小吹 伸一 パーソナルログ

小吹伸一と申します。 ここでは、主に個人としての思惟や行動を基準に書いてゆきます。 どなたかの、何かの役に立てばさいわいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小沢一郎支援署名 2度目の提出

昨日16時、【小沢一郎議員の民主党議員としての地位保全を求める署名】 の前回提出から、さらに追加で集まった分を、民主党・川内 博史議員にお預かりいただいた。

主催岡本氏に同行させていただき、衆議院第二議員会館にて。

民主党代表・菅直人宛と、幹事長・岡田克也宛の2束を、「確かにお預かりしました。届けましょう」と、川内議員から明言いただいた。また、このことは公開してかまわないとのことであったので、報告します。

岡本氏よりの報告はこちら。
https://twitter.com/#!/keiichi__/status/10641797340467200

前回の初提出のさいのように、ゆくあてがはっきりせずにうろうろしたわけではなく、スムースだったぶん、あまり劇的なことも起こらなかったのですが、これでまた一区切り。川内議員からの丁重なねぎらいと感謝の言葉を、共に、またはそれぞれの身の回りで署名を集めて下さった方々や、署名し意思表示して下さった皆様の、たまさかの代理としてうけたまわることとなりました。

以下は、街頭にての署名活動についての雑感なのですが、私は、民意にはたらきかける上で、デモ以上に効果的なのではないか、と考えています。

当方ら小沢一郎支持者と、署名協力してくれる通行者との直接のやりとりが起こるわけで、これは、小さなようで、大きな出来事と言える。
駆けつけてデモに参加、とまでゆかなくとも、小沢氏に頑張ってもらいたいという方は、潜在的にはおそらくかなりいると思われます。メディアの悪宣伝がゆきわたっている状況では、小沢支持だなどと、日常なかなか言いにくいものがあるでしょうが、こうした支援活動に偶然ゆきあって、協力したというような出来事が、そういう方々の躊躇やおそれを軽減し、前向きな姿勢にうながす、きっかけになりうると期待します。

酒の席でも、世間話や喫煙所での立ち話でも、「そういう話」がしやすくなってゆく、雰囲気の醸成に貢献できる、と考えます。

ごく小さなことかもしれません。ですが、本当に物事を大きく左右するのは、大きな力ではなく、むしろ小さな、意識されないほどの微細な働きかけによるものであることが少なくない。蝶の羽ばたきが竜巻に育つ、これは社会的にも起こりうることと思います。

地味で、穏健で、気に入らなければ無視できる程度の働きかけであるからこそ、有利な面もある。これは、自由意志を侵害しない。通行の障害にもならないし、騒音もまきおこさない。けれど意識の片隅には残る。

やがて別のきっかけがめぐってきたときに―それは、雑誌記事や、政治的な出来事かもしれません―「そういえば、ああいうことをやってた連中がいて、馬鹿にしながら通り過ぎたなあ」とか思いつつ、ちょっとそういう意見にも耳を貸してみようかという気になってもらえれば、それで充分、成果があったことになる。

そうした副次効果も併せれば、実は相当に、実効性の高いことをやっていることになる、ということにして今後も機会を作ってゆきたいと思っています。
これから寒くなるし、都合のいいように考えて元気を出そう、と。

さらなるご協力をよろしくお願いいたします。


【小沢一郎議員の民主党議員としての地位保全を求める署名】 
http://www.shomei.tv/project-1619.html




スポンサーサイト
  1. 2010/12/04(土) 08:48:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<12/04のツイートまとめ | ホーム | 12/03のツイートまとめ>>

コメント

小吹さんに、世間の暖かさを感じさせていただきました。出逢えたことに感謝しています。小吹さん、ありがとう。
  1. 2010/12/04(土) 10:18:54 |
  2. URL |
  3. 基本に帰ろ #-
  4. [ 編集 ]

深くうなづきながら読ませていただきました。

無視できるほどの小さな働きかけであるからこそ、自由意思を侵害しないからこそ、意識の片隅に残る・・・そして、それが本物であれば、また時期がきたときに、心の表面にたちのぼってくる・・そうですよね。
街頭に出ての署名活動もいいですね!

  1. 2010/12/04(土) 10:49:56 |
  2. URL |
  3. ちえ #-
  4. [ 編集 ]

ご報告記事、ありがとさんです。
ちょっと話ズレかもしれないですが、感慨深くてコメント書きます。
蝶の羽ばたき、、この「効果」の話を知ったのは数十年前で、当時自分の仕事内容に対する悩みがあって、
一人でいろんなCAD講習やITセミナーみたいなものに行きまくってた時に知ったんでした。

まだ20代半ばで、同じような「問題意識」を持つ人を探しに外へ外へ出て行ってた感じです。
「会社の外」で聴いた、北は北海道から、南は宮崎まで、いろんな人と問題意識の共有が出来たことで、
すごく励みになりました。なんせ対面で話しをして年代もメッチャ上の人たちからアドバイスをもらえたことに、
私みたいな下っ端でも、ちゃんと筋道を立てて会社に問題定義すれば何かの「キッカケ」になるんだー!と、
「小さい変化」みたいなものを、ちょっと感じ取れた大事な思い出です。

ちっさな、ちっさな羽ばたきは、そんなに劇的に変化をもたらすことはないかもしれへんけど、
羽ばたくことが、楽しかったり、辛くなかったら、きっと竜巻みたく、おおきなうねりになるかもしれません。

いいうねりが起こればいいなと、思います。
  1. 2010/12/04(土) 11:27:29 |
  2. URL |
  3. kuri #wQAHgryA
  4. [ 編集 ]

地道な活動って、ええですなぁ。
自分もちょうど小吹さんが初めてデモに参加した日に、
鍼灸師会の催しで、一般の方を対象にした鍼灸の無料奉仕をしました。
受療された人数はスンゴイ少ないんですが、実際に経験してもらう事に
意義があることを再確認しました。みけねこさんの言う「フィールドワーク」です。
これからも、自分のフィールドで、地味にやるつもりです。

>kuriさん
毎度です。このあいだは、嬉しい一言をありがとう。
あの一言で、あと30年は、がんばれそうです(笑)。
鍼灸界も100余年の眠りから目覚めて、大きなうねりがきています。
傳田博士の研究結果が後押しとなり、「刺す、打つ鍼」から、「触る、置く鍼」への
深刺から浅刺への大きな転換です。どうやら、「皮膚は0番の脳」のようです。
微細な刺激、情報入力で、身体は劇的に反応する場合があるようです。
境界や接点がいかに大切かという事ですね。デモや署名が重要なように。
クマチカさんとか、菜根譚とか、自分も好きです。では、またね。

>セシリアさん
自分も「言葉は人を祝福するためにある」を紙に書いて、治療院のデスクの上に貼ってます。
この一言はガツンときました。鍼灸師であり、気功の分野でも大変有名な方の言葉です。
長くなると何なんで、この言葉の由来を次回にでも書き込ませてもらいます。

>みけねこさん
ポップでツイストしてて、あったかいコメ、いつも楽しんでいます。

さて、午後の診療に行かねば。失礼しました。



  1. 2010/12/04(土) 14:20:57 |
  2. URL |
  3. 光 #-
  4. [ 編集 ]

まったく同感です

ご苦労さまでした。
まったく、おっしゃるとおりです。

古来より、言霊(ことだま)と言って、言葉には力があって、話したことが本当になる。と考えられています。

署名活動で呼びかけことが1日でも早く実現すると良いですね。
元気で声の大きいSeastくんにがんばってもらいましょうか。
  1. 2010/12/04(土) 18:12:39 |
  2. URL |
  3. 頼田 浩 #-
  4. [ 編集 ]

アホ・馬鹿・間抜け・パラノイヤ疾患を持った奴らにかまっている暇はない。

コシミズブログで
「次期中国共産党国家首席「習近平」が、文化大革命当時、反動分子として少年刑務所に入れられていたと言うインターネット情報が中国全土で流れているそうです。本来、この手の情報は検閲され絶対に公開されないはずなのですが、なぜかタダ漏れなのだそうです」

 中国の何が判ってこんなアホコメントを書いているのか。

 習の父親が右派分子にされたので、その子の彼も右派にされて“牛小屋”と言われていた刑務所に送られたのだが、そんなのは秘密でもなんでもない。
 文革で失脚したというのなら小平だってそうだよ。

 この手のコメントを書いているのがコシミズブログに集まるのはコシミズ自体の知的レベルが低いからだ。同じ知的レベルの低い同類の奴らが集まっているのがパラノイヤ教祖率(ひき)いるパラノイヤ独立党。

 まだ、このコメントはましなほうだ。頭のおかしい奴らのコメントを集めて、「特に印象に残ったコメント 」なんてブログ記事を書いているコシミズ脳も同程度のくるくるパーなのだね。

 しかし、アホ・馬鹿・間抜け・パラノイヤ疾患を持った奴らにかまっている暇はない。

 そう言う事を小吹さんの著名活動のご報告を読んで深く感じた。

 もう、あの手の低脳な性格破綻者にかまっていても、時間の無駄。小吹さんを含めて小沢一郎支持や検察・マスコミ批判の運動は、もう、あの手の低脳白痴集団が到底たどり着けない高いステージに上がっているのだから。

 何か私が漢字にルビを振っていることが気になっている奴がいるが、漢字にルビを振っているのは、副島隆彦氏の考えに従っている。
 すなわち、誰でも読んで判るようにしている。
 
 さて、たまに変換ミスなどがあるが、まあ、それはご愛嬌と言う事でご勘弁を!
   
 決して漢字がわからないわけじゃない。

 まあ、そういうところを指摘しているのも、こいつは日本人じゃないって言いたいためね。
 またまた、例の人種差別、民族差別のたぐいですか。懲(こ)りませんな、コシミズに洗脳されたコシミズ信者は。
  1. 2010/12/04(土) 21:13:22 |
  2. URL |
  3. 正義の味方・孫小山  #fnsDQPGQ
  4. [ 編集 ]

独立党正史

直前のコメントで、「関わらない方がよい」と書いたのに、全く矛盾してるのですが、あまり突っ込まないで(笑)。この↓ブログサイト、何か、独立党的には問題あったのでしょうか?

「めざまし政治ブログ(旧落選運動ブログ)」
http://rakusen.exblog.jp/

独立党のブログにたまに投稿したコメントは、ほとんど掲載されたんですけど、このサイトのURLを入れた
コメント(デモの推進関係)は、掲載されなかったのです。独立党ブログに投稿する際には、反発を招かない
ように用心して書いていたので、その問題のコメントも礼儀正しく書いたはずです。それで、掲載されなかった
のを発見したとき、コメントの内容じゃなくて、引用先のサイトが、なにか独立党とわけありなんじゃないか、と
思いました。まだ、小吹さんがしきっていた頃なので、理由をご存知かなと思って。

私は、ここ1年ほどしか、独立党をウオッチしてないので、5金事件とか全く知らないのです。

それと、小吹さんに「心の準備」ができたら、そもそもの成り立ちから、今日までの独立党の歴史を、創立以来の
メンバーとして回顧していただけたらと思います。
  1. 2010/12/10(金) 22:11:11 |
  2. URL |
  3. デモに行った者 #gG9pNGfs
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kobukishinichi.blog77.fc2.com/tb.php/35-6edbde28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。