小吹 伸一 パーソナルログ

小吹伸一と申します。 ここでは、主に個人としての思惟や行動を基準に書いてゆきます。 どなたかの、何かの役に立てばさいわいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

12/25のツイートまとめ

kobukishinichi

@anboina2 政治家と一般人は、根本的に在り方が異るのです。そうでなくてはつとまらないのです。政治家は、当落に関わらず一般人以下。普通人の生き方を捨てて、権力権限を受け賜る。このままでは取り返しのつかないことになるという危機感から、救国の政治家たりうる者に訴えています。
12-25 03:38

業務終了後参ります。⇒☆拡散 寒むさに心は折れないで集結 ◆34回「 #福島 の #子供 達を西日本に #避難 させよ」12月26日(水)夜7時~9時 #文科省 #抗議行動 に参加を
12-25 10:56

これからは、できるだけ多くの人命が失われずにすむようにと、そのことを最優先に動きたい。この日常が、あとどれだけ続くことか。
12-25 11:01

公党公認候補が先頭に立ち、それをやるということは、党のカンバンで行うのと同じです。無所属候補とは、立場が違うのです。RT @anboina2: 【散々国を化膿させてきた自民党に対して敢然と立ち向かう姿勢を顕にした】
12-25 11:25

今は未来党に、困難かつ微妙な時期。方針、政策、人事など注意深く、真摯に討議して建て直しを計るべき時。現職は勿論、今回及ばなかった議員や支持者各位に、情勢落ち着くまで、慎重な行動をお願いしたい。党建設に、有利か不利か、判断が別れる行動には賛同できない。冒険できる状況ではないと思う。
12-25 14:50

新党は、ただでもうまくゆかない。成功した新党などひとつもない。未来党の場合、さらに発足の経緯が特殊で、内部紛糾は避けがたい。それでも国政で、リベラルの民意を預けるところが、ここと友党のほかにない。危険なほどの早産で生まれた嬰児を扱うほどの慎重さで、守り育てるべきだ。
12-25 16:59

「三顧の礼」で嘉田知事を引き入れた小沢氏の真意は、自分に着いて来た、選挙弱い議員らを救うためではあった。嘉田代表を非難するなら、それを招いた者の責任はということに、当然なる。「引責して○○と替われ」とやれる大きな政党ではない。あの成立経緯で、当初からうまくゆくわけがない。
12-25 22:48

今、嘉田氏を切ったら、「小沢一郎は選挙のために地方首長を利用し、敗戦の責任を被せて、知事職の立場危うくした状態で追放した」という評価が定着する。参院選、全滅のおそれ。
12-25 22:56

@12koku 小沢氏は、嘉田氏に委ねたのです。その状況に、変更が生じたのなら、そうとはっきりさせなくては、このことをどう考えていいか、誰にもわかりません。
12-25 23:02

「国民の生活が第一」党に戻れという意見もある。心境はわかるつもりだ。けれど、生活になり未来になり生活に戻り、ということをやるたびに票がごっそり減り、不沈空母、自民か、カンバンをかけ変えずにいる「第三極」に流れるという現実問題は、ふまえたほうがいい。
12-25 23:14


嘉田氏が、国政のやり方に慣れていないのは、当分仕方ないと、私は割り切ってる。国政ことに衆院は、もっとも苛烈な権力闘争の場で、汚い陰謀はふつうのことだし、霞が関官僚との葛藤もあり、複雑な現代状況から生まれる問題に即応しながら、国際謀略にも対応しなくてはならない。学者さんには無理だ。
12-25 23:28

スポンサーサイト
  1. 2012/12/26(水) 03:19:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<12/26のツイートまとめ | ホーム | 12/24のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kobukishinichi.blog77.fc2.com/tb.php/1043-4f0aaddd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。