小吹 伸一 パーソナルログ

小吹伸一と申します。 ここでは、主に個人としての思惟や行動を基準に書いてゆきます。 どなたかの、何かの役に立てばさいわいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

07/03のツイートまとめ

kobukishinichi

真実から外れると、代価はおそろしく高くつく。「原発は安全」、これは真実ではない。どえらい事故が起こった。「微量の放射能は心配ない」、これは真実か? そうでなければ、大変なことになる。
07-03 10:40

原発推進側は「ホルミシス効果」は引き合いに出し、療法家を援助し宣伝に使うが、「ベトカウ効果(低線量でむしろ危険が増す)」、「バイスタンダー効果(被ばくを受けた細胞から受けていない細胞へ損傷が伝播)」、「カクテル効果(粒子の放射線と化学毒性が相乗し毒性を増す)」は無視しようとする。
07-03 11:11

福島の放射能は微量で問題はないとか、むしろ健康になるとか言っている「学者」連中は、その発言に相反する疫学的現象がもしも、とりわけ子供たちに生じたら、どこかの路上で八つ裂きにされても文句は言えない。
07-03 11:20

最終締め切り7月5日。福島の子どもたちを守るための緊急署名 避難・疎開の促進と法定1ミリシーベルトの順守を http://t.co/UHMVhot
07-03 11:29

よい休日を。 star milehttp://t.co/3H0OD8o @Cecilia_0324 @keiichi__ @hivere @sakura_tokyo @hanekiyo @anboina @showering00
07-03 11:36

「鼻をつまんで菅直人を支持する」という方がいたが、どうやったって汚物はカレーにならない。
07-03 12:10

「再生エネルギー法案」などより、福島児童の疎開支援や「年20ミリシーベルト上限」のほうが、はるかに緊急かつ重大問題だ、と一万回言いたい。菅直人が、それに逃げずに取り組んでたら、私だってやつを支持するのだ。
07-03 12:14

私の脳裏に浮かぶ悪夢的光景。福島で農地が広域放棄され、太陽光パネルで埋め尽くされる。菅東電救済スキームでは送電線は売却できないから(http://t.co/w7X1DHq)、送電はまんま東電。コスト負担は電気料金アップ。もしもそれまで、次の原発震災が起こらず、日本が続いていれば。
07-03 13:03

再生エネ法案。初期費用がバカ高で発電効率が最低の太陽光だけ、価格青天井の優遇扱いで、しかも全量買取り。脱原発と全然無関係の欠陥法であることは、条文読めば誰でもわかるのに、「これだけは通せ」みたいなことを言われる方が。「これだけ通し」たら、脱原発、失敗すると思うがいかに。
07-03 13:21

同じく。「孫正義がっぽり法案」にしかならんと思います。RT@takiana5371 わからないのは、なぜ急ぐのかということ。私には、これが今すぐ通さなければならないほど緊急性がある法律とはどうしても思えない。議論も深まっているとは思えないし。RT 再生エネ法案。
07-03 17:17


@takiana5371 「再生エネ法案」では、太陽光の発電業者ばかりオイシイ思いができて、風力・地熱・バイオマスの展開には寄与するところが薄い。潮力発電など、法案の対象範囲に入っていません。こんなものが、自然エネルギーへのシフトの基礎になるとは思えない、実に適当な内容です。
07-03 17:43

【決め付け返し】香山リカ(芸名)には、助教なのに教授や博士より信頼される小出氏への嫉視がある / 脱原発への機運の解析しうる知識と実社会経験が不足 / 旧来の価値観が脅かされているので防衛機制が無自覚に発動 / バカにされるのが怖くて実名で発言できない / 学者としては無名。
07-03 23:06

@hanayuu  お持ちでないと思います。
07-03 23:12

「実名非公開」ですって。いいなあ。気楽だから僕も真似したい。RT@nasukoB そういえば香山さんって本名じゃなかったんですね。精神科医でも実名で発言されている方たくさんいるのに
07-03 23:21

芸名がアーリー70's少女マンガ家風。RT@deskain 所詮は電波芸人w RT @nasukoB そういえば香山さんって本名じゃなかったんですね。精神科医でも実名で発言されている方たくさんいるのに
07-03 23:28

スポンサーサイト
  1. 2011/07/04(月) 05:42:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17
<<07/05のツイートまとめ | ホーム | 07/02のツイートまとめ>>

コメント

おヒサシぶりです。

本業が追い込みに入ってまして、
読んじゃいるけど、
書き込む間がなかった。(笑)

私はね、光さんの警告がホントに大事だと思うの。

最初の三ヶ月が勝負ですよ。
「ま、いか、メンドクセ-」になるのは。

これを称して「茹でガエル作戦」と名付けたわけだけども。
緊張が続かない生き物だから、人間は。

その辺は、放射線医学の権威は、
当にご存知で。(舐めちゃダメ)

光さんのご指摘がドンピシャ。
話題は、ガンに集中してるよね。
そこに至る不定愁訴はスルーなんだよ。

ここで、インボー論の復習をしてもいいーかな。

まず、オモテのメディアの広報や教育からの脱却や開放があって、
次に自分のオツムを用いて、この世の事象に対する認識のし直しがあるわけです。
OK.

これを「覚醒の始まり」と大それた表現で賛美するのが、
ネット文化の一形態だうろと推測もします。
OK.

しかし、「船舶のエンジン」を点検する事なしに、
(生きる事はこれがテーマと、個人的には思っています)
なぜ、何のてらいもなく、
玉石混淆の情報の大海原への航海を、手放しで推奨するのか。
少々、危惧してきたわけです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

よく言いますよね、
整合性がとれているとか、
しっくりくるとか。

言うまでもなく、そのアンサーは、
事象に対するオツムの認識装置が弾き出したものです。

ひとつの不思議があります。
これだけ、「洗脳」がネットや書籍で喧伝されてるのにも関わらず、
なぜ、人々はそれを「情報」のみに限定するのか。
(よくよく舐められてるで)
なぜ、それを船舶のエンジン、つまり認識装置の「ソフト」にも見ないのか?
オノレの事です。
自分のオツムの深いところですよ。

0,1、 0,1、 0,1 ・・・ 、
善悪、愛憎、勝敗、優劣、大小、高低、上下、左右、明暗、
・・・etc.の事です。
長期間に亘って構造的に深く深く埋め込まれた、
この思考法ね。

なぜ、このモノサシを、
なぜ、自分に埋め込まれた、
このOSを一度は疑わないのだろう?

分析の過程で顕現する二律背反を、
一方が正で他方が反と名付けちゃ、
互いをぶつけ合う事で止揚されるという、
無限連鎖の弁証法の事です。

ディスカッションがすばらしい事であるとされるのは、
正と反の合である止揚(アウヘーベン)がある事に一つの理由があるのでしょう。

言っちゃえば、近代社会とは、
このOSが作制した仮説、
それに導き出されたサイエンスによって成り立つ楼閣であります。
良くも悪くも、我々は、
その恩恵に浴しては歓喜したり、
楼閣の構造に絶望したりしながら、
飛んだり、はねたりして、ま、代を重ねて、
ここまで来たわけです。

時代の進化はOSに例えれば、今はwindows7で、前はvista、その前はxp、そして・・と。
表面だけ見れば、情報の洪水量が度合いが増すという目まぐるしい進化でありながら、
基本のOSを作るコンセプトに何の変化があったのでしょう?

その前に、
ある事象についての議論を見渡せば、
事態は、より悲劇で、より喜劇である事に気が付きます。

賢いつもりで、人間は自然界を理解する為に、
その場面を便宜上切り取るわけですが、
(議論の為の方便であり、言語の限界)
そこには最低限、以下の確認作業が必要であるはずです。

事象の切り取られた場面はどこからどこまでか?
(時間と空間(リング)の確認)

バトルの趣旨は何であるか?
ぶつかり合いの果ての打開か、
相手を完膚なきまで叩き潰す為のものか?
(論者(戦士)同士の予定調和(ルール)の確認)

しかし、巷間の(ネット上)見受けられるバトルには、
これが介在しない事が多いです。
時空間のリングもバラバラなら、ルールもバラバラ。


戦士同士と審判、
そして観客、
同じリングでのやり取りは、まだ良いほうですよ。
テニスと野球の試合まである。
じゃあ、
場内の者全員欠ける賢者の石とは何か?

連続する生命観ですよ。
循環する生命観ですよ。
ホントは議論の為に、このルールの確認を最初にすべきでしょ?

一番つらい事ですよ。
ホントは「刷り込み」に過ぎないのに、
ホントと思ってる自分を疑うのは。

(チョット、飛んじゃうんだけど)
だから、禅宗の高僧は言った。
(探求の道程で)
親に会ったら、親を殺せ、
仏に会ったら、仏を殺せ、と。

あえてここでは、「エゴ」とか「自我」という単語は用いません。
自分一匹が命を懸られるくらいなら、
相手(洗脳の本体)だって命懸けてますよ。(笑)

なぜ、舐められるのか?
至極簡単、相手を舐めてるから。

私のアタマは、皆さん程の記憶容量がない。(笑)
志願して、昔に捨てちゃった。
その代わりアタマが軽いもんで、
行間や文底を読み込む事にはエナジーが割けます。

未熟ではあるものの、文面から、
この人、ケンカしてきた人(物理的・精神的)か、
(つまり体験による智恵の醸造が成されてる人か)
言ってるだけ(観念論)の人か、は容易に想像がつきます。
そして何よりも肝要なのは、
今現在はどうであるか? のみです。

一例ですが、
世にいう武の達人や名人が、
端からポカポカやられる様を、
若い時から目撃もし、体験もしております。
それも、相手は市井の人ですよ。(笑)

ボンクラはボンクラなりに、そこで気が付く事があります。
過去の血と汗と涙の集積(が)make them(を) 達人・名人(に)today なわけですが、
その賞賛に安住した瞬間から、彼らは、
既に「権威」であり「死に体」、過去の遺物であるわけです。
ちっとも、今を生きちゃいない。

「権威や死に体」が一番恐れて嫉妬するものが「今」であります。
かくて様々集団では、
過去の智恵の集積(スープ)であるはずの「形(型)」から、
新解釈に見える「今」を掘り出した者は「異端」として、
旧来の解釈を温存してこそ成立する権威からの的として糾弾される図が展開される。

集団を脅かす因子としての的ですよ。
方便としての「集団」がする、自己の目的化の完成であります。
ここでは「形(型)」が問題ではない事に留意すべきです。

ホントに○ーカや○ーイツ、
ナントカの科学が問題なのか?
そんなハードよりも、
その内部ではこんな事は言えない、あんな事は聞けない、
それじゃ、権威を冒してしまうという空気、不文律、
忖度というソフト
(=自身の立場を危うくする危惧)こそが真に問題の要ではないのか?

真相究明の人と称される人々が、途中からオカシクなるのは、
この辺に、起因するのでは?

かなりの抽象論で、ゴメンナサイ。
  1. 2011/07/04(月) 19:35:56 |
  2. URL |
  3. 陣中見舞い #-
  4. [ 編集 ]

陣さん

おひさです(笑)連投魔の光です!

こういうの、アッシにはピッタリ来ます。ありがとうございます。

しかし、完敗ですね。今さら、山下を血祭りにあげても、はっきりいって、もう手遅れかも。

ヨウ素131の半減期は8日、16日でさらに半分の4分の1、24日で8分の1、32日で16分の1、・・・

という事で、これって、永続的に放射線にさらされるってことでしょ。

5年後には、管も枝野も清水も勝股も経産省の所管役人も、エトセトラもみんな、責任回避ゾーンで悠々自適かもしんない。

取り急ぎでした。
  1. 2011/07/04(月) 20:10:09 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

追記、

何かのせいには、したくないんだけど、正直いって、放射線ホルミシスなるインチキトンデモクソ学説に軽く思考停止に
させられていて、311の初っ端の危機意識に若干の欠如があった。これが少々悔やまれる。
もし、最初っから、ホルミシスなんかトンデモでクソだってわかってたら、もっともっと警戒をマックスでラウドネスに
唱えたのに! 不明を恥じるのみ。

ただ、「梅干し、海草、味噌」を内部被爆防御の三種の神器って盛んに言ったことは、まあ、自分で自分を褒めたい。

梅干し=ペクチン、クエン酸、ミネラル
海草=アルギン酸ナトリウム、ヨウ素
味噌=必須アミノ酸、ミネラル、麹菌

で、この三品で、あらかじめ、飽和状態にして、核分裂生成物が入り込めないようにできたし、吸着し排泄し、
腸内細菌の活性化もできたから。

途中から海洋汚染が深刻化してきたので、海草の重視から、ネバネバ食品へシフトして、
陣さん紹介の「かけはし」さんとこのサイトで、セシウムの除去にペクチンが有効ということを知り、
リンゴ、ブドウ、バナナなどの果物類も追加し、腸内細菌の維持育成へも言及しました。

けっこう、どんどん品目が追加されてバラエティーに富んだ食品群になりました(笑)
今は、自分はオレンジやグレープフルーツがやたらとおいしく感じます。
ポストハーベストの残留農薬が気になって、以前は買って食べなかったんですが、今は皮むくからいいだろ(笑)で、
あっさり宗旨替えして、食べてます。子供にも食べさせたいし。農薬より核分裂生成物の方がはるかに怖い!

半減期っていうのは、全減期じゃあ、決してない。
これが、けっこう、茹でガエル作戦的には効いちゃうかも。なんとなく、半減期短いなら、まっ、いいか、になりかねない。
たとえば半減期が8日だから、ヨウ素131の影響はすぐに消えるって思っちゃう。
これ、チョーやばい! 決してそんな甘いもんじゃあない。核分裂生成物を舐めてはイカン!
半減期=死のビームがまだ半分も照射できる=相変わらず細胞被爆という細胞地獄モード全開=生命力の低下加速ってこと。
セシウムやストロンチウムにいたっては、何と半減期は約30年!!!
30年たってようやく半分の死のエネルギーになるだけ。あと30年たってやっと4分の1になる。
まだ、4分の1も持続する。というか、60年間も4分の1以上をずっと浴び続けるってこと。

こういう些細な事なんだけど、かなり重大な事をまず、言わない。あいつら御用学者は!
だから御用学者なんだけど(笑)

そいで、最近は、広瀬隆さんや小出裕章さんにまで、なんだかんだ、難癖つけるヤカラまで出現してるようだね。
まあ、どうでもいいけど。文句のひとつも言うヒマがあったら、小出さんのように正しいわかりやすい現況の分析をするか、
広瀬さんのように広い視野からの代替案や問題提起をしてみろ、ってぇの!
それができないなら、文句を垂れんな、この、べらぼうめ!

では。
  1. 2011/07/04(月) 23:45:15 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

野暮な説明はいらんでしょ。
オレとほとんど歳が変わんない。 恥ずかしい限りです。

福島の「放射能汚染」を調べ続ける 科学者・木村真三氏が本誌に登場 「この驚くべき調査結果を見よ!」
国は民を見捨てるのか
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/10712

  1. 2011/07/05(火) 01:08:22 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

放射性物質と蓄積する臓器の関係  (物質のあとの時間、年は半減期)

甲状腺  ヨウ素131・8日

皮膚   硫黄36・87日

肝臓   コバルト60・5年

脾臓   ポロニウム210・138日

腎臓   ルテニウム106・1年

筋肉   カリウム42・12時間  セシウム137・30年

肺    ラドン222・3.8日  ウラン233・16万2000年  プルトニウム239・2万4000年
     クリプトン85・10年

卵巣   ヨウ素131・8日  コバルト60・5年  クリプトン85・10年  ルテニウム106・1年
     亜鉛65・245日  バリウム140・13日  カリウム42・12時間  セシウム137・30年
     プルトニウム239・2万4000年

骨    ストロンチウム90・28年  亜鉛65・245日  ラジウム226・1620年  
     プロメチウム147・3年  バリウム140・13日  トリウム234・24日  燐32・14日
     炭素14・5600年  

膵臓  【S博士「ついでに、もう一つ重大な話をしよう。ストロンチウム90から出来るのが、イットリウム90だ。
     これは骨じゃなくて、すい臓に集中する。すい臓というのは、糖尿をおさえるホルモン、インスリンを分泌して
     いるから、ここに異常が出ると糖尿病になる。世界中で、糖尿病が急増しているのは知ってるね。
     日本は、すでに人口の割合から言えば、アメリカの二倍もいる。そのアメリカだって、イギリスより率が高いのだ。
     日本では、戦後から現在にかけて、すい臓がんが12倍にもふくれあがっている。50年代の終わりにドイツの
     動物実験で発見されたのが、ストロンチウム90が電子を放出してイットリウム90になると、
     骨から肺、心臓、生殖器などに移動するのだが、すい臓に最も高い集中見られたのだ。
     インスリンがうまく生産されないようになって、血糖値が上がってしまうのだ。
     今までは放射能が糖尿病と繋がっているなんてまったく認知されていないのだ。これで分かっただろう、
     国際放射線防護委員会(ICRP)は、当初、放射能の影響として、特定のがんと奇形児くらいしか認めなかったのだ。
     未熟児、乳児の死亡や、肺、心臓、すい臓、これらの部位への影響はすべて無視されてきたのだ。」】
     http://www.e22.com/atom/page08.htm「僕と核」より

あらての病原物質、もとい、実は付き合いの長い大気汚染物質=核分裂生成物

ストレッサー、細菌、ウイルス、タバコ、酒、食品添加物、化学物質、ダイオキシン、重金属、石油製品、
なんか、めじゃないほどの威力、破壊力を持っていたのが核分裂生成物だった。
むしろ上記の通常、原因物質と言われてきた物は、核分裂生成物の脅威を、低線量被爆の恐ろしさを隠蔽する役を担っていた。
インボー少々振りかけてみました(笑)



  1. 2011/07/05(火) 05:59:28 |
  2. URL |
  3. 匿名投稿 #-
  4. [ 編集 ]

↑は投稿魔の光です。
まあ、内容でわかると思うけど(笑)
  1. 2011/07/05(火) 06:01:45 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

>今までは放射能が糖尿病と繋がっているなんてまったく認知されていないのだ。これで分かっただろう、
 国際放射線防護委員会(ICRP)は、当初、放射能の影響として、特定のがんと奇形児くらいしか認めなかったのだ。
 未熟児、乳児の死亡や、肺、心臓、すい臓、これらの部位への影響はすべて無視されてきたのだ

ここが非常に重要!!! 必読箇所!

ようは、ガンや奇形児以外の「あらゆる疾病」を一度、核分裂生成物と関連づけて考察してみる。
日本では54基、世界では400基以上ある原発なる物体が四六時中はき出す廃棄煙や温排水の汚染が戦後の病人増大の
最たる要因であった、のかもしれない。
もし、そうであるならば、もう原発など、とても続けられるものではない。

戦後の出生率の激減は、確実に原発のはき出す「超危険微量放射性物質」が原因である、と確信に近い思いがある。
戦前は軽く10人産めた母体が、最近では一人目から帝王切開なんてのがザラ。
どうも体位の変化だけでは考えられない事態。
生むも死ぬも、ご飯食べたり、うんちしたりするのと、おんなじ自然な事のはず。
それが管理されなければできない、とは思えない。
ただ、命がけで子供を産むのは今も昔も同じ。
ちょっと前に愛知の有名な産院の様子が映画に撮られた
舞台は吉村医院だったと思うけど。
ここは薪割りや竈でご飯たいたり、ぞうきんでお掃除したりなど、骨盤を鍛えるような肉体労働もやらせる事で有名。
そうして、準備して産むと、えもいわれない感動が出産時に訪れるそうです。
あんまり話題にならなかったね、残念ながら、たぶん意図的に。
余談タップリでした。
  1. 2011/07/05(火) 13:55:56 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

たとえば花粉症の時期を狙ってベントから排気放出を一斉に行うとかね。行ってきたとかね。
そうすれば、スギ花粉のせいで花粉症を発症したのか、核分裂生成物のせいか、まったくわかんない。
このへんは、もう軽く妄想入ってるけど(笑) でも、やりかねない。 そんな事を疑う人間が今までいなかっただけ。
そういう誰もが疑わないような珍奇な事を平気でやっちまうのが、支配側だと認識してる。

たぶん、こんな事言っても、微量だから問題ないに決まってるじゃん、って意見が多数だと思う。
では、微量なら大丈夫という根拠は? ってなったら、答えに窮するはず。
なんにも知らないんだよね、核分裂生成物の怖さって。
はっきりいって、医療関係者もほとんど、病気の原因物質と関係づける人はいないはず。
それゆえに今までは平気の平左で核分裂生成物が大気に放出されてきた。

「微量、低線量、低濃度、希釈される」、この言葉に絶対にだまされてはイケナイ!
これらは、毒性や危険性が減少することを意味しない。まったく意味しない。
あくまで、言葉のマジックであり、トリック。
ペトカウ効果にみるように、むしろ微量こそが最も危険ゾーンである、が事実。
茹でガエル作戦、もこのへんの言葉を巧みに利用して国民を洗脳中、要警戒!

インボー妄想ついでに言うと、ハッキリ言って、原発は電気作るのが目的の物体ではないという仮説を思いついた。
オモテ向きは、科学技術の粋を集めた原子力の平和利用、安全で安心なクリーンエネルギー、電気需要の為には必要なもの、
などという、およそ真実とは程遠いウソっぱちの美辞麗句を並べて国民を洗脳してきたわけなんだけど、
まあ、これは、もう大体、気の利いた人なら、わかってる。

で、ここからがインボー(笑)

「ひそかに排気や温排水から放出する核分裂生成物を利用した病気製造マシーン」
「女性の卵巣を痛めつける人口削減装置」、「製薬利権を潤す打ち出の小槌」、
「ゴイムを病気がちにし、体力を低下させ、無気力にし、支配しやすくするための道具」
「山紫水明の美しい景観を壊し、故郷への愛着を喪失させる装置」「農漁業を衰退させる機械」
「海を大気を土を汚すマシーン」

などなど、「一石千鳥」を狙った、「ヘンテコ目ん玉ピラミッド崇拝者御用達・ゴイム支配マシーン」が
原発の真実なのではないでしょうか(笑) 妄想爆発でスンマセン(笑)
一石の石はウラン鉱石ね。手塚治虫も無意識か意図的かまったくわからんけど、ウランちゃんにアトムだもんね。
ラララ♪科学~の子♪ 暴走中です! シャレにならんわい。  はい、ここまでがインボー(笑)

福島の今回の事故を予見するような、ブラック・アウト(電源喪失)事故は、去年だかに起こっていた。
だけど、マスコミはサッカーのアフリカ大会に国民が関心を向けている事をいいことに、ほとんど報じなかった。
それで結果として、今回の事態を招いた。これだって、結局は国民の自覚が足りないからかもしれない。

今、自覚しなければいけない事は、核分裂生成物が人体に与える影響、その毒性、その怖さ。
これが脱原発の切り札になる。ドイツでは医師が先導し啓蒙し、脱原発の国民運動を引っ張り、
結果として全廃に舵を切らせることに成功した。

ちょっとマジになって言わせてもらうと、核分裂生成物の最も忌むべき習性は、女性の卵巣へ蓄積すること。
これは世界中の女性が知っておくべき。どんなに強調してもし足りないくらい。

「原発は女性の敵」「放射能は女性の敵」「放射能は子供の敵」

もう800年周期の女性の時代が始まってるとも言われてます。
女性のチカラ、意見がもっともっと、政治に社会に科学に反映されていいはず。
メディア観てても、変なジジイばっか!銭ゲバ欲深のジジイなんかに任せてちゃあ、そりゃあ、社会もおかしくなるって。

レンポーみたいなのは嫌いだし、香山なんとかも大嫌い、林真理子も勝間ってのも、チョー嫌い。
でも、田中真紀子さんや森ゆうこさんは、いいと思う。まだまだ女性が出てきてほしい。

では、いつも長々とスンマセン。
  1. 2011/07/06(水) 00:05:26 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

体温が低いとなぜガンになるのか?(笑)

これはもう何度も言ってるかもだけど、早い話しが、低温と無酸素の条件ではミトコンドリアは活動できない。
よって、その条件で活動できる部分である細胞質の解糖系のみが起動する。そういう状態が続くと、解糖系の亢進が起こり、
一見すると、癌にかかった?みたいに見えるだけ。それはガン化であって、ガンが暴走してるわけではない。
解糖系の亢進というエネルギー供給で、命をつないでいるだけ。

飯山さんとこでね、こんな話題がでてたので、勝手に補足、大きなお世話(笑)

ちなみに卵子には約10万個のミトコンドリアが存在する。これが母体から胎児へとつながれていくミトコンドリアの連鎖。
精子のミトコンドリアは受精後に分解されてしまう。だからミトコンドリアの系譜をずっと遡ると、あるひとりの母に到達する。
アフリカにおわしましたミトコンドリア・イブ。この命の連鎖を、ネットワークを無惨にも切り刻み、断ち切るのが、
世にもおぞましい核分裂生成物。これによってすでに今までに、どれだけの母体が傷つけられ、不妊症で苦しみ、
卵子が痛めつけられ、この世に生を受けることなく亡くなった胎児がいることか(涙)
今もその渦中である。原発事故がこのような悲劇を加速するが、通常、原発周囲では起こっていることである。
ただ、因果関係が立証できないがゆえに、野放しにされてきただけ。

【S博士「ヨウ素131は、ほとんどが一週間の半減期だが、これは首にある甲状腺に集中する。甲状腺というのは、
体全体の新陳代謝をコントロールしていて、多くの器官が甲状腺のホルモンによって動いている。だから甲状腺が壊れると、
大人だと、甲状腺に異常が生じたり、がんになることがある。また、ストロンチウム90は骨に集中する。
これはカルシウムと似ているためで、カルシウムは、骨をつくったり、神経の伝達にも欠かせない。要するに、
脳みその働き、考える力に貢献している。よって、ストロンチウム90が引き起こす問題というのは、
あまり知られていないのが、カルシウムと同じように骨だけじゃなく、脳にも入り込んで、神経にダメージを与えるため、
特に脳の発達に支障をきたすようになる。」

赤ちゃんですね。

S博士「赤ちゃんもそうだし、お母さんのお腹の中いる胎児のときからだ。それに、脳みそは10代まで発達し続ける。
だからそこに問題が生じると、普通の読み書き、理解する力、計算する力、全体的に影響を受けてしまう訳だ。
健康な脳みそをつくる過程でだよ。」

母親は知っておくべき情報ですね。

S博士「これは、本当に伝えなければいけないことだ。繰り返すが、ストロンチウム90やヨウ素131は自然には存在しないもので、
ウランやプルトニウムが核分裂を起こしたときのみ、産まれるのだ。原子炉の中で起きていることは、原爆の核分裂が起こす
環境破壊と同じなのだ。つまり、核実験などが広めた汚染を、原子力発電所がそのまま引き継いだに過ぎないのだ。」

なるほど。

S博士「これは数年前にJournal of American Medical Associationで発表されたばかりなんだが、妊婦が歯科医でX線を数回
受けただけでも、散ったX線が、ヨウ素131のように甲状腺に影響を与えて、それが早産につながる確率が数割高くなること
が分かった。こうした未熟児は、現在の医学ではほとんどを救うことができるのだが、X線のせいですでに脳の発達に影響が
出てしまっている。それが思考力や、集中力の欠如に表れる。脳の発達に支障をもった未熟児は、自閉症になる可能性も
出てくるのだ。」】http://www.e22.com/atom/page08.htm「僕と核」より

>脳にも入り込んで、神経にダメージを与えるため、特に脳の発達に支障をきたすようになる
大人ならば認知症を発症させるということ。

>原子炉の中で起きていることは、原爆の核分裂が起こす環境破壊と同じなのだ。
 つまり、核実験などが広めた汚染を、原子力発電所がそのまま引き継いだに過ぎないのだ。
玄海や浜岡の再稼働がもし実現すれば、また、あらたな環境破壊、母体破壊が開始される。
原発オタクの糞ジジイども、もう地球という舟から降りろや!
  1. 2011/07/06(水) 06:00:45 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

福島第一周辺の子1000人調査 甲状腺微量被ばく45%(東京新聞)
http://www.asyura2.com/11/genpatu13/msg/766.html

この国のキチガイ政府の言ったこと、「直ちに健康に影響がない」、一生忘れないようにしましょう!
5年後の悲劇が目に見えるようだ(涙) 杞憂で終われば、どんなにいいか。そう願いたい。
が、恐らく冷徹に核分裂生成物は、子供たちの身体を蝕んでいくだろう。

45%という数字も意味不明に曖昧、内容も今イチよくわからない、ってことは、もっと重大な事態ってことを
隠してるってこと、じゃないだろうかね。
いずれにしても、2週間後で相当の被爆が判明してる。半減期8日の間に猛烈な内部被爆に甲状腺がさらされたってこと。

怒りと嗚咽を抑えるのに必死。
  1. 2011/07/06(水) 21:23:01 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

福島の子供の45%が甲状腺被曝したが原子力安全委は無気力 : 低気温のエクスタシーbyはなゆー
http://alcyone.seesaa.net/article/213300064.html

残りの55%の子供は大丈夫なのか。福島のほかの地区は大丈夫なのか。若者はどうなのか。
全国の高濃度汚染地区に関してはどうなのか。

問題は山積してる。でも、今の政府は何もしない、できない。あまりに不幸な国民。

ちなみに、核分裂生成物は身体の中心付近に蓄積する。
なぜかというと、桜沢式無双原理を学んだ者はすぐにわかることだけど、陰は陽に引きつけられるから。
放射性物質とは、分裂、拡散、遠心性の陰性のエネルギーをもった物質。
だから、身体内の実質臓器や中心部分である陽性な部位に集中的に蓄積する。
その最たるものが骨であり、次いで卵巣ということになる。
骨は人体のコア、つまり核になる部位。
地球のコアである核、中心部分に近かった鉱石を掘り出してエネルギーにしようとした人間。
もといたところへ帰ろうとするかのごとく、体内のコアへと帰還してしまう。
大人の都合で作り出した文明の罪をなぜ子供が真っ先に受けるのか。
やりきれない。
  1. 2011/07/07(木) 06:03:18 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

チェルノブイリ特集 第2回 子供に何が起きたか('93.5)
http://www.youtube.com/watch?v=M7u1AyLfkyw&playnext=1&list=PL2DB92BBB96B36EA4

3:20~「事故後5年から8年で甲状腺がんの発病が増え・・・」

同じことが進行しないとはいいきれない。
だから、徹底的に防御をすべきだった。
これからも同様にすべき。
  1. 2011/07/07(木) 13:38:11 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

卵巣も精巣も次世代の種・たねをはぐくむ器官。
こういうところに、核分裂生成物は蓄積しやすい。
だから、とてつもなく危険。だから、猛毒と呼ぶに値する。

キュリー、ベクレル、シーベルト、みんな人の名前であって、研究者を称えるのはケッコウケダラケなんだけど、
これって単位として、すんごいわかりにくい。というか、実感がわかない単位。
放射能はそもそも五感で感じ取れないものだから、余計にわかりにくいんだろうけど。
それを、内部被爆にまで適用し子供たちの甲状腺に蓄積したヨウ素131の値を

【最高値は毎時0.1マイクロシーベルト(年間に換算して50ミリシーベルト)に上ったが、
99%は毎時0.04マイクロシーベルト以下に収まった。】

と表現されてもね。なんのことだかわかりゃしない。
年換算で50ミリシーベルト???
内部被爆でそんな量はハンパじゃない数値でしょ!? 信じがたい鈍感さ!!!

はっきりしてるのは、もう子供たちは完璧に内部被爆してしまったってこと。
尿からセシウムも検出された。他の核種はどこに蓄積されたのか。
たとえば、ストロンチウム90、プルトニウム239など。
当然、これらも取りこまれたという前提で、今後の生活や食養生を組み立てなければならない。

ちょっと色々、対策考えてみる。今から5~8年、ボンヤリ過ごすのと、意識的に過ごすのでは、結果はまったく
違ってくるはず。

まずは、塩、砂糖、味噌、醤油などの調味料は、天然物に切り替える。
これだけでも、ミネラルの質が向上する。毎日、使うものを替える。これは積み重なると結果に大きく反映する。
あとは、子供の好きなオヤツを、ミトコンドリアを活性化させるようなものに変える。
たとえば、クエン酸やペクチン、酵素を含む果物類へ。

子供を守る、子供を健康にする、をキーワードに今後はなにか気付いた事を書きます。
まあ、関係ないこともコメするけんね、たぶん(笑)

原子力産業は下部組織のABCCや日本政府を利用して、原爆投下後は一貫して、内部被爆のデータを収集するだけは収集し、
治療はいっさいしないで、そのデータを隠蔽し、秘匿し、原発原爆推進に不利になる、データや理論を徹底的に隠してきた。
だから、ここまで原発を推進できた。御用学者どもは、もちろん手駒。悪魔、鬼畜とののしられるヤマ舌なるものも
その最たる者。こういうことを一切知らないか、知ってて、平気の平左でジジイどもは原発推進などとほざく。
静岡文化芸術大学の学長の有馬だかって糞ジジイ、こいつ、福島後のインタビューで、原発推進の意を語りやがった。
ナニモンかと思ったら、ただの御用学者だっけ。だから普通に忠実に仕事をこなしたまでなんだろうけど。
こんな野郎に文化も芸術もないだろ。
あっ、関係ないコメ?かな(笑)

原発は女性の敵  原発は男性の敵  原発は人類の敵  原発は全生命の敵  原発は地球の敵

人間という種の存亡がかかってるんです。まあ、人間なんて滅んだ方がいい、という向きは推進なのかもしれませんが、
オレは道連れにはなりたくないし、苦しみたくはないからね。
だから、必死にコメしてる(笑)では。
  1. 2011/07/08(金) 06:09:04 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

追記

もうとっくに頭にきまくって、頭オカシイからね、連投スンマセン(笑)

【安全委によると、最高値は毎時〇・一マイクロシーベルト(一歳児の甲状腺被ばく量に換算すると
年五〇ミリシーベルト相当)に上ったが、99%は毎時〇・〇四マイクロシーベルト以下。同様の換算で
年二〇ミリシーベルトに相当するが、加藤審議官は四日の記者会見で「換算するには(調査の)精度が粗い。
精密測定が必要な子供はいなかった」と述べた。】

精度が粗けりゃあ、精度上げた機種でもう1回計り直せや、アホか!(汚いことばが多くてスンマセン)
内部被爆ってのはこういうこと。

【琉球大学の矢ヶ崎克馬・名誉教授(物性物理学)も言う。
「内部被爆の恐ろしさは、1千万分の1グラムのヨウ素131が体内に8日間とどまっていた場合、1シーベルト被爆した計算
 になるほどなのです」
 1シーベルトといえば、一般人の年間被爆上限である1ミリシーベルトの1千倍である。全身に浴びれば、遺伝子の自己修復が
 間に合わなくなり死亡者が出る可能性もあるほどの線量だ。】  週刊朝日 6月10日号 

子供の身体は代謝スピードが速いし、食物に含まれる自然なヨウ素に置換される場合もあるだろうから、一概には言えない
けど、間違いなくヨウ素131が体内に取りこまれてしまった事だけは確か、と思って対策を立てるしかない。
考えようによっては、すさまじい被爆量かもしれない。修復が可能かは未知数。可能と思って取り組むしかない。

返す返すも政府の初期対応が致命的であったと痛感する。
ヨウ素剤をなぜ配らなかったのか? 管はその時に、ヘリコプターで空中散歩中! 
そんなことしてる場合じゃなかった。いやもっと前か?
福島原発がヤバイってわかった時点で、すぐに手配し、日本中、世界中から、ヨウ素剤をかき集めて、福島の子供たちに
配る手筈をたて、実行すべきだった。それをしなかった。
こいつには一国の国民の命を預かるという自覚はまったくなかった。今も変わらない。何もしていない。
あのニヤケタ面には反吐が出る、って市井の御婦人方も口を揃えて仰ってます。
アッシもまったくそう思います。

天然のヨウ素を含む食品で、うまくいくかはわからないが、あきらめずにやるしかない。
ミネラルという微量元素、微量金属は、人体にとって非常に重要。
それに似てるってのが核分裂生成物のきわめてやっかいなところ。

良質な天然のミネラルの摂取。腸内細菌の善玉菌を元気にする。
この2本柱で子供の健康維持の戦略を立てると良さそうです。
今までの食養生でいけると思いますが。
では。
  1. 2011/07/10(日) 00:38:11 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

あ~、アタリメがうまい! 唾液腺からアンチエイジングホルモンのパロチンを出しつつ、
ムチンをも腸内へ送り込んで、腸内細菌の善玉を育てようって算段。
あんたも、懲りないねぇ、好きねぇ(笑)

【ある種の細菌は唾液腺から分泌される一種の多糖体であるムチンを炭素源として利用しています。
 腸粘膜表面や腸管腔内のムチンに腸内固有菌が集団をつくっているのがよくみられます。】
                       光岡知足「腸内細菌の話」岩波新書より

この記述がオレ的には世紀の発見って感じ。灯台もと暗し。健康の秘訣は我が口中からにじみ出る唾液にあり。
一銭もゼニはいらねぇで、健康が獲得できる。ただ、よく噛んで、唾液がよく出る食材を選べば。
そういう意味では梅干しもエエね!唾液分泌促進剤!
唾液の凄さは西岡一教授が研究してて、わずか30秒間、発ガン物質を唾液にひたすだけで、すべての発ガン作用が
消失するのを確認してます。
漢方では、唾液を津液・シンエキと称し、身体にとって非常に大切なものと捉えています。
仙術の中には、わざわざカチカチと歯を鳴らし、唾液を口中にためて3回にわけて飲み込むなんて方法もあります。
漢方薬の中には、牛転草・ギュウテンソウというものがあり、これは牛が反芻して口に戻した草を取りだして、
薬に使ったものです。牛の唾液のチカラを利用してます。胃ガンの特効薬だそうです。
牛さんと間接キッスになるから、ちょいと勇気がいりそうですが、そうもいってられない人は試されたらいかもです。
どこで手に入るか知らないけど(笑)そういやぁ、バウバウ松村がむかし、牛のげっぷを吸い込んでたっけ(笑)
だいたい、粘液質のものは全て薬に利用してます。
たとえばタンポポから出る濃い乳のような汁。これはお乳の出を良くする効もあり。
ジュンサイ、山芋、などのネバネバ系もモチロンみんな薬剤になってます。
余談でした。

ミネラルに関しては、ヤッコさん達の総本山(RF研究所)のエライ先生もこんな見解を提供してます。

【ノーベル賞を得た大生理学者アレキシス・カレルは

「精神は肉体すなわち物理的世界から分たれるものではない。
 魂の最も高貴な希求が消失してしまうには、血漿からある化学的物質が除かれるだけで十分である。
 リンとカルシウムの不均衡が骨格の上にクル病の印を刻すがごとくに栄養の欠乏が子ども時代に生ずると、
 永久に人の身体と精神の上に跡をのこすものである。知性の鋭さ、構想力の光、山を動かす信仰は、内分泌腺の
 脳細胞の性質に左右され、血液と体質の中の鉄、カルシウム、銅、マグネシウム、マンガンまたは他のミネラルの量が、
 きわめて少し減少しても精神的均衡は不可能になる」

 と精神と肉体は不可分の関係にあり、肉体を形づくる日々の食物の重要性について力説している】
                           茂兼仁「食養ということ」東明社より

つまり、ヤッコさん達はミンナ知ってるって事。核分裂生成物の恐ろしさを!
身体中の必須ミネラルと置換されてしまうんだから、どのくらい人体に悪影響があるか。たまったもんじゃあない。
とんでもないシロモノなんだって、核分裂生成物は! ホルミシス? あり得ないって!

スローデス・ニュークリア・ウェポン=原発
サドンデス・ニュークリア・ウェポン=原爆

どっちもヤッコさん達の人口削減兵器。

では、インボーにて、オアトがよろしいようで(笑)

  1. 2011/07/10(日) 16:02:45 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

>栄養の欠乏が子ども時代に生ずると、 永久に人の身体と精神の上に跡をのこすものである

『ヨウ素131による甲状腺被爆が子ども時代に生ずると、3~5年後に人の首の上に手術の跡をのこすものである』

これが、わかっていながら、見捨てた。意図的に。悪魔、鬼畜、殺人者どもが!
この国の屁のようなエリートは絶対に我々を救わない。ならば自衛しかない。
といっても、逃げられない人にはこういう情報すらさらなる追い打ちをかけるだけ。
ってことも承知の上で今まで書き込んできた。
それに対しては、自分には食べものの注意くらいしか提言できる方策はなかったし。
それこそは、唯一ともいえる身を守る方法であろうという確信もあった。
でも、耳を傾ける人はあまりいないでしょう。食がそれほど人の身体を左右するとは普通は思っていないから。
でも、これからも日本のどこでも起こり得る、世界のどこでも起こりうる事故です。
そして、恒常的に我々は低線量被爆にさらされます、今後も、原発が稼働し続ける限り。

男性文明とも言える分裂、拡散の『膨張型文明』を終焉する時期が来てると感じます。
次世紀を切り開くのは、統合的、調和的、平和的の和の、円の、球の『女性文明』『自足型文明』でしょう。
そうなる事を祈ってます。女性の発言がカギを握ると確信しています。
もう愚かな男どもの出番はないです。あくまで女性に寄り添う補佐役に徹しましょう。
夫婦なんてほとんどそうです(笑)

「女ならでは夜の明けぬ国」日本に、本当の夜明けが来ますように!


  1. 2011/07/11(月) 11:18:21 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

‪ターミネーター2part8/1‬‏
http://www.youtube.com/watch?v=lcztDZCI5YU&NR=1

7:32「 本当に何かを作るっていうのは命を育てること、それができるのは女だけよ。
     男が作り出してきたのは死と破壊だけじゃない 」

男という性が生み出す文明は、男の肉体の持っている宿命的欠陥とも言える、「膨張し、破裂し、収縮する」という
プロセスが拡大し、フラクタルに投影された文明でしかない。それが現代文明である。
今、メディアにこぞって露出している醜い男のなれの果てを観れば一目瞭然。
原子力も所詮は、分裂エネルギー。けっして命を育てるエネルギーではない。
あくまで、過渡期のエネルギーシステム。人体における解糖系も同じ。糖を分解する「分裂」のチカラ。
これが利用できるのは人体においては全体の5%のみ。あとの残り95%はミトコンドリアで行われるエネルギー産生。
これは、「融合」し「調和」しエネルギーを生み出す「命を育てる」チカラ。女性的なエネルギー産生。
つまり、人体においては男性性のチカラは5%のみ。95%は女性性のチカラを利用している。
だから、それをそのまま文明にもフラクタルに反映させて、男の発揮する力を5%にする。
残りの95%は女性にまかせる。あくまで最初の5%を男性が担う。
こうすれば、多分、文明の質は劇的に向上する。次世紀の「女性型文明」がスタートする。
そんな妄想を抱く今日この頃です。
  1. 2011/07/11(月) 23:11:45 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kobukishinichi.blog77.fc2.com/tb.php/558-aa05126c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。