小吹 伸一 パーソナルログ

小吹伸一と申します。 ここでは、主に個人としての思惟や行動を基準に書いてゆきます。 どなたかの、何かの役に立てばさいわいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

11/26のツイートまとめ

kobukishinichi

知的で善良であれば、残酷ではない。善良でかつ残酷であるなら、知的ではない。残酷であり知的であるなら、善良ではない。
11-26 00:15

指導者の責任は、きわめて重い。自分について来る人々の、よき資質を引き出すことに関心がなく、人をあやまりみちびくことへのおそれを感じないなら、先導に立つべきではない。ひとりでゆくことだ。
11-26 15:34

理想の社会を作ろうとこころざすなら、まずその原型を作り出そう。よい人間と、よい人間関係からなる、あなたの良心が統べる、心の王国をあらしめてほしい。小さくても、人の目に留まらなくても、うまくゆかないことが続いても。
11-26 16:15

スポンサーサイト
  1. 2010/11/27(土) 07:11:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<ことばだけでないのなら。 | ホーム | 11/26のツイートまとめ>>

コメント

居酒屋にて 26. 7:00PM

ある、ふたりの労働者の会話・・・


片田 「いや~、それから後の話なんだけどさ、結論から先に言わせてもらうと、おれ独立党辞めちゃったんだよね、ウンザリして盃返しちゃったよ。」

同僚 「え? それって勝手にデモや署名活動したのが気に入られなかったって後の話?」

片田 「気に入られないどころか、そのあとにスパイ扱いされちゃってね、なんでも署名活動の主催者が敵側の工作員で、独立党を陥れるための潜入活動の疑いがあって、おれらはその工作に加担した罪状らしいw」

同僚 「(呆・・・) リチャードさん、もうヤバいね。」

片田 「ヤバいどころか、最近、関西の重鎮で大先輩の党員に難癖つけてスパイ扱いにしてるんだよ。」

同僚 「なんじゃそりゃ?」

片田 「おれらは好き勝手振舞った挙句、師匠の怒りを買ったって経緯があるからしょうがないんだけど、その人は関西講演の成功だけに神経を集中させていて、関東のメンバーのためにも滅茶苦茶混雑している京都の宿まで必死に手配とかしたんだけど、アノ人は何をトチ狂ったのか、その関西党員の労を仇と見たんだな。全くの唐突に。」

同僚 「人として終わっていないか? 立派な洞察力で世界の闇を斬るのはいいけど、それを信頼する仲間に向けちゃうかね?」

片田 「そうなんだよ、いま世の中が動きまくっているから、記事のネタなんて尽きることもない状況なのに、そんな世の中どこ吹く風みたいに仲間のパージだけにしか関心がなくなっている感じだね。」

同僚 「いつからそんなにおかしくなっちゃったの?」

片田 「考えてみれば、ある真相究明系の巨大掲示板があるんだけれど、ある熱心な党員が、そこに師匠の記事の内容をリンク付きでせっせと投稿してたんだよね、でもある日、その投稿にブロックがかけられちゃって、政治板から締め出されちゃったんだな。」

同僚 「まあ、誰かが管理している以上、よくある話だとは思うけどね。」

片田 「そう、それは理解できるし、ちょうどその時期から今現在に至るまでの掲示板の雰囲気ってのは、検察とマスコミがグルになって民主主義をつぶそうとしている風潮を怒る、みたいな雰囲気でさ、リアル世の中の状況ともリンクしているし、内容も面白い。 そんな空気の中に、南米のコカインルートやら、半世紀前のインドネシアの大虐殺の話とかをアップなんかしたら、自分が管理人でも何か手を打っちゃうね。」

同僚 「それはそれで意義のある話かも知れないけど、全体の流れとか、空気が読めていなかったのは確かかも知れない。」

片田 「そんでもって、そんな世の中の空気を感じ取って、行動に移して外の世界と交流を始めちゃったおれらがだよ、自分の記事を締め出した掲示板に集う連中と一緒に行動しているのを見たんで、とうとうキレたんだな。」

同僚 「そりゃ、ある種の権力闘争みたいだw、前にも言ったけど、商売敵と組んだからって状況も見据えずに自分だけの論に固執しちゃうってのは、ちょっと商売下手過ぎるかも知れないな。 サイトや個人情報管理ってのは、本来賃金が発生するような労働なんだけど、前にも聞いた最新本の納入作業だって賃金に換算するとすごい額になるはずだけど、それを上手にタダ働きでさせていたんだから、そういう意味では商売上手かもしれないけど、ハイリスクだよね。」

片田 「まあ、誰かが引き継いでいくんだろうけど、おれはもう知らない。」


その後、まだまだ精神的な分野へと会話は続きますが
とても掲載できる内容ではないので、ここまでといたします。
  1. 2010/11/27(土) 13:04:48 |
  2. URL |
  3. 片田 清志 #t5k9YYEY
  4. [ 編集 ]

いまさら、元師匠の批判なんて必要ないのでは?
気持ちはわからないでもないけど…。
  1. 2010/11/27(土) 20:22:52 |
  2. URL |
  3. 頼田 浩 #-
  4. [ 編集 ]

私の考察が裏付けられた。

 片山氏のコメントの投稿、面白く読みました。まさに私が思っていた通りの事が、RK独立党の活動にかかわっていた人からの情報によって裏付けられた感があります。

 今でもリチャードコシミズは、「裏社会のRK独立党潰し~外部勢力による乗っ取り・署名デモ団体化~暴徒化~2012年CIAテロといった計画は、とりあえず阻止できたようなのですが・・」とブログで述べているように、小沢一郎支持の活動や検察・マスコミへの抗議行動が、“署名デモ団体化~暴徒化~”といっているような“RK独立党潰し”だと思っているのだ。

 あるときには、このデモにRK独立党を誘い込みデモを暴徒化させて、警察の介入を招きRK独立党をつぶし計画だと言い、あるときには手足の縛られた小沢一郎にスポットライトを当てて、別の政治家に光が当たらないようにする工作だと言う。

 どこまでパラノイヤ(妄想症)の症状が進んでしまったのか。

 いや、却って、この小沢一郎の復権の運動、検察・マスコミを批判する運動にケチをつけるって、小沢一郎が復権する事を願わない勢力の一味とさえ、コシミズ脳で考えたら疑われるのだが、私は、妄想症患者じゃないので、そんな陰謀論で考えないで、片田氏がコメントで述べている

>片田 「そんでもって、そんな世の中の空気を感じ取って、行動に移して外の世界と交流を始めちゃったおれらがだよ、自分の記事を締め出した掲示板に集う連中と一緒に行動しているのを見たんで、とうとうキレたんだな。」

というのが正解だろう。以前私も同様の想像をしてコメントをこのブログに書いた。

 それは、リチャードコシミズブログの一連の記事を読んで分析した結果だった。

 どうもやっと見えてきたのだが、ピョンヤンギャング氏が批判されているのが、当初リチャードコシミズが宿泊するはずの宿泊先に別の人を泊めてしまった事が原因のようだ。
 それをピョンヤンギャング氏がブログのコメントで謝罪した事でコメント欄が炎上したのだ。

 彼らが言うには、ピョンヤンギャング氏はリチャードコシミズの命を狙うために工作した工作員らしい。でも元の宿泊先でも最初から“ここにリチャードコシミズは泊まるよ”って情報を流せば、そのCIAとやらに命を狙われるんじゃないの(笑)。

 なんだ、単なる宿泊先の手配の問題か。
それが原因で工作員扱いで、バッシングの嵐かい?

 これ、どうなっちゃっているんだろう。

 阿修羅掲示板からは締め出される。
 小吹氏や片山氏らは、その掲示板の管理人がかかわっているであろう検察やマスコミを批判し小沢一郎を支持する署名活動やデモに参加してしまう。
 そして、今回は、金沢で開催されるはずの講演会が京都でおこなわれ、なおかつリチャードコシミズが当初泊まるはずの宿泊先が変更されてしまう。

 これら一連の動きは、RK独立党つぶしの工作に違いない。そういう陰謀論に立ってブログで小吹氏、セシリア氏、片山氏、そして、今度はピョンヤンギャング氏がつるし上げられて、個人攻撃の嵐なのかと納得した次第です。

 それにしても、どなたかのコメントにあったように似非右翼がリチャードコシミズ支持の振りをして小吹氏らやピョンヤンギャング氏の批判コメントを書いてRK独立党のかく乱を狙っていると言うのに、私が以前書いたコメントは載せなかった。
 それは、「個人攻撃はやめたほうがいい。
小吹氏は顔を出して似非右翼にもひるまずにRK独立党の為に貢献した。何もしてない奴らが批判して個人攻撃をしても偉くはないよ」という主旨(しゅし)のものだった。

 まあ、リチャードコシミズってエキセントリックな(性格などが風変わりなさま)お人なんだよな。

 これで、RK独立党で手弁当で実務を担当してた会員や積極的に講演会等に出ていた会員諸氏の数名がRK独立党を離れたわけだ。
 貴重な人材を失ったね。RKの自業自得だ。

 私は前から気づいていたのだが、リチャードコシミズより物を知って物事をきちんと分析できる優秀な人間はRK独立党にはいられらないなと感じていた。
 それは、お山の大将より頭の良い人間は却って邪魔なのだ。

 例えば、こうだ。客家(はっか)というのは、中原という黄河中流域の平原地帯にいた漢民族が北方から南下してきた(漢民族に対する)異民族に追われて南下していって広東省や福建省などでひとつのエスニック(民俗・習慣が特有であるさま。民族的)な集団を言うのであって、これが“イスラエルの失われた10支族”の一部が中国にやってきて、それが客家だと言っている人がいる。または客家は“東洋のユダヤ人”とも言われている。
 それだからといって本当に客家が“イスラエルの失われた10支族”の一部かどうかも判らずに、ユダヤ人と決め付けて、客家人がロックフェラーやロスチャイルドとつながっているかのように言って、こいつもユダヤ人、あいつもユダヤ人または、こいつも在日、あいつも在日と認定するようにこいつも客家、あいつも客家とリチャードコシミズは、やりたかったようだ。
 尖閣諸島沖での衝突事件の時に、ブログに客家を記事に出してきた事があった。
 そうすれば、今回の事件は中国と日本のCIAの手先による謀略っていう事に結び付けやすいと考えたのだろうが、江沢民や習金平が客家という証拠も無く頓挫したようだ。

 なんでもかんでも、この事件は日中双方のCIAの手先が日中戦争を引き起こすための謀略にしたいらしい。

 それを以上かいたように客家って漢民族だと言う事さえ知らない奴らが客家はユダヤ人だと言う説を鵜呑みにしてコメントしてくるわけだ。そうかもしれんし、そうじゃないかもしれん。
 客家が世界に散らばっているのは海外華僑に福建系や広東系が多いのと関係している。
中原から南下した客家が福建や広東にいて海のそばだったから移民しやすかったのだろうと思う。客家も“客”と書いてあるようにお客すなわち、よそ者って意味だ。よそ者だからこそ固まって住んで特有の民俗・習慣を残したのだ。
 今回の京都の講演会でも蒋介石はアメリカのロックフェラーの言う事を聞いて、わざと負けたような事を言っているが、そんな事実は無い。何でわざわざ中国大陸を失うような事をするのだ。故郷は浙江省なのに台灣にいて死ぬまで帰れなかったじゃないか。先祖代々の墓もあるのに、そんなわざと負けるかい。
 確かにアメリカには見捨てられたが。
 911テロの真相を聞いて私はリチャードコシミズに注目したが、でもいろんな講演を聴いているうちに何か物足りなくなってきた。
 以上に書いたような事です。
 だから、彼より頭の良い知識のある人間はRK独立党にはいられらないだろう。
 なぜなら、リチャードコシミズの後援会組織で、ミニ政党じゃないのだから。
 それでもブログにコメントしてたのは、大局は脱アメリカ、小沢民主党支持、東アジア共同体支持または検察大手マスコミ批判だったからだ。

 それがなぜ、小沢一郎支持及び検察・マスコミ批判の署名やデモに難癖つけて挙句の果てにそれに参加した小吹氏を工作員扱いして追い出すと言う愚行を行ったのかと思って、今までの思いが事が噴出してきた。

 リチャードコシミズは聞く耳持たんだろうが、何でもかんでも全て自分の考える陰謀論に当てはめてこじつけちゃだめですよ。
 ちゃんと材料を集めて事実に基づいて考察しなくちゃ。また、そんな自分の考えに固執しちゃ駄目。ユダヤ・CIA・統一教会。創価の陰謀論で語れるのもあれば、そうじゃないものもあるでしょう。
 まあ、予知能力が発達していると自ら言っているリチャードコシミズの未来は?
 私はジリ貧だと思う。
  1. 2010/11/27(土) 22:45:56 |
  2. URL |
  3. 正義の味方・孫小山 #fnsDQPGQ
  4. [ 編集 ]

時間のむだ

孫小山さん
客家についての解説ありがとうございます。

ただ、RK批判はもういいです。
普通の感覚を持っていれば、すぐにわかることですから。
ネットの世界に閉じこもっている団体なので放っておいても害はないし。

小沢さんの1日でも早い復権のために私たち個人個人が何をしたら良いか?建設的な話のやりとりがしたいです。
  1. 2010/11/27(土) 23:17:34 |
  2. URL |
  3. 頼田 浩 #-
  4. [ 編集 ]

本日はデモがあるんですよね。新宿、行きたいです。
私は東京なので参加したいのですが。仕事…。もうストレスたまりまくりです。
なぜか今年の夏から忙しいです。あ、関係ないですね。

コシミズ氏のゴタゴタは、暇な方が刺激を求めて、パソコンの前で熱くなっているだけかと思われます。
みなさんそんなに余裕なんですかね。そんな時間ないですよ。私は。
もう見てもいませんが。ちょっとうらやましいです。

孫小山さんの言うように、私もおおすじでは、コシミズさんに賛成なんですけどね。
東アジア共同体の実現ってのは、日本が戦後を終わらせることができるんじゃないか?ってくらい理想的なことですもんね。

私の周りはやれ「中国はとんでもないおっかない国だ」とか「韓国人は得体がしれない」なんてバカなことを平気で言う方々が多いですが、「でも中国も韓国も、日本に原爆を落としてないぜ?一番怖いのはアメリカだろ?なんでそう思わないんだ」って言うと、うまくはぐらかされます。
私の祖母は南京にいました。旦那が軍医だったのです。
その時のことは決して語りませんでした。
ただ、「戦争はろくでもない。人間のやることではない」と口をすっぱくして言ってました。
朝鮮半島では、また同民族が殺し合いをしている。何のために?とても悲しい。
朝鮮人の方のことを思うと本当に心が痛みます。
そして広い意味で言えば我々黄色人種が白人どもにバカにされ続けている事実も。

コシミズ氏も、善意の人なら、確実に運動が広がるようなお知恵を絞っていただきたいです。内輪もめで時間使ってほしくないですね。

本日のデモ、是非成功させてください。応援しています。時間さえあれば参加したかった!
  1. 2010/11/28(日) 01:56:56 |
  2. URL |
  3. newpanda #-
  4. [ 編集 ]

newpanda様、本日のは、地味ーな街頭署名活動でして、デモではないのですね。

ですが、この街頭署名というのは、直接、人に訴え、また応答として署名をいただけるという点では、デモにも勝る効果と対価があると考えています。大仕掛けではありませんが、準備は簡略ですみますし、少人数でできます。
面白くもあります。いろいろな反応をいただきます。

力を合わせ、小さな働きかけを積み重ねてゆく、当面、この継続です。
細やかなことができなければ、大きなことができるわけがないのです。
全体は、細部から成り立っていますから。

デモはまた、別に機会があるでしょう。私が主催に携わるかどうかはわかりませんが。
  1. 2010/11/28(日) 02:14:10 |
  2. URL |
  3. 小吹 伸一 #-
  4. [ 編集 ]

小吹さんすいません!
そして私みたいなせっかちな人間にご丁寧にお返事ありがとうございます。
ちゃんと文章読んでなかったんですね。勘違いしていました。
そうですよね。記事は署名についてのものですもんね。
街頭署名という行動はとても勇気のいることだと思います。それをあれこれ批判する理由がないです。

仕事の合間にうまいこと時間ができれば、新宿に立ち寄ります。難しいかもしれませんが。カゼ流行ってますので、お身体冷やさないように、奥様ともどもご自愛くださいませ。
文章変?バカがバレたかも。

  1. 2010/11/28(日) 02:32:39 |
  2. URL |
  3. newpanda #-
  4. [ 編集 ]

批判の為の批判じゃない。

 頼田浩さんへ、確かにリチャードコシミズ批判は貴重な時間の無駄だと思います。
 今のリチャードコシミズブログを見れば、未だに小吹氏やピョンヤンギャング氏への個人攻撃になっているので、彼のパラノイヤ的性格、何でもかんでも陰謀説で片付けて、言っている事がおかしいと言う事を証明する為にコメントを書きました。
 だから、今さっきもリチャードコシミズブログを見て、こりゃ駄目だ、相手にするだけ時間の無駄だと思いました。
 コシミズ自体が心臓病だけでなく精神も病んでいて被害妄想狂になっているのです。
 それに輪をかけたようにRK独立党の会員が
同じ症状に至って重症ですから手の施しようがありません。
 もう、相手にしない方が良いでしょうが、言いたい事もあるので、批判の為の批判じゃなく言っている事がトンチンカンだという事はいいたいと思います。特に小沢一郎支持の運動に関しての誹謗中傷に対してはね。
 ただ、私もいつまでも、そういうパラノイヤ集団を相手にしててもしょうがないので、コメントを書く時に、もっと建設的な意見交換の場所に小吹さんのブログがなればと思って書きたいと思います。
 また、コメントをするなら、そういう人間のつどう場所にするようなコメントを書こうと思います。
 今日は沖縄知事選ですから、RK独立党が云々というより世の中もっと大事な事がありますね。 
 ただ、私も気が短いたちで、あまりにも個人攻撃が激しい、それも内部でやればいいのにブログでやっている事に腹が立ってリチャードコシミズ批判になりました。
  1. 2010/11/28(日) 18:59:02 |
  2. URL |
  3. 正義の味方・孫小山 #fnsDQPGQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kobukishinichi.blog77.fc2.com/tb.php/28-d6e2372e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。