者を
銀河系追放の刑に処す。いまだに原発を運用しその甘い汁を吸い続ける者たちも同様の刑とする、な~んてね(笑)

ほんとこの銀河系に存在しなかった元素を作りだした罪は計り知れない、と思うよ。
  1. 2011/12/10(土) 18:32:40 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

あくまで私見です。
かつて日本一の長寿村として知られた山梨県棡原村の人たちは、別にヨーグルトを食べていたわけではない。
そういう習慣は日本にはなかった。醍醐味のもとになる醍醐という珍味は奈良か平安時代に貴族が食べたかもだけど、
一般には広まらなかった。醍醐ってのはチーズみたいな食べ物。
牛乳を飲む習慣じたいが明治になるまで一般化しなかった背景もある。
それはよしとして、棡原が特異的に他と違う食習慣があったとしたら、一年の半分は朝食に里芋の煮物を食べたことと、
米を作ることができなかったので、米以外の雑穀をよく食べたこと。各家庭に味噌蔵があるほど味噌をよく食べたこと。
鮎の塩からであるウルカなんてのをアンコがわりにした酒まんじゅう、も変わってる。
味噌も含めてこの酒まんじゅうも発酵食品のひとつ。
繊維質に富むというとコンニャクも刺身にしたり煮たりしてよく食べた。
脳端末に残ってるデータをアウトプットすると、こんな感じ。

で、早い話しが、定住してる腸内常在菌を「正常腸内菌叢」と呼ぶんですが、この宿主である人間と共生関係をすでに
獲得した定住菌である「原住菌」が元気なら健康でいられると単純に解釈してます。

定住菌には一般には善玉菌とも言われる乳酸菌の仲間のビフィズス菌をはじめ、バクテロイデス、ユウバクテリウム、
嫌気性レンサ球菌、少数派の大腸菌、腸球菌などがある。これが一定のバランスを維持していれば免疫力も維持できていく。

通過菌というのは2~3日いただけで、腸内を通過して体外へ排出される菌で、これは、食物の中で増殖している乳酸桿菌、
腸球菌、大腸菌群、バチルス、ブドウ球菌、赤痢菌、コレラ菌、サルモネラなどの病原菌を含む多くの外来菌。

だから食に含まれる乳酸菌が即腸内で有益な作用をもたらすかはまだアッシには判断できかねる。
むしろ定住菌である自前というかすでに共生してくれているビフィダム菌、ロングム菌、アシドフィルス菌、サリバリウス菌、
ファーメンタム菌などの乳酸桿菌の部活作用をもたらし、これらの栄養源となるような食こそが免疫をはじめとする腸内環境の
維持につながると観ています。

そのような腸内環境の良好なバランスをもたらすのが、繊維だったり、ムチンなどのネバネバだったり、クエン酸などの
↑のほうでザラッと挙げた食品群かと思います。手前味噌なサゲで恐縮ですが(笑)

豆乳ヨーグルトってのは植物性のたんぱく質が乳酸菌によって半消化されているし、もとが大豆のタネで乳酸菌のもとも
米というタネだから、多分、これはかなりイイのかもしれない。ただ、豆乳ってのはね、かなりカリウムが多くて
細胞を緩める作用もある。肉食系の人には整腸作用をもたらすかもしれないが、ベジタリアンはちょいと気をつけたほうがいい
かもしれない。大森先生の講演録にも出てるけど、その昔、豆乳がブームになった時に、玄米系のベジタリアンがこぞって
豆乳を摂取してけっこうなんというか体調不良になった例もあるらしい。
まあ、そんなに大量に食べるわけでもないし、豆乳チョクではなくて、発酵させてるからそこがポイントかも。
アッシはとくに豆乳ヨーグルト作ったりはしてない。
普通にぬか漬け、味噌汁で十分と思ってる。あとはいろんなもの食べてる(笑)

人間なんて地球という細胞の細胞膜か、はたまた腸管上皮である地表に巣くうただの菌じゃないかと思う。
乳酸菌か赤痢菌かよくわからんが(笑)どっちにしろ宿主である地球のご好意によって今までは共生させてもらえた。
はたして今後も共生関係を維持できるかは不明だな。こんなに馬鹿なことばっかやってんだから。
地球に優しく?ふざけんな!何様のつもりじゃい!お前ら人間に主体なんてないんだよ。
あくまで地球に棲まわせて頂いている分際だっつうの!
地球は優しくなんかないよ。いざとなれば人間界なんて木っ端微塵にする地震、津波、台風、なんでもござれよ。

謙虚につましく生きた江戸期の人は本当の意味で地球に優しかったと思う。
  1. 2011/12/11(日) 06:20:30 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

ファーメンタム菌などの乳酸桿菌の部活作用を(誤)→賦活作用(正)

まあ、あれだね、外部菌ってのは下剤的な効果はもたらすかもしんないね。もっともウチのカミさんは酸乳である普通のヨーグルトは
まったく整腸作用をもたらさないっていつだか糞慨もとい憤慨してたけど。ペクチンやカリウムやビタミンや酵素やクエン酸が豊富な
干しプルーンが今はお気に入り。アッシは干しブドウを常食してる。何気にレスベラトロールね(笑)
永田徳本翁118歳にあやかって。

どんなセオリーやドグマも同意反復だけしていては、ジョージ・オーサワが揶揄した「チクオンキ」
既存の学説を鵜呑みにする素直なボクチャンやオジョウチャンを称して桜沢如一ことジョルジュ・オーサワは
「チクオンキ」と辛辣にこき下ろした!
オモロイよね、こういう精神って。

だから、乳酸菌ヨーグルトで思考が発酵してしまうのも何なんで、アッシは、ちょいと自分なりに解釈してみたまで。
別にケチつけてるわけではさらさらありません(笑)発酵食品との付き合いは人類史と共にあると思ってます。
多分、非常に古い時代から発酵や貯蔵という加工はしていたと推測しています。
だから何か人体に有益な作用はすると思ってる。

ついでに言うと、胃酸ってのは空腹時にはpHが1~2の強酸になるけど、食物が流れ込むとだいたいpHは5くらに薄まるそうです。
ご飯なんかの炭水化物は唾液中に含まれるアミラーゼによって消化が開始され、胃酸ではタンパク質を分解するペプシンの作用などを
受けタンパク質の消化と、食物の殺菌の作業がすすむ、そして少しずつ腸内へと半消化された食物は送られる。
だから、もしかしたら、食品中に含まれる乳酸菌はけっこうアッサリと胃内を生きたまま通過し腸内へと届くのかもしれない。
その後は、2~3日いて通過するのかもしれないし、その間に何か有益な作用をもたらすのかもしれない。

かもしれない、が妙に多いな(笑)
  1. 2011/12/11(日) 15:28:43 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

嘘つきは とうでんの はじまり

まあ、嘘つきなんてそこら中にいるけど、とりわけ、今は政府とか電力屋とかはヒドイな。
あとはマスコミつうかメディア全般。

それはそうと、陣さんには絶大な感謝を申しあげたい。並びに小吹さんにもこの場を快くご提供下さってもらい絶大なる感謝を
ささげたい。

アッシはもう1回、ちゃんと基本に返り、身体と向き合う喜びを今噛みしめています。
思えば我流でヨガを始めたのは中学生(笑)てっきとうなやり方だけど自分で本を読んでやってみた。
部活はバスケ、でもウチ帰ったら、プラスチック製のヌンチャクを振って自分の頭に当ててたし、エキスパンダーって言う
大胸筋を肥大させる乳首をはさみそうな機械も使ってた(笑)ダンベルも振ってた(笑)
まあ、そんなヘンテコなところから健康というか身体との対話が始まったんですが、もっと遡れば毎日、川へ入って魚取りしてたのも
自然や宇宙や身体との対話だった。
そんで、今、また改めてそういう過程を踏まえて、真剣に身体と向き合うことができる喜びを味わってる。
コブラも梅安も身体能力はきわめて高かった。それに魅せられてきた。
身体に聞く、ってのは本当だね。この身体には銀河系124億年の歴史と叡智がつまってる。
もし問いかければ、何でも答えてくれる。最近、そんな気がしてきた。
身体はウソつかない。やればやっただけ返してくれる。
逆歩して間もないけど、いいものを手に入れたと思ってる。

浅はかな脳端末のデータよりもはるかにすぐれているのは身体智だと思う。
今日、超久しぶりにヨガの「ろうそくの体位」をやってみた。
なかなか新鮮な感動があった(笑)内臓下垂にいいんだよね、これって。
つうか反重力的な体位。
念入りに柔軟もした。若返ってきました(笑)
  1. 2011/12/11(日) 23:59:04 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

正常な赤血球は右旋回で動く。
ガン患者はなぜか左旋回、地下に水路があったりなんか電気的におかしい土地でも左旋回になる。

なんか秘密があるわけだ、この赤血球の回転の仕方には。
まだ、よく練ってはいないが、電気的なものだとすると、オーサワの言う「宇宙の秩序」みたいなのか、
アッシ流に言えば「銀河系の流儀 笑」かな。
すべてのものは回転流動する。
「流水は腐らず」

そんですべての血球の由来は白血球にある。
白血球がおおもとで、これが変化したのが赤血球。
白血球は回転してないかな、してるかな?

まだ、いろいろ考察中です(笑)
  1. 2011/12/12(月) 07:10:57 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

地球は左旋回、つまり反時計周り。
トラック競技も左旋回だから軸足は基本的には左足。
時々、右足が痛いって人がいると、左利きだったりする。
つまり右利きはというかほとんどの人は左足に軸を置いて動作する。
このへんは故・橋本敬三先生の独壇場。
赤血球が右旋回が正常ってことはこの地球の自転に逆らう方向へ動くのがノーマルってことか?
まだよくわからん。

アッシは中学時代のバスケが高じて左の脛骨の骨端が前方に飛び出てくるオズクット・シュラッテル氏病なる単なる骨の形成異常が
起こり、よくその部位が痛んだ。軸足に負荷がかかったってこと。だからってわけではないけど、高校2年でバスケはやめた。
まあ、監督と肌が合わない気がしたっつうのもある。人間的に幼かっただけだけど(笑)今も変わらんな(笑)

ほんで免疫ね(笑)
今も「自己非自己」の免疫学が主流なんだけど、別にこれだけが白血球の仕事じゃないからね。
むしろメインは細胞膜の修復をはじめとする細胞のリモデリング。
こっちのついでに細菌やウイルスを捕食してるに過ぎないのかもしれない。
だから、マクロファージやNK細胞がそんなにすげぇわけでもない、と個人的には思ってる。
実際にマクロファージがガン細胞を助けてる映像も撮られてるらしい。
ガン細胞を助けてるんじゃなくて、ガン細胞の膜を修復してるんじゃないかと推測してる。
ガン細胞を捕食するのではなくて、ガン細胞をリモデリングしてる可能性が強い。
ガン細胞をワルモノとする既存の学説は十分に疑わしいから。
まあ、ケチじゃあないよ(笑)

B細胞、T細胞、樹状細胞、などけっこう種類というか呼び名も豊富だしね。
そういう呼び方するとなんだか高尚な感じがするだけで、ようは免疫系ってのは防衛系で自衛系で自治系のネットワークってこと。
絶対に欠かせないネットワークだから白血球のない動物は存在しない。
そんで、その白血球内のミトコンドリアを活性化することが免疫力を維持することにつながる。
ここがポイント。すべての細胞はその活動をその細胞内に共生するミトコンドリアに依存している。
ミトコンドリアを活性化するのは、ミネラルであり酵素でありビタミンでありアミノ酸をはじめとする必須栄養素であり、
そしてクエン酸である。梅干しがなんでスゲエのかこれでわかると思う。

そんでちょいと体温が上がることを常にしてるとミトコンドリアが生き生きしてくる。
アタリメのタウリンつうアミノ酸もいいらしい。もっともこれは好きずきがあるかも(笑)
干した果物やナッツ類もけっこう実力あると思う。

つうことでだいぶ「病膏肓に入る」じゃなくて「病膏肓を出る」感じかな(笑)

  1. 2011/12/12(月) 16:45:01 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

日々新陳代謝を続ける養生大全というか、光さんの身体宇宙論(仮称)だけど、
益々充実してきてますな。
ちょっと他に例を見ない、すんごいモノになっていくのは間違いところ。
「蓄音機」の寄せ集めなら他にもあるけどね。
そんで、おらも微力ながら、身体運用に関しての部分はちょこっとだけでも寄与できないかなと思うわけです。
西洋体育学的に体を苛め抜いた時期もあって、そのメリット・デメリットは体が覚えていて、30を境に発想が逆転して東洋体育に目覚めた時に、それまでの経験が初めは邪魔なんだけど、後から役立つ事が随分あった。
エキスパンダーで乳首をはさむのは、鍛錬を志す者の登竜門ですよ。(笑)
ここを経過しなくちゃダメ。
おらなんが振り回したヌンチャクは、樫の木のヤツですよ。
これで頭や体、打つ度にうずくまるの。(痛ーっ)
一二の三四郎ってオモロイ漫画があって、柔道部に所属する高校生達のドラマなんだけど、卒業後の進路をプロレスラーに定めた三四郎が、団体入門前のトレーニングとプロテインで見事にレスラー体形をものにするの。
しかも、その鍛錬にかける気力と願望は、175くらいの身長の三四郎を190くらいまでにしてしまう。(笑)
筋肉断面積の太さにパワーは比例するなんて神話を、その頃のおらも信じた。
ま、太ももが太くなりすぎて足も組めない、胸や肩が出張りすぎて背中もかけない状態ってのは自分でも滑稽で、こんなの要らんとなってからマックス30キロ体重が減りました。(燃費効率がイイ事!)
で、当時費やしたトレーニング・フィと食費は確実にGDPに貢献したと思うんだけど、
これをイコールで結ぶとさ、各人の筋肉断面積の太さは経済力の発展に比例するって事になるんだよね。(シュワちゃん、ご苦労様)
それに拍車をかけるのが、統一された審美観でさ、よーく出来てるよねー。
膨大化する医療費を側面から支えるのが食品産業、健康産業、、美容産業、etc.
その相互に補完し合うファクターを強烈に推進する役目がショービズなんですよ。
これ言っちゃうと身もフタもないんだけど、青少年の憧れや夢は確実に、この枠組みのエサにされてるわけ。
ハリウッドもミス・ユニバースも芸能界もスポーツ界もプロレスも全部、全部、ここに含まれる。(辛いけど)
で、ここまで情報の伝播が速い世の中だと、
例えば、ショービズの世界で、誰それはカルトの広告塔なんて話が山ほど湧いてくる。
それで、正体見たりと、鬼の首とった様に自称覚醒者はカルトを糾弾するんだけど、
カルトは何の駒や?
この世界の主役としてプロデュスーされてるエコノミクスの駒や。
否が応にも我々が欲する好景気や我欲実現の為の駒や、というところまで、思考を巡らさないと、それは、未だカラクリの中、自己陶酔というカラクリの中なんだよね。
その最大の魔物の広告塔は誰よ? そうさせてるのは何よ? ってところ迄。
ネットの世界では、電波に冒された脳端末ぐるぐる廻しのその前段階を覚醒と呼ぶんだもん、ヘソの茶が沸騰するよ。
「観の目」、未だ遠くにありけり。
つまり「見の目」の真ただ中。
オーム事件を例にあげれば、自分の知る限り、この領域を突破してのけた御仁は、故・遠藤誠弁護士、だだお一人。
「この事件はの私のせいだ」と言ってのけたもん。
おらん中では、この事実と桜沢如一の言う「蓄音機」が、バチーッと重なった。
見は観を殺すとも言えるけど、見を極めねば観に至らない、とも言える。
先ほど「登竜門」って言葉使ったけど、
記憶に間違いなければ、黄河の激流渦巻くホットスポットを竜門と呼んだんじゃないかな。
そこを遡上できたが鯉だけが、竜になるんでさ。
竜門を登る、即ち登竜門。
鯉は淡水と海水の双方に棲めるでしょ。
この竜門が、海水を多く含む流れと淡水の流れがぶつかる接点じゃないかというのは、おらの勝手な解釈だけど。(パラダイム・シフトと、置き換えてもらって結構)
光さんなら、何言いたいか分かって貰えると思って。(笑)
だから、光さんが、今なしてる作業は、Way of the Doragon.(これが言いたかった)
トライアルの報告は、ちょと先になります。スンマセン。
  1. 2011/12/12(月) 20:38:43 |
  2. URL |
  3. 陣中見舞い #-
  4. [ 編集 ]

それで、右旋回、左旋回の話なんだけど、どんなモノにもそれは顕れるしいね。
どっちか判定できる磁石のセンサーがあると聞いた。ぜひ、目撃したいところなんだけと、仮に、それを体表に載せて、移動させると、そこは右だけど、ここの部分は左だねなんて事があるはずなの。
右が良で左が否って言い方は慎重を要するところだけど、とりあえず、左旋回の部分では「事件」が起きてる。(笑)
おそらく、光さんのように指センサーが発達した人が感知する場所と、キネオロジー的反応が表れる場所とも、それは同期してると思える。
これ仮説たから、ぜひ実験したい。
  1. 2011/12/13(火) 02:07:39 |
  2. URL |
  3. 陣中見舞い #-
  4. [ 編集 ]

乳首はさまる怖ぇ~&ヌンチャク痛ぇ~の会の交流掲示板はこちらでしょうか(笑)

肥田春充も最初は西洋式のマッスルトレーニングでムッキムキになるんだけど、たしかどっか痛めてから疑念が芽生え、
その後、独自の身体操法に開眼し、正中心を悟得したんだよね。
アッシらも同じ道を歩んでると勝手に思いますかな(笑)

明在系(パワー、フィジカル、ヴィジブル)と暗在系(フォース、サイキック、インヴィジブル)の交錯点が竜門でしょうかね。
ここかなり深い命題かもだけど、またじっくりやります。

そんで右旋回と左旋回、これ筋肉痛なんかが起こってる部位でもなんか事件が起こってないかね。
ロウソクの体位がいやに効いて、腹筋と背部と手首が痛ぇ~っす。

ドラゴンへの道は厳しいっす(笑)
ドラゴンつうのはあくまで理を表現してるんであって、現実にこういう空想の生き物がいるかどうかは知らん。
そういう意味では人体はドラゴンだらけだし、大地も竜脈だらけ。
銀河系だってクエン酸サイクルだってドラゴンじゃん!

「養生大全餅つき大会」といきましょう!
  1. 2011/12/13(火) 13:09:29 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

陣さん、「ちょこっと貢献」でなしにもう十分に貢献してまっせ!
つうか陣さんなしではアッシはこんなに投稿しませんがな。
言語化の作業って独りではなかなかしませんので。

で、平日は早寝シフトなんで昼間の休み時間か朝しか書き込めないんで、ちょいと大きいネタは休日前の夜か休日にします。

学校教育における体育の問題ってのは、かなり根深いと思います。
かの甲野氏が指摘された「体操座り」の弊害について、に始まり、子供の関節や骨の生理を学んでいない指導者たちによって
若い身体が蝕まれボロボロになり、たとえばサッカーにおいてU18では世界でも勝てるのに、ワールドカップでは決して上位に
進出できないのは、ヨーロッパなどでは、18歳以下の段階ではまだ身体が未発達なのを承知していて、それほどキツイ練習を
させないでいて、成人した24歳になってから仕上げをする。だから身体に余力があり、そこから自力で向上する。
ところが日本は高校あたりから徹底的にマッスルトレーニングをして筋肉を肥大させ、根性主義でまた身体を酷使する。
そうしてもう成人前に身体は痛めつけられて回復不能まで深部では劣化がすすんでる、という説もあります。
アッシはスポーツが嫌いなせいか、あんまりスポーツ系の子供とかお客さんに来ない(笑)けど、一度、サッカーやってる高校生で
全国大会で上位にいったレギュラーの子を治療したけど、いやビックリしたね。太ももがハンパなく肥大してて。
可哀想になった。これじゃあ奇形だよ。全然バランスが悪くなってて、まあ、腰が痛むって主訴だったんだけど、念入りに指圧して
鍼した。一見さんで終わっちゃったけど(笑)

このスポーツ周辺や公教育の体育に関しては陣さんもかなり深めてるとおもいます。

蓄音機教育と軍隊式奴隷化体育の2点セットで義務教育を卒業するとすっかり牙が抜けるようになってないかいなって。
ようは産業社会で従順に働く労働力としてのロボットを量産するのが教育の目的ではないかと思います。
少しは脳端末にデータは必要だけどさ、そればっかでは、あのヘンチクリンな坊ちゃん官僚くらいにしかなれない。

もっとも教育はそういうもんだって割り切って、自前で子供に経験、体験させる親がいれば少しは違うのかもしれないし、
とにかく身体を好きなように動かして勝手に子供にやらせればいいだけなんだけど。

つうことで小ネタのつもりが大きくなった(笑)
  1. 2011/12/14(水) 06:51:32 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

ニューサンキン再考。

え~と、この問題もなかなか奥が深いので、徐々に解読しますが、軽く中間報告もかねて小出しにしますと、

1,人はそれぞれ固有の腸内細菌叢を形成している。まるで顔や性格に個性がある如く定住菌にも個性がある。
  Aさんにたくさんある菌がBさんには全然ない、なんてことが普通のこと。
  これが個人個人で異なる免疫力と関係あるかは今後、熟考する。
2,食物や飲料に含有される乳酸菌は外来菌であって、たとえ摂取してもその腸内には棲みつくことはできない。
  便となって排泄される。
3,長い年月を経て腸粘膜や腸液、膵液、胆汁、胃酸と共生し馴化した100兆個もの定住細菌叢は人体と玄妙かつ良好な
  バランスを維持しているがゆえに容易にはそのバランスを変えることはできない。よって外来菌はその仲間に入ることはできない。

などなど、なんだか意外に複雑であって、「乳酸菌を摂取したら乳酸菌が腸内で増える」なんて発想はちょいとチクオンキっぽい
からご注意あれ、ってことです。
だからといって乳酸菌を摂取したら何の益もない、と言っているのではありません。
そのへんを独自に解読しようって算段ですから。
つうことで、また書ける時に来ます(笑)
  1. 2011/12/15(木) 20:32:47 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

ほい来た!おはようございます!
良く寝るとね、身体中の細胞のリモデリングがスムースに進み、一晩でだいたい1兆個、肉塊にすると1キロの細胞が新しくなる、
とされる。まあ、これが本当だとすると寝不足の生活してると、古い細胞のまま生活することになってテンションが落ちるはず。
風邪もひくことになる(笑)疲労感を抱えて生活するのはイヤだから最近は早寝モードです。

乳酸菌については前回の中間報告にあるように、よくある乳酸菌飲料とか乳酸菌ヨーグルトに含まれる乳酸菌は決して腸内に
定着して棲みつくことはない、を前提に話しをしないとなにかこんがらがってくると認識してる。

あくまで通過菌としての効能、と割り切って考える。ここがポイントかと思う。

すでに腸内に定住していろんな役目を担ってる自分の定住腸内乳酸菌の方をもっとリスペクトすべきじゃないかと。
このマイ乳酸菌が毎日、炭水化物を乳酸にする作業をしてる。炭水化物を乳酸に変えるから乳酸菌。
乳酸発酵とも言う。これは細胞においては解糖系で行われていること。ただ細胞では乳酸のままではミトコンドリアのクエン酸回路まで
入っていかない。ピルビン酸になるとクエン酸回路にすすむ。乳酸のままだとタンパク質と結合して乳酸タンパクになってしまう。
これはいわゆる「凝り」の原因物質とされる。だからビタミンBや酸素や酵素があって乳酸からピルビン酸にスムースに移行するように
してあげる。日本人の典型的な一汁一菜という食のスタイルが優れているのは、もっと言うなら梅干しを一つのせた白いおまんまと
味噌汁と漬けものと昆布の煮しめ、または板海苔、なんて簡素で質素な食が実は、この細胞の中での解糖系→ミトコンドリアの
エネルギー産生にとって非常に理にかなった栄養の取り方になっていた、ということである。

つうことで、さて朝食の時間ですな。
朝はだいたい全部、抗放射能食でんがな(笑)
梅干しのっけたオマンマにお味噌汁、ぬか漬け、海苔、浜納豆、納豆、干しレーズン、干しプルーン、クルミ、リンゴ、緑茶、が基本!
ちょこっと御無沙汰のごま塩を今朝は作りますかな。

乳酸菌の考察はおいおいやってきます。
これ単純な話しじゃないんでね。よく読み込んで咀嚼しないとチクオンキになっちまうから。
  1. 2011/12/16(金) 06:59:04 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

チクオンキはちっと古いし桜沢のパクリだから、キューカンチョウ人形とかってのは如何なもんかね(笑)
反復するだけの奴隷人間のこと。九官鳥になんの怨みもないがね(笑)

さて、怨みって言えば、つうか別に恨んでないけどさ、スポーツは体に悪い、って言った東大の先生って消えちゃったよね。
ほんとの事を言っちまったからね。いや多分、脳にも悪いでしょ。脳も体もひとつながりだから。

純粋にある種の競技に打ち込む姿はまあ美しいでしょうね。そのたゆまざる努力と継続の精神には敬意を表すべきでしょうね。
でもさ、骨や関節はいつも悲鳴を上げてるのさ。アッシにはもうそれがダイレクトに聞こえるようで痛ましくて見てられない。
たとえば体操ね。鉄棒からなんかアクロバティックな飛び方して降りた瞬間にあの膝にどれだけの負荷が、体重の何倍の重さが
かかってるかと思うとね、もう見てられない(笑)

こういうこと言うと多分、もろにいろんな批判を浴びるんだろうけどさ。
カネモウケが目的のスポーツはかってにやってればいいんだけどね。ありゃあ身体を壊そうが何しようが自己責任だからね。
ただ学校教育においては少なくとも骨や関節を含む身体生理を学んでいない指導者がカントクなんざやってはいかん、絶対にイカン!
なぜなら、そういう人間が若い才能ある選手の身体を壊してしまうから。「健康だった身体」が蝕まれるのが許せない。
ヘタすれば廃人になっちゃう子だっているんだよ。関節ってのは白血球を造成する部位でもあるからね。
免疫も落ちるし白血病みたいになってしまう子もいるの。

まあイチローなんか幸せ者だよね。実話なら父ローに感謝しなきゃあね。
子供の頃は毎日、足の裏を父ローが揉んだんでしょ。それあってのあの柔軟な身体だろうね。
もっともグラウンドに立ってるイチローっていっつもストレッチしてるイメージがある(笑)
そのくらいスポーツって身体にとっては過酷な作業なんだよね。
感動をありがとう、の前に、「関節さんご苦労さん、骨さんありがとう」、だよね。

サッカーのゴンちゃんが前に新聞のインタビューで言ってたけど、毎朝起きる時に今日はどこが痛いかな、みたいに起きるって。
痛まない日はないくらいって。ゴンちゃんももう44歳か。よくがんばるよね。

つうことで、スポーツがらみつうか部活とか小学校の体育とかは相当改善しないとヤバイと思う。
学校の体育ってようは明治維新=富国強兵=軍事国家へ、の名残でしょ。
ちっと飛躍し過ぎ? 前例踏襲で130年やってそうじゃん、官僚って。

では。
  1. 2011/12/16(金) 13:58:43 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

「日本人は身体長大、強健快活にして、死に臨んではいかにも従容としてしかも礼儀正しく、父母を尊敬し、名誉を重んじ、義に勇み・・
 むしろの上に、着たままで体を横たえて寝る、よく艱難に耐え、世界無比の健康理想人だ」『日本西教史』

まあ、あれだね、穿った見方をすればスポーツなんざグローバリストが持ち込んだローカル文明破壊ソフトかもね。
このスペイン人宣教師だかの日本探訪記にみるまでもなく、日本人は無類に健康だったんだよね、明治になるまでは。
つうかコレラなんか持ち込んだのもペリーとかじゃねぇのかね?あいつらが来たらとたんにコレラとか流行ってるじゃん。
インボーじゃなくてネズミとかも一緒に陸・おかにあがってくるからさ。
西洋文明ってなんだろうね。あんまり恩恵ないように思えるけど。
フォーク連中はそっちで勝手にやってろよ。こっちはお箸でノンビリやってるからさ、ってなもんよ。
だからサッカーなんかでワールドカップの上位にいけなくてもいいんだよ。最初っからそんな文化ないんだからさ。
こんなちっこい国で里山ぶっ壊してほとんど使わないスタジアムを急にこしらえやがってさ。
芝の管理費だけで年間6千万円だぜ。これドブに捨ててるのと一緒。なんにも収益があがらないから。
稼働率がチョー低いの。どうすんだよ。そんなにB級グルメの大会なんかしょっちゅうやれないじゃんか(笑)

日本には日本の文化があるんだわ。西欧人の真似ばっかするのもうやめれ、っつうの。
科学だって明治になって移植した文化だから本質的なものつうか自分ちでつかみ取ってないんだよ。
だから原発がこんなになってもさ、対応できないじゃん。根は深いんだよ。

おっと大ネタになりそうだ。このへんで今夜はよしとしておこう(笑)
  1. 2011/12/16(金) 19:40:30 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

明治初期の日本の文化人つうかインテリ連中が江戸期の文化すべてを否定するような言動をしているのをベルツっていう明治政府お抱えの
異人さんがこっぴどく批判してた。そんでこのベルツって旦那が科学ってものをわかっちゃいない、って。
そりゃあ急ごしらえで無理矢理キンダイコッカにするんだから害もいっぱいあらぁな。
つまり明治維新からの弊害がイッキに今の日本を襲ってるともいえる。
原発だってそうだしね。自然破壊なんかは凄まじい速度で進行してる。
エコパっていうくだらないスタジアムもそうだけど、第二東名、静岡空港、これでどんだけの美しい景観がぶち壊されたか。
でもそんなの頓着なく淡々と自然はこれからも破壊されていく。
もう止められない。経済発展、ハッテン、シンポ、ハッテン、シンポ、こればっか、馬鹿のひとつ覚えで維新以来ずっと前例踏襲中(笑)
  1. 2011/12/17(土) 07:10:31 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

フクイチってもう収束したのかい?いったいどんなマジック使えばそんなんできるんだい?
そんじゃあさ、おい野田っ、3号機の中からさ温度計でも示しながら冷温停止してます、って実況中継してくれよ。
そうしたら信じてやるぞ、つうか石棺もしないで何言ってんだ。国民を馬鹿にするにもほどがあるって。
あれだろ、吉田所長かだれか知らないが東電X師は3号機も100度以下になったと思ったらまた100度以上に上がって一定しない、
って言ってたじゃん。そんで年内に冷温停止になど絶対にならない、って。
毎時1600ミリシーベルトの3号機、どうやって作業してんですか?できるんですか?中で何か作業が?
わずか10分で被曝限度上限250ミリシーベルト浴びまっせ。作業員いくらいたって足りないだろ。
ホルミシス信者をかき集めろよ。あいつらなら喜んで浴びるぞ、多分。今も珍説を信じてるかは知らんがね。
ホルミはともかく、まあ、大概の日本人はもう政府の言うことなんか信じてないっしょ。オオカミ政府の情報操作、ご苦労さん。

さてとベルツの旦那にちょいと語って頂きますかね。
「私の見ることろでは、西洋の科学の起源と本質に関して日本では、しばしば間違った見解が行われている。人々は科学を、
年にこれこれだけの仕事をする機械であり、どこか他の場所へたやすく運んで仕事をさせることのできる機械であると考えているが、
これは誤りである。西洋の科学の世界は決して機械ではなく、一つの有機体であり、その成長には、すべての有機体と同様に一定の
気候、風土が必要なのだ。西洋諸国は諸君に教師を送り、これらの教師は熱心にこの精神を日本に植えつけ、日本国民自身のもの
たらしめようとした。しかし、彼らは科学の果実を切り売りする人として取り扱われた。日本人は科学の『成果』のみを彼らから
受け取ろうとした。最新の成果を彼らから引き継ぐだけで満足し、この成果をもたらした精神を学ぼうとしない」「ベルツ日記」

「チクオンキ科学」のなれの果てがフクイチ核暴走か?
血のにじむ思いをして、キュリー夫妻なんぞはご両人とも被曝して亡くなってる、
そういう歴史や風土によって獲得されたのが核物理という科学。
その成果だけをもぎとった盗人みたいな科学が維新以来つづいてきたのかもしれんな。
  1. 2011/12/17(土) 13:37:28 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

アッシはさ、サッカー王国なんていわれる県に住んでるもんでね、サッカーなるスポーツにはアンヴィバレントな感情がつきまとう。
通った高校も名の知れたサッカーの名門校。もっとも中部には名の知れたサッカー名門校がいっぱいあるね(笑)
だから、ちょいとしつこくスポーツつうかサッカーについて語ったってわけ。
高校の体育の授業なんてサッカー漬け。まあしんどいスポーツだよね。走りっぱなしだし。

それとは別にアッシは中学のバスケですでに膝を痛めてたから。今思い返すとすげえ間違ったシゴキを受けてたってわかる。
恨みはないよ、ほんとうに(笑)ただ、もうああいう練習はしないでほしいと思うだけ。
誰だってなんかボコッって骨が出てきて痛むのはイヤだろうから。先輩にも同じ症状で苦しんでる人がいた。
成長期に負荷をかけ過ぎるとこうなるんだよね。高校のサッカー部のヤツは腰椎椎間板ヘルニアでもうお爺みたいに歩くのがいた。
もちろんサッカー部はやめてた。かわいそうだったな。鍼灸でも改善できるけど、今だと脊柱管狭窄症にしてすぐに手術しちゃう
だろうね。この手術って最近やたら多いね。すぐにメス入れちまう。皮膚ってのは細胞膜だぜ。切開して傷つけると電気的連絡が
うまくいかなくなるから、結局、のちのち何かまた症状がでる。長くなりそうだ。このへんでやめとく(笑)
  1. 2011/12/17(土) 21:29:12 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

また来たぞい(笑)

スポーツなんぞは整形外科を養うためにあるようなもんだぁね、つうか、スポーツをケアする医療産業とかスポーツ器具をつくるメーカー
とか、それでメシ食ってるメディアとか、もう一大産業だよね。何も生み出してないようにも見えるけどね。
まあ、たいした問題じゃないか(笑)

インボー連中はかならず3Sとかって言うじゃん。そのSのひとつはスポーツざんしょ?
でも、じゃあどう問題なのかって意見は聞かんよね。見てると馬鹿になるのかね?まあ、利口にはならんかもだけどそれなりに
視聴者の娯楽にはなってるんだろうね。それだけで国家が破壊されたり乗っ取られたりはしないけど。
でもまあオカシイかもね、スポーツは。どっちやねん(笑)

肉体労働してる人のほうがよっぽど立派!農家の人も、漁師も、営業で四六時中クルマを運転してる人も、八百屋の店主も、
大工も、土方も、み~んなスポーツ選手より立派だと思う。
アッシの患者さんで80歳になる農家のおじさんがいるけど、めちゃくちゃ若い。まだ10年はイケルって。
漁師の常連さん、かっこいいぜ。黒々と日焼けしてて腕なんかぶっといもん。

「将来の夢はJリーガー」、みたいな事を言わせて盛んにそれをメディアが取り上げる。明らかにそれって洗脳でしょ。

「将来の夢は福岡正信翁のような農業家になること」、こういうことを言う小学生を作るのが教育でしょ。
これが言いたかったの(笑)

おやすみなさいませ(笑)

  1. 2011/12/17(土) 23:19:12 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

遊びの延長みたいな事してて、真面目に働いてる人がどんな事しても手に入れることなどできないカネを得て、
馬鹿野郎になるとそれでフェラーリ買ったりする。そういうの見た子供っちが「将来の夢は野球選手」って言う。
まあ、フェラーリ乗りたくて野球選手ってワケじゃあないだろうけど(笑)
そういうのも含めて、アッシはスポーツは嫌い、たぶん、大嫌い!

柔道の山下の赤ん坊の頃の話しで好きなのは、山下のおじいちゃんが鯛の骨でとったスープを身体が強くなるからって
あげてたって話し。その地区に伝わる伝統料理みたいなもんだろうけど、鯛の骨つうとメインは鯛の背骨だろうけど
これってミネラルを煮出すってことだから、あんな骨太の頑丈な身体ができたんだろうね。
イチローの足揉みとからめて、こういう話しは好き(笑)

そもそもスポーツなんて文化は日本になかったでしょ。働かざる者食うべからず。機織姫なんて神さんもいるけど日本じゃあ
神さんだって働くんだから。だから働いてる人のために治療するのは大好き。誠心誠意尽くす。
働く人はみんな好き。どんな仕事だってね。素晴らしいはず。

ちっとばか頑丈な身体に生んでもらって、ちっとばか運動神経が発達してて、それでケガもせず運良くプロの選手になって
法外なカネを手に入れて、えらそうに本書いたり、なんかいっぱしな事言ったりする。
そういう野郎は大嫌い。なんで持ち上げんだい、こんなヤツラをって。若くしてあぶく銭なんか手にすると大概はあとで
道を踏み間違えて転落人生になったりする。野村監督が言ってたけど、野球選手をやめてからのほうが人生は長いんだって。
だけどそういう事を言う人間は嫌われるって。おかしくなっちまう元選手ってのがいっぱいいるって。

まあ、アッシはひねくれてるからさ(笑)

陣さんご指摘の通り、ショービズもエンタメもスポーツもぜんぶなんかオカシイわね。

つうことで、スポーツについてはこのへんでいいにしようかな(笑)
つまらんかったかもね。もっと重大なことはいっぱいあるから。

本日はデモですね。東京は寒いでしょうか。
サッカー王国(なんじゃそりゃ 笑)より応援してます!
  1. 2011/12/18(日) 06:43:55 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

独りでぶちかましてましてお騒がせしてます(笑)

スポーツつうと(またかよ 笑)たとえばJリーグ発足時の狂奔ぶりが記憶に新しいんですが、もしかしてあん時にコイズミ政権だった
かしら?だとすると、そういう喧騒を利用して、ショック・ドクトリンをやった可能性はある。
ワールドカップ、オリンピック、世界陸上、フィギュアスケート世界大会、世界柔道大会、相撲巡業などなど、しょっちゅうあるじゃん。
その度に一般庶民は浮き足立って、興奮して一時浮き世の憂さを晴らすのかねぇ?
その隙にワルイ野郎どもは何か良からぬ法案を可決してしまってるんじゃないかな。ただの勘だけど。
Jリーグが始まる時って凄まじかったもん。キチガイじみた騒動だった。広告代理店きも入りでさ。
株とかゼニがよほど動いたね、多分。
当時誰が首相かは覚えてない。小渕さんが亡くなってからコイズミだよね。小渕さんの時に沖縄サミットかな?
そんで小室哲哉が音楽担当だったかな(笑)クリントンにフーアーユーって言ったのはシンキロウだよね(笑)
どうでもいいこと色々思いだしてしまった。

まとめ
スポーツは身体によくない
スポーツは政治の目くらましに使われる
スポーツは恒常的なショック・ドクトリン
スポーツは庶民の中毒性刺激剤

こんな感じっすかね。異論はありましょうが、本当に身体には良かない。身をもって体験してるから、よ~くわかる。
あえて弁解すれば個人的に誰か特定の選手に恨みなど毛頭ございません(笑)お身体に気をつけて競技に邁進して下さいませ。

今日、浜岡廃炉裁判の原告団の方Aさんとお話した。
光「あの脱原発って言い方より脱燃料棒のほうが危険性がよく伝わる気がするけど・・・」
A「おお、燃料棒を抜くね、いいね、そのほうが、抜かないとしょうがないもんね、それでどこへ持っていく気、燃料棒を?」
光「やっぱ中電の本社屋の社長室かな」
A「ははは、そうだよね、じゃあ愛知県ね、まあ、今まで無視決め込んでこれたんだから、これからは存分に危険を味わってもらうと。
  ほんと自分ちは関係ないでこれただけ幸せだよ」
光「でもベントして出たクリプトン85とかは平気で200キロくらい飛んでくでしょ。
  だもんでけっこう被曝してないかね都会の人も?」
A「まあそうかもねぇ。」

などなどディープな話しに花が咲いた(笑)
アッシとは視点が違う方。だから面白い。もっとも原発をどうにかしなければってことではリアルに動いてる御仁で尊敬してる。

脱燃料棒だとちっと語呂が悪いかね。略して脱棒じゃあ意味がわかんなくなる(笑)
抜燃料棒も変わらんなぁ。抜くヌークでぬっくぬく(ホッカイロじゃないっつうの 笑)
じゃあいっそWヌークでどうでしょうか。これもわけわからんな。
まあ、普通に脱原発に脱帽しようかな(笑)
  1. 2011/12/18(日) 22:26:19 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

「人も桜もいつか散る。吐息のひとつにも、一杯の茶にも生命がある。それがサムライの生き方、武士道だ」
                                      映画「ラストサムライ」

サムライの国にフォークはいまも突き刺さったまま。
それを自覚し、引き抜くのは自分自身。

新ネタに移ろうかと。
心臓タンク説の闇とかね。
血圧ってそんなに怖いんか?つうか腕の血圧だけで何がわかるってんだい?
そもそも血液って均等な速度で流れてるのか?
など、果敢に迫ってみたいと思います(笑)

乳酸菌はね、殺菌した酸乳を添加したエサを与えたマウスは対照群より7週間も長生きしたなんてデータもあって
まあ、それなりに死んだ乳酸菌であっても効能はあるようです。
アッシはそれほど重視していないので、まあこのへんで一時中断。また何か言うかもだけど(笑)
放射性核種を好む菌類ってのは自然界に存在するのは確か。そういうのを利用して何かできるかもってのは希望ではある。
ただ、人体つうのはまあ、けっこういろんな要素が複雑に絡み合ってるから即断できないことが多い。
体感というか体得した事実ってのはその点は科学的うんぬんとは別に真実ではあるから、乳酸菌を押し出してる人はそういう
実績というか体感があって言ってると思う。そこは尊重するしその押し出し力には敬服する。
アッシなんかまったく押し出しとかハッタリがないタイプだからさ(笑)
  1. 2011/12/19(月) 13:25:09 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

心臓ポンプ説の闇だっけ、失敬。

故・甲田光雄先生の言説に触れた方なら存知てる話しなんで別にそんな大上段に構えることもないんだけど(笑)
ようは、全身の51億本の毛細血管に水の4倍もねばっこい血液が11秒の高速でいって22秒で帰ってくるには
心臓をポンプとするなら物理的には18万ポンド、80トンの力がいるはずなのに、実際は1ポンドの力しかない。
じゃあ、いったいどんなメカニズムで血液は全身をそんな高速で回っているのか?その原動力は?という命題。
甲田先生は個々の細胞が引っ張るからと結論してる。心臓はたんに血液循環を調節している象徴というかタンクの役で
原動力は全身の細胞にあると。これを生体民主主義と表現している。

これが素材となる説。これをああでもない、こうでもないと、重心について同様、アッシら流にやってみようかと。
電気的力、いわばフォースのたぐいに言及してる人は少ない。東洋医学は気血・キケツって言って、気・キというチカラがあって
はじめて血・ケツが動くって看破してる。目に見えるものは、目に見えないものによって動かされている。
目に見えないものはない、と現代人は思ってるみたい。目に見えるって言ったって可視光線というか可視領域なんてほんのわずか。
遠赤外線、赤外線、紫外線、X線、放射線なんて見えない領域。そんなごくわずかの目に見えるものだけを信じるというか
それしかない、みたいに考える現代人が科学的かどうかさっぱりわからん。
目に見えないけど感じることができるエネルギーなんて、簡単に感じることができるよ(意味が重複してる 笑)
盲人の鍼師なんてみんなそれを頼りに治療して、神業のような手技を披露してる。アッシも手ほどきを受けたクチ。
長くなりそうだ(笑)

血液は心臓のチカラだけではなくて筋肉の動きで補助されて動く、と仰ったのは故・福増廣幸氏。
福増氏は、心臓外科のトップから一転して触手療法という独自の指圧法に開眼して晩年は自らの治療法の普及に尽力された方。
おしいことに50代で急逝されてしまった。
大勢の患者さんの体内を、心臓を診てきた人だけにけっこう説得力を感じる説。

まずは、小出しにこんな感じ。長く続くかは不明。けっこう飽きっぽいタチだから(笑)
ネタはころころ変わるし(笑)

では、おやすみなさいませ。
  1. 2011/12/19(月) 23:18:40 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

福増先生は、正規のアカデミーで習った解剖学や生理学と、自分が覗いた垣間見た人体の内部世界が違うと気づいた。
教科書に書いてあることと現実の身体の認識にギャップが生じたと。
心臓のチカラだけでは血液は動いていないと観の目が見抜いた。
それで独自の身体観を作りだした。その一助になったのが東洋医学の気の理論。これを万人にわかりやすく説くために
筋肉疲労=気血の流動阻害要因とした。
ちょいと専門的になるけど、経絡という電磁気の流れるネットワークが身体にはあります。これはよく経絡人形という
ツボがいっぱい点で表現されてその点を貫く線でおおわれた人体ゴム人形(中国製 笑)を見たことがあると思います。
あれがいわゆる経絡なんですが、経は縦のライン、絡は横のつながり、ってこと。
そんでこの経絡の主に経のラインにそって筋肉をつなげてみたその筋肉ネットワークを経筋・ケイキンと呼びます。
この経筋を治療対象としたのが福増氏です。

「人間には自然治癒力という自分で治ろうとする力があります。その力が働こうとするのを止めている何かがあるから病気は治らない。
その何かをとってしまえば、病気は治ってしまう。簡単なことなんですね。
自然治癒力の働きを邪魔しているものは何かということですが、これは人によって解釈が違う。僕の場合は、それが
『慢性筋肉疲労』だと思っている。それを信じるかどうかは受け手の自由で、僕はそういう仮説を立てて、それを実証しようと、
今やっているわけです」

気という概念、気というエネルギーを説明するのに科学の、医学の、現場の世界で生きてきた福増氏も苦労したようです。
アッシはよく電磁的エネルギーとか電気的ネットワークと表現するんだけど、たとえば、ミトコンドリアは小さな電気発生装置
なんですが、これと経絡とか細胞膜とつなげる理論はまだあんまり聞かない。現代医学はまだ東洋医学まで進歩してないから。
西洋医学は日本ではわずか130年くらいの、蘭学を加味しても200年くらいの歴史しかない。
それだけで身体観を刷り込んできたから、一般の人の身体観はもう全然おかしくなってる。
機械論だけでは人体は解き明かせない。生気論・ヴァイタリズムもあわせてはじめてマトモに人間を理解できる。
西洋にも生気論の歴史はあったけど、近年は完璧に機械論に制圧された。スターウォーズで使われるフォースという概念は
このヴァイタリズムに起因する。これを独自に研究されたのがエール大学神経生理学教授だった故・ハロルド・バクスター博士。

さてとまずはこんぐらいにしとくか(笑)
  1. 2011/12/20(火) 06:54:30 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

「生命の基礎現象は感覚と能動的な運動であり、身体の各部にそれぞれの固有生命 Vita propria がある。
 固有生命を起こすものは自然の力すなわち生気であって、生命力は物理学や機械学の範囲に属しない」
                            生気論の創始者 ボルデュー(フランス)

きわめて真っ当な見解なんだけど、こういう事を言った人が西洋にいたって事実すらほとんど知られていない。
現代は圧倒的に人間機械論が全盛。拷問かけて身体感覚を消失させる方法だって人間をモノと考えるからこそ可能な狂気の世界。
人間が機械であるわけがないじゃん。機械ってのは人間や生物の構造を真似したものでしょうが。
人間や生命が先なの。機械なんか後からできたもの。つうか人間が機械に支配されてどうすんだってぇの。
今の世の中なんて完全に機械に支配されてる。原発がいい例。そんでこのパイプモンスターが狂ったが最後、もう人間の手に負えない。
とっととあと50匹近く飼ってる、このパイプお化けを安楽死させてくれ!
もう1匹狂いだしたら終わりっすよ。
なんかいっつも原発に話しがいっちまう(笑)
  1. 2011/12/20(火) 13:53:03 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

アッシもだいぶイカレテきたかな(笑)

故・福増先生のスゴイところは、西洋医学も東洋医学も仏教もかなりしっかり修めて実地の医学の現場でも手術や教授や治療師もやって
けっきょく最後に、「病気の原因は『慢性筋肉疲労』」という、いたって簡単な誰にでもわかる言葉で結論を述べてるところ。
難しいこと言うヤツはアッシはニセモノだと思ってる。真理ってのは実に単純で簡素なもののはず。
つうことで、筋肉疲労を取り除く食事ってのはやっぱクエン酸で決まりでしょ(笑)
クレブス教授は日の丸弁当でノーベル賞だもん。あっ、この話しは前にしたね。
では、今夜はこのへんで(笑)
  1. 2011/12/20(火) 21:00:45 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

日の丸弁当にはベルツの旦那も着目してたそうで、人力車夫で実験をやってて、早い話しが牛肉食べさせたらスタミナが落ちて、
もとの弁当にしたら人力車夫がシャキッとしてまた元気いっぱいベルツの旦那を乗っけてかっ飛ばしたって実話。
そんで、人力車夫が食べてたものを見たら、玄米に梅干しの、白地じゃなくて金地の日の丸弁当だったってわけ。
この実験でベルツはカロリー栄養学の矛盾に気づき、食事の質を重視すべきだ、と結論した。
クレブス教授がこの実験を知ってたかはちょいと気になるところ。

あと、故・甲田光雄先生の話しにはもうちょい付録があって、1934年にアショフという人の発見として
チフスやジフテリアで死んだ人を解剖すると左心室に血液がいっぱい詰まってる、けど、打撲傷や脳溢血で死んだ人の心臓は空っぽ、
という話し。これはようは細菌やウイルスで汚れた血液は死後硬直が起こる前までの生きていた全身の細胞がそんな血液はいらない
って拒否しるから心臓に血液が残って充満してるけど、打撲で頓死した場合はその血液はキレイなままだから全身の細胞がその血液
をチョーダイって引っ張るから心臓が空っぽになるってこと。

ようは、血液がキレイだと全身の細胞が一生懸命クレクレって引っ張るから血流速度が上がるってことかもしれない。

以上、中間報告(笑)
  1. 2011/12/21(水) 19:30:22 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

死後うんぬんじゃなくて、生きている状態で血流がどうなってるのかってことだから

1,血液がキレイ→全身の細胞が必須栄養素やミネラルやビタミンや酵素が欲しくてコッチにおいでする→血流速度アップ
2,血液が汚れてる→全身の細胞がアミンやスカトールや毒素や化学物質や核種で汚染された血液はいらないアッチ行けする→
  血液の流れがとどこおる→血流速度ダウン

こういう事が通常の生きた身体での生理として起こっている現象かもしれない。
つまり血流の主体は全身の60兆個の細胞にあって、その血流速度を決めるのは血液の質ということ。
今の医学ってのは病体生理学であって、かつ死体解剖が基礎だったりする。これじゃあ生きた身体は永遠にわかりっこない。
東洋医学は生きた身体の生体観察と、生きた身体への医術の歴史がベース。
ここんとこもよ~く鑑みる必要がある。
健康体の生理学ってのが確立されなければならない。
  1. 2011/12/21(水) 21:28:53 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

つうことで、核種なんて猛毒を含んだ血液が流れれば全身の細胞はノンッって言うに決まってる。
それゆえ血流はどんどん悪くなる→ぶらぶら病的な身体に成り下がるかもしれん。
いい血が来ない、必須の栄養素が来ない、当然、ミトコンドリアの物質合成、働きが落ちる→解糖系の亢進→ガン化となる。
動きのキレが悪くなり疲れも抜けない身体になる。最悪だわな。こういう分析はまだないよね。
それとは別に、今まで学んだところによれば低線量被曝に関してはまずペトカウ効果に気をつけなければならない。
細胞膜が容易に破壊されて穴が開くんだから、それを未然に防ぐ方策を提示すること。
アッシはこれは多糖体の補給で可能と思ってる。ネバネバ食品ね。だからずっとこのたぐいを推奨してきた。
こういう分析はまだないよね(笑)あとは漢方の象形薬理の観点から言えば細胞膜を持っている食材が有効と判断できる。
たとえばゴマなんか果皮が付いてるからこれを細胞膜とみなす。干しブドウもそう。果皮がついてる。
干しプルーン、アーモンド、クルミ、梅干し、大豆(味噌)、キクラゲ、昆布、キノコ類などもみんな外膜込みの食材。
こういうのを食べると、身体に入ったときに同じ部位に効くと考えるから細胞膜の保護につながると思う。
細胞膜ってのは糖タンパクで形成されてるから、同じ成分を補給する。まあ、消化されてどうなるかって問題もあるけど
とりあえず同じようなものを食べるのも一策かと。あとは不飽和脂肪酸なども膜の成分だからそういうのって言うと
植物性油脂であるから堅果類のクルミやアーモンド、菜種油やごま油なんかはイイと思う。

「細胞膜の保護」、に焦点を当ててみた。

はっきり言ってもう細野もマインドコントロールされた原子力利権ポチ状態のようです。
被曝対策はもう進展しないとみた。だから徹底的に自衛するしかない。

細野原発事故担当相ご乱心 「福島を日本で最もガン発生の少ない県にする」 : 田中龍作ジャーナル
http://tanakaryusaku.jp/2011/12/0003364

習慣にしちゃうといいよ。アッシの家庭ではもう干しブドウ食べたり、ナッツ類をつまむのは習慣化してる。
けっこう本当に効く感じする。体感ですが。なんだってやるしかないよ。こうなったら。
血液ってのは基本中の基本。動く臓器でもあるし、60兆個の細胞が浸る母なる海でもある。
だから血液をキレイにしとくのはもっとも基本の養生だし、その血液のもと、材料は食だから食養生は徹底しなければならない。

基本に立ち返って食について提言してみました。
おっとこんな時間だ、やばいぞ(笑)では、おやすみなさい。
  1. 2011/12/22(木) 00:20:57 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

>「福島を日本で最もガン発生の少ない県にする」

この発言もマインドコントロール入ってるからね。ガンの発生前に血管系の疾患でオジャンだってぇの!
それだけじゃない、ぶらぶら病的な不定愁訴満載のヤマイ満艦飾人間ができちまう。
世界医薬産業のかっこうの餌食。そういう患者を作りたくて被曝容認放置状態にしてきたかもしれん。
医薬産業ってのは病人がいなければ成り立たない。だから病人を作り出す。決して健康な人間なぞ望んでいない。
生かさず殺さず、生き血を吸うバンパイア。甘く見ないほうがいい。良心的なエリート医師の皆様は知らぬ間に
グローバル医薬産業のポチになってしまう。構造がもうそうなってるから。
そこから外れる、つまり、医薬産業にとっては邪魔な存在ってのが伝統的な医療。だから世界中でことごとく自然療法は
抹殺されてきた。今、現在もなんら変わりない。日本でたとえば西洋医学を学んだ医師がもし東洋医学よりの発言をしたり
人々の身体観を変えるようなインパクトのあるコピーなどひっさげてマスメディアに登場したりすれば、アッという間に
消え去る運命にある。春山茂雄氏の「脳内革命」が記憶に新しい。故・間中善雄博士は西洋医学の世界では変人扱いで
まったく相手にもされなかった。

脱原発と同じかそれ以上に手強いのが脱病院というカテゴリー。これはイワン・イリイチって思想家が唱えてると思うけど、
脱病因社会ってのが理想だけど、ほど遠い。身体自治を身につけることがイコール脱病院化への道です。
自分の身体は自分で守る。誰のものでもない、自分の身体。誰にゆだねてもイケナイ。
そこが理解できてればおのずと自衛の道へ向かうはず。
  1. 2011/12/22(木) 07:06:57 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

世界原子力産業と世界医薬産業という2大ボスキャラを攻略しなければならないっつうわけだ。
ゲームセンターあらし(笑)なみの指テクで対抗するしかないかも(笑)

『ガン予防=ミトコンドリアの活性化』

これさえわかってれば大丈夫。ミトコンドリアが喜ぶ食や生活をしてれば即それが身体自治ってこと。

さてとだいぶキチガイじみて書き込んでしまった。
まだまだありまっせ。では。
  1. 2011/12/22(木) 13:23:32 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

きのう来た患者さんが言ってたけど、呼吸器科の医者が最近、妙に呼吸器疾患で来院する患者が増えたな、って言ったって。
ちっと気になる発言。あと飼い犬が白血病で死んだとか。アッシはテレビ見ないから知らないんだけど、なんでもNHKに出てた
旅番組のダイちゃん?(名前詳細は失念 笑)だかってラブラドールレトリバーが311後も北関東や東北なども回り、
四国だか行って、頓死してしまったらしい。(詳細失念 笑)その番組のファンだった犬好きの皆さんはけっこうショックを受けた。

まあ、何かと気を付けたほうがええね。
  1. 2011/12/23(金) 07:13:12 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

【隠元豆 インゲンマメ

マメ科インゲンマメ属植物インゲンマメ(四季豆)Phaseolus vulgar-is,L.で、その仁を薬用に供する。

〈化学成分〉 高分子糖タンパクである植物性血球凝集素(PHA)を含む。
       また、タンパク質、デンプン、糖類、ビタミン類などを含む。

〈性味帰経〉 甘、平。脾、腎経に帰る。

〈薬理作用〉 PHAは骨髄の造血機能を刺激し、白血球を保護あるいは向上させる。
       したがって、腫瘍患者の化学療法と放射線治療によって引き起こされた骨髄抑制と白血球減少を予防治療する事ができる。
       この外、化学療法、放射線治療、手術などの処置に対しても補助作用を有し、全体の治療成績を高めさせる。
       
       PHAはマクロファージの貪食機能を高める事ができる。
       またMIF(白血球遊走阻止因子)を誘発産生する。
       さらにインターフェロンを誘発産生し、ウイルスの正常細胞に対する感染を防ぎ、さらにウイルスによって侵蝕された
       細胞を殺傷する。したがって、生体の抗感染能力および抗腫瘍能力を増加する。

       PHAは体内外で、多種の腫瘍に対し一定の抑制作用を持っている。
       抗腫瘍作用の産生とは、一に直接作用であり、一に生体の免疫能向上の結果発揮されるものである。


〈臨床応用〉 『腫瘍』
       1978年、全国的にPHA療法、化学治療を組み合わせて多種の腫瘍403例の治療成績がまとめられた。
       例えば、白血病80例治療中、有効53例と66.3%(対照群32例で有効率43.7%)を占め、
       そのうち難治症例が21例で、有効15例であった。
       鼻咽頭癌40例にPPF(PHA、クロラミン、5-フルオロウラシル)を用いると、有効率97.5%、著効率50%
       (対照群16例、有効率93.7%、著効率31.2%)であった。
       末期消化管腫瘍8例中、著効4例、有効2例。
       その他腫瘍(胃癌、直腸癌など)52例中、有効が31例で59.6%を占めた。

       『ウイルス性肝炎』
       各種類型の肝炎および肝硬変に対し、一定の効果を持っている。
       韻関市2院はPHA(中、西薬による対症治療を併用)で慢性持続性肝炎50例を治療、有効率84%であった。
       対照の中西医治療群20の群の有効率は50%で、2組の比較差は非常に顕著であった。
       邯鄲市伝染病院はPHAで50例を治療(急性15例、慢性32例、重症3例)、有効率68%、
       そのうち急性15例は全部有効であった。

       白血球減少症、リウマチ様関節炎、小児ウイルス性肺炎など免疫性疾患およぼ免疫能変化と関係する疾病は、
       単独かあるいは、その他の薬を配合して使用する。この外、免疫能の測定にも用いられる。


〈用量用法〉 PHA注射1本ごとに乾凍粉剤10㎎が含まれる。
       
       『腫瘍』 成人に、毎日PHAを20~40㎎と5%ブドウ糖液を静脈点滴するか50%ブドウ糖液静脈注射(ゆっくり)、
            あるいは生理食塩水で溶解してから筋肉注射する。
            化学療法による治療の5~10日前に使用し、引き続き化学療法で治療するか、
            化学療法による治療後5~10日間使用する。
            この順番で、一般に2~3クールを必要とする。

    『その他疾病』 毎日10~20㎎、用法は同上】   原著・駱和生  訳著・丁宗鉄 「免疫と漢方」谷口書店より

キモになる核の部分はココらかなと。
『>高分子糖タンパクである植物性血球凝集素(PHA)を含む
 >PHAは骨髄の造血機能を刺激し、白血球を保護あるいは向上させる
 >PHAはマクロファージの貪食機能を高める事ができる
 >ウイルスの正常細胞に対する感染を防ぎ、さらにウイルスによって侵蝕された細胞を殺傷する。
 したがって、生体の抗感染能力および抗腫瘍能力を増加する。』

ということで、インゲン豆も常食していればガンにも感染症にもならん、かもしんない。
時期ではないけど、年中スーパーに置いてある。おとといの昼食の肉巻きの中身が人参とインゲンだった(笑)
そんで冬至だったからカボチャの煮物、あずきカボチャのバージョン(腎機能低下と膵臓の疲弊に効く)と2種。風呂はゆず湯。
親戚のおじさんがユズをゴロッとくれたから腐らないうちに使い切るってことで昨日もゆず湯。
で、子供より先に爆睡して良く寝た、寝過ぎだろ(笑)

そういえば、感染症とかウイルスが怖いってことだけど、旧ソビエトのB.P,トーキン博士の研究によれば、人体に有害な細菌やウイルス
のほとんどは、たとえばネギの香りを3分間浴びせるだけで死滅してしまう。そのくらい植物の芳香性物質・フィトンチッドは強力な
抗感染能力をもっている。すげえでしょ!凄すぎでしょ!森を破壊すると感染症は増えるのさ。

昨日来院された常連の若奥さんに、ネギの話しして、アッシの持ちネタつうか持ちレシピの、ネギとショウガと手羽元でダシとって
ガラスープのもとと岩塩入れたスープ作って、ベトナムの米粉が原料のきしめん・フォーってのを作る、をおせぇてあげたら、
いたく喜んで、さっそく作るって言ってた。

ほんとにネギは効くからね。大森先生は重症の結核患者を三島の結核病棟から引っ張ってきて、わずか5日で完治させた。
自分の兄を結核で失ったから、まず結核から攻略していった。それをアソビと仰った。万病を食だけで治した希有の食医・大森先生。

ではでは、メリークリスマス(笑)
  1. 2011/12/24(土) 06:56:52 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

クリスマス音楽祭に乗り遅れた(笑)聖夜も爆睡で養生に徹してしまった(笑)
そんで今日は家族サービスも兼ねてお買い物!三井住友グループが田舎の景色を一変させてる大型商業施設へ行ってきた。
上の娘はここぞとばかり、アイスクリーム食べたい、ってんでオヤジが虎の子の小遣いをはたいた(笑)
満足しとった!よかばい、こういう時くらいはチベタイもん食べてもね(笑)ほんとはイカンぜよ。子供の腸にチベタイもんは。

さて、ずっと欲しかった鎌仲ひとみさんと肥田舜太郎先生の共著『内部被曝の脅威』ちくま新書を入手した。
アッシの自分へのクリスマスプレゼント。高木仁三郎氏の著書も一冊、一緒に購入。
ちょいと内部被曝に関して知見の精度を上げます。もうちょい洗練させようかと。

あと、気がついた事だけど、これは自分なりにヒットだと思ってること。
ショウガやネギがなぜ血流を良くできるのか?
この答えが自分なりに出た。こういう漢方薬に使われる生薬類のほとんどはフィトンチッドを有している。
これが血液中に入っていくとまず間違いなく血液中や細胞内に存在する細菌やウイルスは死滅する。
血液がクリーニングされる。すると細胞はそういうキレイな血液なら欲しい!ほしい!ホシイ!って要求するから、血流は加速する。
これがショウガやネギなどを摂取すると血流が良くなる原理じゃないか、というアッシ流の解釈であり解答。
マクロファージやNK細胞なんかメじゃない。フィトンチッドそれ自体が細菌やウイルスを死滅させるスーパー物質!だと思う。
こういうこと言うのは聞いたことない(笑)トーキン博士や大森先生の治験録から察するとどうもそんな気がする。
だから皆様、是非とも、汚染地域以外で出来たネギをはじめとする香りの強い野菜、薬味を積極的に摂って下さい。
それが感染症から身を守る身体自治になります。感染症はアッシ流では『フィトンチッドを含む野菜の摂取』で攻略です!

「兼愛と非攻」、墨子の思想だけど、これ最近、よく想起する。陣さんというエヴァンジェリストなしでは気づかなかったカテゴリー。
細菌やウイルスと兼愛の関係を保ち、それを完全に制御し防御する非攻もできる方策。
それがアッシ流のフィトンチッドを利用した感染症対策。

では。
  1. 2011/12/25(日) 19:11:32 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

まあ休日だしこんな時間に無礼講(笑)

アッシの身体自治の要点は、結局、自分の身体をいとも簡単な方法で健康にする、ということ。
そのためにはなんと言っても、食が大事。だから食について語ってきた。
食がなければ命はつなげない。桜沢如一は「食は神なり」とまで言った。

で、今回の原発事故で起こる未曾有の内部被曝に対して有効な手段のひとつが「フィトンチッドの摂取」と今はにらんでる。
フィト・ケミカルっていう植物の化学物質ってのは、まあ、フィトンチッドのパクリみたいなもんかなと。
フィトンチッドってほとんど忘れ去られてる。つうか、意図的にね。

ガンももちろんフィトンチッドで予防できる、と思う。
  1. 2011/12/26(月) 01:16:10 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

光さん
益々、意気盛んで嬉しい限りです。
留守してる間も、ちゃんと拝読させてもらってましたから。
ここんところは、光さんの養生に対する根本思想が、より鮮明に著されていたように思う。
乳酸菌考の項目では、あっしも強くシンパシーを覚えると同時に深く考えさせらました。
個々人の持つ腸内オリジナル有用菌を育てよ、活性化せよ、体内培養せよという事でしょ?
血液考の項目に関しても、基から持つ血液のポテンシャルを呼び覚ませって事でしょ?
例によって飛躍した言い方になるけど、健康体を産土と解釈してみたのね。
摂りいれる外のものだけが神でなく、内なる神との結びつきによって、それは産まれる。
神と神の合気、和気によって。
すると、
各自の体の各所にはオリジナルの産土があるわけだ。
そして、全体から捉えても・・。
フィトンチッド考、楽しみやー。
では、また。
  1. 2011/12/26(月) 06:53:22 |
  2. URL |
  3. 陣中見舞い #-
  4. [ 編集 ]

細菌も ウイルスもみな おともだち 共生きのコツ スパイス薬味

かの大英艦隊もコショウと塩が欲しいのもあって南国を植民地にしやがった、なんて説があったような。
サラリーの語源はソルトでしょ。塩・ソルトというミネラルとコショウなどのスパイスは肉の貯蔵に不可欠な材料だった。
元祖グローバル株式会社ロンドン本店直営の艦隊だから、あっちの生薬、こっちのスパイスをみんなパクっていきやがったけど。
日本にもその先兵が来てたよ。たとえばライネ、ケンペル、シーボルト。この人っちは東洋医学なんかの知識を見にもきてた。
もっとも経絡・ケイラクあたりは、よくわかんなかったようだね。今の日本人と一緒で見えないものを観る能力がいまひとつだった
みたい。

さて、要点を言います。他のアドバイザーが指摘してないかもしれない内部被曝を防ぐコツ

1,免疫力の低下を補って余りある強力な抗感染能力を有する薬味やスパイスや柑橘類に含まれるフィトンチッドの摂取
2,細胞膜の成分であり、粘膜の保護になると言われる多糖体(ムチン、ペクチン、ムコ多糖類、アルギン酸など粘性物質)の摂取
3,細胞膜の成分である不飽和脂肪酸を有するゴマやクルミやアーモンドなどの種実類の摂取
4、ミトコンドリアのクレブス過程を円滑に回転させるクエン酸の摂取
5,干しぶどう(笑)

あくまでアッシの個人的独断込みですが、けっこういいとこにヒットしてる確信がある。

フィトンチッドというとゴボウなんかも香りが強い。虫垂炎の際にゴボウのおろし汁を飲ませると炎症が鎮火するとされる。
魚の骨が飲み込まれて虫垂に引っかかると虫垂炎になるなんて説もある。
だから、たとえば鯉コクなんて料理には必ずゴボウが一緒に使われる。どぜう汁にもゴボウって入ってなかったかな。
川魚の臭み消しと虫垂保護のためにゴボウを使ってきたんだな。
遠洋のマグロにはワサビ。近海のカツオにはショウガ。磯魚にはミョウガ。イサキなんかには山椒かな。
マグロはいっち油っぽくて臭みが強いから、それを消すにはいっち強力なワサビって決まってる。
カツオはそれほどでもないからワサビは合わなくてショウガが合う。このへんは大森先生の知識を拝借してます(笑)

「その息するや深深たり、真人の息は踵をもってし、衆人の息は喉をもってす」『荘子』
踵・カカトでゆっくりと呼吸できるようになると真人の息・域に達するようですな。

では。
  1. 2011/12/26(月) 06:58:57 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

ノドで呼吸しないってのはクチ呼吸しないってことだね。西原克成理論に合致してまんがな。

陣さん、おひさでやんす(笑)
相変わらず素晴らしい纏めで嬉しいです。

唾液中に存在する細菌の数は10の7乗個だそうで、ミュータンス菌という乳酸菌もいるし、マイコ・プラズマも在籍してます。
ミュータンス菌は虫歯菌らしいけど、これも文字通り解釈しないほうがいいね。ようは虫歯になるようなアンバランスな菌叢に
なったから、虫歯になったが正しいでしょう。菌の世界には悪も善もありゃしまへん(笑)
胃酸に強い耐酸菌なんてのもいるらしい。菌の世界に関してはまだまだアッシは無知同然です。
通過菌と固有菌の双方が共同して腸内環境や免疫をはじめとする生命活動を担ってもいる、が正しいのかもしれません。
そうなら、やはり通過菌も質のイイのを豆乳もとい投入したほうが良さそうですね。
固有菌だと何か不足している菌があるのかもしれない。それが免疫の個人差の要因かもしれない。
肥田先生が大勢の被爆者を診てこられたけど、ぶらぶら病になる人とならない人があると。
それは個人個人で免疫力が違うからと仰っている。このへんと通過菌とからめて味噌や醤油、秋月理論とつなげてみれば
内部被曝への対策が見えてきます。つまり、良質な通過菌の摂取が固有菌の個人差を補い、ひいては免疫力の個人差を補うことになる、
と結論づけることもできます。

さてフィトンチッドは大ネタです。ほとんど注目してる人はいないし(笑)
おいおい開陳します。
  1. 2011/12/26(月) 15:52:54 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

通過菌は貴し 通過菌に頼らず  

武蔵っぽく言うとこういう感じかな。
定住常在菌という固有菌。個性菌。アイデンティティーがちゃんと腸内にまで存在するんだわい。
簡単に洗脳されてたまるかってぇの!

まあ、グローバリストってのはカッパライだね。

さて、フィトンチッドだけど、たとえば笹の葉でくるんだチマキ、笹の葉寿司、柿の葉寿司、寿司に添えるガリ、
刺身のつまの大根、紫蘇の実、わさび、ネギ、などなど、全部これフィトンチッドを経験的に活用してきてるってアカシ。
韓国料理なんかも中国医学の漢方薬の影響を受けてそうだね。アッシは詳しくないけど。サムゲタンなんていうスープは
効きそうだよね。
つうことで、フィトンチッドでちょいとつないでいきます。では。
  1. 2011/12/26(月) 21:23:46 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

もともと漢方薬の処方の一形態である湯液・トウエキというやり方は早い話しが薬草スープだった。
薬草スープというか、ただのスープだったと推測する。殷王朝の国王の料理長が作ったそのスープが湯液のオリジンだった。
湯液・トウエキは読んで字の如く、あたたかい液体。あたたかい液体の状態で使う薬法。他には丸剤とか軟膏みたいなやり方もある。
葛根湯の最後の文字の「湯・とう」と読ませるここの部分が薬の使い方を表してる。八味地黄丸だと丸剤だから、丸く練った丸薬を
飲むタイプ。当帰芍薬散だと散剤だから粉になってるのを頓服するタイプ。
湯液タイプってのは薬草のフィトンチッドという香気物質をあたたかい液体に煮出す行為。
薬草情報を転写するとも言える。
ちょいと漢方薬のマメ知識でやんした(笑)

そういう観点から見て、アッシお得意の湯液は「生姜ハクソウ手羽元加味米粉麺湯」なんていやに長ったらしい湯液名になる(笑)
このフォーなんだけど、先日、ちょいと頭が痛くて身体が重いときに食べたら、すごく効いて食べ終わったら身体がシャキッとして
頭痛までとれた。でもベトナム料理だから、どちらかと言えば夏向きのレシピっぽい。身体の余分な水分を発汗によって飛ばす効果が
あるようです。体感とソウハク(葱)や生姜の薬効から判断すると熱帯向きかなと。
もちろん血液のクリーニング効果は絶大だと体感してる。

さて、大根エノキ味噌湯、付きの朝餉でも頂きましょうかね(笑)
  1. 2011/12/27(火) 06:50:51 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

文明開化なんていうとさ、その前に文明が無かったように感じるじゃん。これがマインドコントロールなんだよね。
印象派ってのは福沢諭吉の誤訳でホントは日本版画派が正確な訳らしい。これもマインドコントロールなんだよね(笑)
なんでも外国から貰う、なんて発想が貧しいんだよね。岡本太郎はパリへ行くときに記者に「今度は何を得るために?」
みたいな事を訊かれて「何を言ってるんだ!こっちが与えに行くんだよ!」って言ったんだよね。かっこいいじゃん。

文化や文明が明治になって初めて外国からもたらされたように錯覚するような教育がなされてきた。これが近代現代の問題点。

だからといって、別にガチな愛国派になってるわけでもない。ようはテメエのアイデンティティーが維持できてればいいわけ。
それが陣さんとの交流で芽生えた(笑)テメエが何者かってことがわかってきた。うれしい。鍼灸界のドンキホーテになって
今後も嫌われてみようかな、と(笑)鍼灸界のフィトンチッドのほうがいいかな(笑)

では、年末はあいかわらずビッチリ仕事や。まあ、その後、少々の正月休みがあるけど。
もうひとふんばり。では。
  1. 2011/12/27(火) 14:00:04 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

江戸末期の医学レベルは世界的にみて日本はかなりのところにあった。
たとえば胃ガンなんかは、和漢薬のみで90%は治したとも言われる。切らないでね。
人間の腹をかっさばかなければ人体が何もわかんない、なんて医学は野暮の極み。
東洋医学は切らないで2000年の余、やってきた。やってこれた。あえてそうしてきた。
北宋時代には、罪人の一族を使って生体解剖までして正確な解剖の知識を得た。にもかかわらず、あえてその正確な解剖図は残されず、
あまり役立たないテキトーな解剖図のみでその後、やってこれた。なぜか?
内臓体壁反射、体表内臓反射という表皮と内臓のインタラクティブな医術を使えば、ほとんどの疾患に対応できたから。

漢方薬も傷寒論・ショウカンロンが著されて以降、劇的に進歩する。「傷寒論」ってのは「腸チフス論」ね。
それで、この本にある麻黄湯が近年になって新型インフルエンザに効くとかって話題をさらった。
あったりめぇじゃんか。麻黄ってのは血管を拡張させて発汗を促す生薬だもん。そんでもちフィトンチッドたっぷり!
麻黄は見た目も血管みたいな中空の配管みたいな構造。ネギもそうだよね。こういう血管に似た構造の生薬は当然、血管に効く。

漢方薬なんて使わなくても普通に薬効のある食材を食べてれば病気になんかならない。
これを言いたかった。食薬一如。
  1. 2011/12/27(火) 21:02:09 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

放射性核種の分子レベルのふるまい、ってのは、細胞の6兆分の1の大きさの世界だってさ。
モノすげえミクロの決死圏!の話しじゃん。だから病理学的に立証できなかった。
分子生物学がやっと追いついてきて、なんとか解明される部分もでてきた。
肺組織でα線を放射するプルトの写真見た。寒気がぼったつ!おっそろし~ぞ!
みたい人は先の肥田先生と鎌仲さんの著書を購入すべし!
ちょいと、中間報告でした。
  1. 2011/12/28(水) 06:41:04 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

トーキン博士と協力者が突き止めた人体に無害で、かつ、有害な細菌類に対して抑制力が強いものは

「ネギ、ニンニク、ワサビ、みかん類」

ニンニクは食べ過ぎは要注意。普通に香り付けならオッケー!なぜ食べ過ぎはマズイかって言うと、タンパク質まで溶かす作用が
あるために、ヘタすると赤血球まで溶けてしまう。よって貧血の方は十分にご注意を。

ワサビは食べ過ぎる人はいないはず。普通は刺身に付けるか、そばに付けて食べる。これが合ってる食べ方。
ニンニクと同じく、タンパク質の消化促進作用があるから。ソバも刺身もタンパク質を含有してます。
タンパク質ってのは味噌みたいにアミノ酸のカタチで摂取するといいんだけど、そのまんまデカイ分子で摂取すると消化に手こずる。
だから大根おろし、ネギ、わさび、しそ、レモン、なんかの薬味と一緒に食べる。そうするとデカイ分子もうまく小さなアミノ酸に
消化される。

ネギとみかん類は特に注意はいらんかな。大いに食すべし、節度をもって(笑)
  1. 2011/12/28(水) 20:02:14 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

鴨が葱を背負ってくる、ってのは理にかなってるわけですな(笑)

鴨南蛮なんか旨いもん。ウチは田舎なんで、そのへんで鴨をよく見る。イキナリ路上を横切る時もあってオモロイ。
もっとも食べようとは思わないけど(笑)アレって逃げるの下手そうだよね。よちよち歩くし。飛ぶのもめいっぱいって感じだし。

タンパク質の消化酵素で有名なのはタカジアスターゼ。タカは高峯じょうきちのタカ。この人もかなりスゴイ発見をしてるんだけど
あんまりメジャーになってないね。鈴木梅太郎と一緒。アッシはけっこうマイナーな大発見って好きなんすよ(笑)
マイナーな存在にあえてさせられてるんだけど。

では、「ネギ食って 風邪も知らない アッシかな」 
で今冬を乗り切りますか、ってオメエこのあいだ風邪ひいたじゃん(笑)
  1. 2011/12/29(木) 07:03:32 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

フィトンチッドは大ネタなんだけど、なんというかダラダラと締まらんカキコが続いとるなぁ(笑)

はやい話しが、ネギ食ってりゃあ、風邪もウイルスも細菌も癌もかんけーねーで生きていけるぜ、ってこと。
いや信じていいよ。あと梅干しでもありゃあイチコロよ!実話なんだけど、100歳超えの婆さんがひ孫おんぶするほど元気。
で、その婆さんの朝食つうのが、ご飯てんこ盛りの山頂には梅干しが初日の出状態で鎮座!
そんで味噌汁に数滴のニンニク絞り汁を落とす。
どうですか?こういう誰に教わることなく、健康長寿の秘技をマスターしてる市井の達人。アッシは深く尊敬します。

ニンニクの精油成分アリシンの殺菌力は、「8万5千~12万5千倍に薄めても、結核菌、ジフテリア菌、チフス菌、赤痢菌、淋菌、
                    などに対して抗菌力がある」

だから、香り付けに使うだけでも十分にその効能が発揮できるってことでしょう。
  1. 2011/12/29(木) 13:45:42 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

ドラキュラ伯爵ってのはRh-型の血液型で貧血だったそうで、ニンニクを嗅がせようとして退散させる方法を知っていたのは
いったい誰だろう?まだフィトンチッド学説なんて広まってなかったはずなのに。もっとも今も全然広まってないね(笑)
この学説は裾野が広いと思う。ウイルスや細菌が怖くなくなればね、医学的な部分で怖いものがだいぶ減るでしょ。
「ネギ1本の革命」ね(笑)福岡のおじいちゃんのパクリ。

アッシがなにゆえにこの学説に着目してるかというと、故・大森英桜先生と故・荒木正胤師匠のご両人がこのフィトンチッド学説に
言及してるから。大森先生に至っては縦横に活用して病人を救ったきわめて実践的な学説でもある。
その大森先生の発言からちょいと引用すると、
「桜沢先生の本はもちろん研究したんだけれども、そのほかのものもいろいろ研究しました。
その中に、ソ連の研究で匂いの問題を取り上げたものがあった。「フィトンチッド」です。講談社のブルーバックスの中にあります。
『植物の不思議な力=フィトンチッド』という本です。この植物の匂いの研究でスターリン医学賞をもらっている。
この本を読んで驚いたのは、玉ねぎとかニンニクとか、生姜とか、匂いのする野菜、たとえば玉ねぎの匂いですが、そこへバイ菌を
持っていったら、どんなバイ菌でも3分以内に死んでいるんです。生の匂いです。それで、煮たり焼いたり加熱したものなら、
3分より短い時間で、どんなバイ菌でも死んでしまう。」大森英桜「正食医学講義録第1集」日本CI協会 より

アッシもこのブルーバックスの本を持っていたんだけど散逸してしまい今はない。でも写真とかは覚えてる。
原虫がレモンの香りで、はぜて最後には消える写真。すげぇ~って記憶がある。
あと、ゆで卵をフラスコに入れてニンニクの切片を入れて蓋をするとゆで卵が腐敗しないって実験。
これたしか半永久的に腐敗しない、じゃなかったかな。ここはウロ覚え。
密閉したフラスコ内に新たな腐敗菌が入ってこないと仮定すると、ニンニクのフィトンチッドに浸ったゆで卵は腐りそうもないけど。
真偽はちょい不明。

「ワサビ、玉ネギ、カラシ、西洋バクチノキのフィトンツィドのある所では、肉は1~2カ月傷まない」
                         木崎国嘉「長生きと若返り」創元医学新書より

つうことだから、けっこうゆで卵も腐らないかもしれない。そんでアリシンというニンニクに含まれる成分は
「アリシンはタンパク質の吸収率をたかめ、ビタミンB1と結合してアリナミンとして体内にとけやすくなります。
そのうえニンニクには、ゲルマニウムという成分が多量に含まれています。このアリシンとゲルマニウムの両成分が協力して、
ガンを制する力が発揮されるのです。
去る昭和45年10月に開かれたガン学会の席上では、京都大学医学部の教授がニンニクをすりつぶして作ったガン・ワクチンの
試作に成功したと発表しています。
一方、ゲルマニウムの制ガン作用の実験も行われています。
ネズミを使っての実験ですが、ネズミを二つのグループに分け、片方にだけゲルマニウムを飲ませた後、両グループにガンを作る
皮下注射をうちつづけると、普通グループはじきにガンが発生するのに、ゲルマニウムを飲ませたグループにはいつまでたっても
ガンが発生しないというのです。しかしゲルマニウムを飲ませるのを中止してガン注射をうつと3日目にはガンが発生するという
実験です。

ガンに効くといわれている植物のゲルマニウム含有量が多いものを順にあげてみると次の通りです。
『ニンニク、訶子(カシ)、山豆根(サンズコン)、朝鮮ニンジン(日本産)、コンフリー、クコの実、
藤のコブ、紫根、クロレラ、ハトムギ』

アリウム属といわれるもののアリシン値の比率が高いものは次の通りです。アリシン値の低いほど特異の臭気が少ないというわけです。
『ニンニク、ラッキョウ、ニラ、ワケギ、ノビル、ネギ、玉ネギ』」
                               荒木正胤「漢方問答・東洋医学の世界」柏樹社(絶版)より

ニンニク最強伝説って感じかな(笑)まあ、香り付けで良し、とした方がいいから、そこは気をつけて!
餃子とかならニンニク入ってる方が感じがでて、挽肉とも医学的にもマッチしていいかもね。
無難にネギ、玉ねぎ、も大いに良し。あとはヨモギとかも強力な殺菌力あるね。
それから畳のイ草ね。柱に使ったヒノキね。日本家屋ってそこで生活すること自体がフィトンチッドに包まれる行為だった。
もったいないね。洋風建築とかプラモデルみたいな家ばっかりになっちゃってさ。

いや~、久々にビシッと決まったかな(笑)では。

  1. 2011/12/29(木) 20:57:12 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

細菌やウイルスがおっかねぇって刷り込みは、医薬産業にとっては絶対必要なマインドコントロール。
じゃあ細菌やウイルスなんか怖くないとなったら。マトリックスがブレイクスルーできる。
マインドコントロールの世界からイチ抜けたできる。しちゃいましょうよ(笑)

大森先生って仙人みたいだったけど、眼光は鋭かったね。アッシは信者じゃないけど。
パチンコとタバコを嗜むお茶目な一面もあった(笑)もろにヘビースモーカー! 兄弟子の誰かさんと一緒かな(笑)

結核を治すのに使ったのは、長ネギ。ネギの味噌汁、ネギの油炒め、ごま塩玄米、湯茶は摂らないようにして
徹底的に全細胞を締めてしまう。血液を濃縮する。青い顔してフラフラしてたのが、熱海の十石峠まで往復できるまでになる。
わずか4日ほどで。そんでその後、猛烈な高熱がでて完治。5日で結核菌を攻略。つうのを皮切りに万病を治すアソビを
開始した。まあ、スゲエんだわ。そこからの快進撃たるや。ってぇのは講義録とか読めばわかる。
新興宗教はメッタ斬り。霊現象も独自に解明。このへんも実にオモロイ。
そんなこんなであの眼光になったんだと思う。水木しげる翁も笑っていても眼は鋭いって言われる。
あの方は仙人じゃなくて妖怪だね(笑)ゲーテを愛読して暗記してたんだよね。スゲエ読書家なんだよね。今は知らんけど(笑)

昨夜ははじめて「マトリックス」なる映画を観た。まあまあかな。
アッシ的にツボなセリフもあったし、なんやこれって・・・なシーンもあった。詳細は言わん。エンタメの種明かしは野暮やから。
だからってわけじゃないけど、マトリックスって言葉を枕に使った。影響されてるじゃん(笑)

さて、大掃除というか小掃除するか!
  1. 2011/12/30(金) 08:19:58 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

「ネギ1本の革命」は、ほんと言い得て妙でっす!
昔の人は偉かったね、風邪引いたら、ネギの微塵切りガーゼに包んで喉に巻かしたり、ネギをケツに突っ込んどけと言ったり。(笑)
夜、寝付けない人は玉ねぎの微塵切りを小鉢に盛って、枕元に置くとイイなんて言うね。
野菜が充実してる秦野農協ってあるんだけど、そこで売ってるネギ味噌なんて最高よ。
丹沢麓の土産屋にもうまいのがあって、これだけで飯は何膳でもいける。
おら、何回目かの苦しい時期をこれと飯だけで乗り切った。(笑)
これとは別に、知る人ぞ知る、ネギ味噌一筋、これだけ作ってる老舗があるんだけど、情報源がどっかに散逸しちゃてるんで、調べときます。
ほんとに腹減ってるときゃ、塩結びや山頂初日の出ごはん(笑)は、ご馳走中のご馳走。
食べる前に、自然と手を合わせてますよ。
そこにネギ味噌が加わった日には、もうオレの事好きにしてって感じ。(笑)
フィトンチッドって単語を初めて聞いたのは、20年位前だったんだけど、知り合いの非常に怪しい山師からこの成分を抽出した消臭剤が持ち込まれて、これ売れないか?って言われた時。
当時アブラッ気の抜け切らない私は、おっさんに、そんなのvery easyと請け負って、MACを24時間フル稼働。(当時、デザインに関してはMACが優れていた)
あくまでも稼動させてるのは私んとこの社員さんであって私じゃない。
私は後ろで、その画像取り込めとか、ヨッシャーとか、右、左、そこはザラついた質感出せとか言って、背後に張り付いてるだけ、声は涸れるけどね。(笑)
そうして出来上がったチラシを、数多あるコンビニに配布しては、オーナに売り込んだ。
仕入れの、オーナー個人枠にね。
とにかくレジ横を確保すべく、キャッチコピーの踊るディスプレイから試供品までこちら持ちで、なんて事をやったの。
フィトンチッドというワードが市民権を得ていなかった当時、私が腐心して踊らせたコピーは、森で生まれて森で死する鳥獣には何故に悪臭がないか?という一文に続き、森の力===「フィトンチッドの力」と、こう来るわけです。
ターゲットはオフィス街のOLとオヤジの双方。(笑)
当時の食生活なんてろくなもんじゃないから、どいつもこいつも臭い、くさい。
「無臭」商品が、世を彩る花形へと祀り上げられる時代はこの頃始まりました。
売るからにゃ、こちらも服用する。
すんごいですよー、おらの後にトイレに入っては必ず、これはテロだよと言っていたセガレが涼しい顔して出てくるんですから!
結論から申せば、この商売はホームランにはならなかったけど、とりあえず塁に出るヒットにはなった。(笑)
これは自慢話でも何でもなく、キョーレツな反省譚なんです。
ひとつの薬効に対して、現代薬理学というのはそこまで侵犯してくるという、ひとつの実例を挙げたかった。
土地に根付く民の知恵をね。
無償配布しろと言わない、地域が豊かになる方法ってあるじゃない。

ニンニク繋がりでは、この7、8年言われ出した「アホエン」の効用ってのがあるんだけど。
おらも、半年位しか試さなかったから断言は出来ない。
ベネズエラの学者さんが発見した事にはなってる、スペイン語でajo(アホ)=ニンニクの有効成分ね。
この大効用は、ニンニクが生じゃ摂取不能、煮たり焼いたら(100度)破壊されるって事と、脂溶性に特徴あるという理由から、60度~80度で湯煎したオイルに抽出する事で得られる代物。
全くの確証はないんだけど、南米が500年もの間スペインに侵犯された時点でかっぱがれた知恵ではないかと、おらは睨んでる。
間違ってるかもしれないけど、またこっから、ロマンと調査の日々が始まるんで、それもまた楽し。(笑)

一応紹介しときます。
あくまでも自己責任で。
(ところで、ケチャップは白糖いっぱいだからやめとき。(笑)ピュアなトマトがモアーベターよ。)

ケチャップと相性抜群!「アホエンオイル」の作り方
http://homepage2.nifty.com/t-catsup/urawaza/ahoenoirutukurikata.html
  1. 2011/12/30(金) 09:32:28 |
  2. URL |
  3. 陣中見舞い #-
  4. [ 編集 ]

知らんまにかっぱがれる、ってわけですね。常に監視され盗聴される世界=昨夜観たマトリックスの影響(笑)
陣さん、オモロイ話し聞かせて頂きましてありがとうございます。南米文明にはアッシも興味ありまして、今回、図書館で借りた
DVDの1本はマヤ文明に関するものです。ネギって言えば、エジプトの石碑にも王様が亡くなった際の供物のメインに花束よろしく
捧げられていますし、岡本太郎の代表作「重工業」の真ん中にも長ネギらしきモチーフが描かれています。
タローの幻の作品だった「明日の神話」が日の目を見ることができた後に、フクイチ勃発!なんか因果を感じますね。
アッシは今井俊満も好きですけどね。ムッシュ今井。一所不住の精神を貫いたアーティスト。
自分の作品のコピーを徹底的に嫌い、ころころと作風が変遷したアンフォルメルの旗手。
タローとは途中で袂を分かつんだけど。パリに単身で乗り込み、とんでもなく貧しい下積みを経て、独自の画風を打ち立てる。
でもそこに留まらず、どんどん作品は新陳代謝して変わっていく。進化しつづけた。晩年の「コギャル」「エロチカ」なんか
軽いタッチで飄々としてる。癌に冒されながらも最後まで筆を持ちモチベーションが落ちなかった。
マネもたしかベッドから長~い筆で壁に落書きみたいなタッチの絵を描いてたけど。

そりゃそうとこちら小吹さんブログをお借りしての陣さんとの交流はまことに「 啐啄同時」でした。
そして何度も「喝」を入れて頂きました。ひとまず本年の早めのお礼と感謝の言葉でやんす(笑)

養生大全まだまだ続きますけど、おいっ、早く掃除しろよ(笑)
  1. 2011/12/30(金) 10:11:11 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

マネも(誤)→マティスも(正)

失敬。
  1. 2011/12/30(金) 10:28:19 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

【『フィトンツィッド学説』
             レニングラード大学教授、生物科学博士のポリス・ペトロヴィチ・トーキンが唱えた学説。
             フィトとは植物、ツィドは殺すという意味。「植物の殺菌力学説」とも言える。

トーキン博士の実験研究の一端。
「樫の新鮮な葉を一つかみ鋭利な小刀で刻み、そのそば2~3センチの所に、微生物の多数がうごめく水滴をピペットで移す。
この水滴には滴虫類やアメーバのような単細胞の原虫のほか、結核菌、腸チフス菌、コレラ菌、ジフテリア菌なども入っている。
何分か後に顕微鏡で検査すると死滅しており、菌の好む栄養を与えても生き返らない」

白樺、ユーカリ、西洋バクチノキ、黒スグリなどの葉、松、ねず、シベリアモミの葉、マワレブ桜、ミカン、リンゴ、ワサビの根、
野生シャクヤク、ニンニク、ネギなどのフィトンツィッドにも優れた殺菌力がある。

抗ジフテリア菌、百日咳菌、化膿菌性のフィトンツィッドや、トリコモナス、ランブリア抗生のもの、流感ウィルスに影響するものも
見つかっている。】
           参照 木崎国嘉「長生きと若返り」創元医学新書

門松や玄関飾りのダイダイのフィトンチッドもいい効果があるのかもしれないね。
正月早々に頭の上からフィトンチッド浴びると、その一年は無病息災とかってね。
芳香性物質ってのは一種の情報だからインプットした人とそうじゃない人じゃあ違いがあるかもよ。

大昔、それこそ3500年前あたりの殷王朝とかもうちょっと下った秦の時代に中国大陸の大森林が伐採され始め、その後は見る間に
赤裸ならぬ黄裸になって土砂が流出して黄河の黄色い水になる。あの黄色い色はツチの色なんだよね。
秦の始皇帝の墓がある森はいまも生きた森で、そこからは落ち葉や土壌で浄化された清らかな清水が渾々と流れでてきている。
考えさせられるよ。森林を伐採したのは木材を必要としたからで、伐採に使用するノコギリや斧を作る製鉄や冶金の技術があったから。
じゃあ、そん時に、エコロジー思想はなかったのか?わからんね。アッシはたとえば「もののけ姫」のアシタカの部族のモデルと
される少数民族チャン族のシャーマンが殷の時代に虐殺されてるから、案外、チャン族あたりにはエコロジー的思想があったんじゃ
ないかと推量してる。殷王朝の支配者は自分を神のように崇めさせたい。でも、シャーマン達は「森こそが神である」と言って
ゆずらなかった。自分を神と思わせて大衆を支配するためにはシャーマンが邪魔になった。ゆえに徹底的に虐殺した。
とアッシが勝手に推測してるだけ。

もし大森林が残っていれば、今もフィトンチッドに包まれた大気が中国大陸から大量に日本へ運ばれるはず。
それだけで感染症の心配は皆無だったかもしれない。徐々に森林が解体されるのと「傷寒論」が書かれた時代が時を同じくして
大気中のフィトンチッド濃度の低下と共に、チフス菌が増殖し、コレラ菌が増えていき、感染症時代の幕が開けてしまった?
と推測してみる。そうすると地球規模での森林の重要性が見えてくる。

森も河も大地も海もすべて地球の細胞膜。それらは有機的につながり人体の皮膚面と同様に電気的ネットワークで結ばれている。
どこを伐採しても、どこを傷つけても、どこを穴開けても、本当はそんなことは絶対にしてはいけない事だったのかもしれない。
「この世界はかつて神を殺した」こんなセリフで「もののけ姫」は始まる。
今もずっと殺し続けてる。バカだよね。自分の粘膜や皮膚と同じなんだよ。自分の父親や母親の皮膚を切り裂くことと同じなのに。
科学?技術?そんなものが人間を、地球を今まで一度だって幸せになんかしてないってぇのにさ。

なんか言っちまった(笑)ウチの近くの畦がU字抗に変わった時、スゲエ悲しかった。
子供とメダカを見るのが楽しみだったのにって。小さいところも、大きいところもミンナぶち壊してしまう。
46億年の歴史を秘めた森が壊されてサッカー場、高速道路、空港だもん。どこにも言えない愚痴をまた言っちまった(笑)


  1. 2011/12/30(金) 19:53:38 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

暦のうえでは本日が本年の最後ですな。

養生というと儒医である貝原益軒翁の「養生訓」が有名ですが、その中に養生の意味を説明するくだりがありまして曰く、
「養生の術は安閑無事なるを専らとせず。心を静かにし、身をうごかすをよしとす。身を安閑にすることは、かえって元気とどこおり、
 ふさがりて、病を生ず、たとえば、流水はくさらず、戸枢はくちざるがごとし。これうごくものは長久なり。うごかざるものは、
 かえって命みじかし。ここをもって、四民ともに事をつとむべし。安逸なるべからず。これすなわち養生の術なり」とあります。

「心を静かにし、身をうごかす」「流水はくさらず」 が要諦ですな。

小吹さん、奥様、長らくというか、ずっと四六時中(笑)書き込みさせて頂きました。本当にありがとうございます。
不思議なもんで、書き込んでると新たな発想が浮かびまして、随分と何かたくさんのものを得た思いです。
継続して世に訴える活動を心から尊敬しております。来年も変わらず書き込むかもしれません(笑)
よろしくお願い申しあげます。

陣さん、本当にありがとうございます。いや言葉では尽くせないものをいっぱい頂きました。
正直、あっちでは得られなかった交流の快感を得ました。ネットならではかもしれません。
「養生訓エヴォリューション」、略して「ようエヴォ 笑」、ガンガンいきましょうか!
来年もご交流のほど、よろしくお願いします。

もしかしてアッシのヘンテコなカキコを読んで下さっていた皆様、来年もよろしくお願いします。

では、また明日(笑)

  1. 2011/12/31(土) 05:55:58 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kobukishinichi.blog77.fc2.com/tb.php/670-1b9377f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。